2017年11月13日

女狐の誘惑?

前回のブログで女狐アラフォーオナゴとは連絡も途絶えて関係は切れたようだと載せたがしばらくして、女狐から「お元気ですか?」としれっとLINEが来た

まあ、他の案件が無い状態なので適当にやり取りはしているが、今回はハートマークも入ってきているので女狐もオジサンに心を許しつつあるのかなと思いながらも、さては、例の不倫相手の大介君と別れたのか?とも
勘ぐってしまうオジサンである

今度会ったら進展があるかも?と期待してしまうオジサンであるが、まあ、年増だし正直面倒くさいという気持ちもあるオジサン。。

そんな中、恋愛マスターより

「狙っている女性とただの友達とならないために」

と題するレクチャーメールが送られてきたので久々に紹介しよう

以下、本文
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
女性を口説いていくなかで、

「友達になってしまう」

という心配や悩みを持っている男性は多いようである。
ところで、そもそも、それって本当にダメなのか?

友達になったら口説けないのか?

友達から恋愛関係は無理なのか?

っていう問題があって、今日は、そんなお話です。まず、結論から言いますと、

私は、「友達」になった方が良いと思っています

ところが、この「友達」という言葉が非常にやっかいでして。

各自、色々な意味で使うんですね。

だから「友達」という言葉を使って恋愛について議論すると、たいてい噛み合いません。

「友達」の意味がみんな違うから。

あなたにも色々な「友達」がいるはずだし、

考えてみれば、私なんかは、

「男には、お友達なんていらない」

って普段は言っているわけですから、そんな私が、

「女性とはまずは友達になりましょう」

なんて言ってるんだから、それだけでも矛盾だし、話をややこしくさせてます

私自身、無意識のうちに、

「男には、お友達はいらない」

って発言するときの「友達」と

「女の子とはまず友達になりましょう」

っていうときの「友達」は違う意味で使っちゃってますし、これは、いかんぞ。と思ったので、今日は「友達」についてしっかりと整理整頓してみたいと思います。

まず、女性と恋愛関係を築き上げたければ、

・ちゃんと仲良くなること

が一番大切です。

これは一番根本にある動物としての、原理原則なのですが、なぜ、女性は男性と恋愛したりパコパコしたりするのか?

っていうと、

・子どもを産んで、育てるため

です。

これ、動物としての人間の話ですよ?

サルやゴリラの延長としての一番本能的な部分のお話です。

けっして、

「女は社会に出るな」

とか、

「子どもを産むのが女の使命」

とか、そういう話ではありませんからね?

今回は、話を分かりやすくするために、人間の、社会的、文化的な一面は無視します。なので、あえて言いきります。

人間は、サルです。動物です。

動物の使命は、その本能は、子孫を残すことです。そうしてメスには、安心して子どもを産んで、安心して育てるためには、自分と子どもを裏切らない、自分と子どもを守ってくれる、そういうオスが必要です。

だから、

・信頼できる強いオス

を求めます。どちらかじゃあダメなんです。

「信頼」だけでは目的は果たせないし、

「強いオス」だけでも、目的は果たせません。

この両方を求めています。で、

「友達になってしまうと口説けない」

と考えている男性は、たいてい、女の子から

「友達としてしか見れない」

みたいな事を言われるか、あるいは、そういう事が書いてある雑誌とか、ドラマとか漫画とかの影響を受けているのですが、そもそも、女の子が、

「友達としてしか見れない」

と発言したときの、

「友達」

という言葉は、

「ごめん。あなたとのせっ○スは生理的に無理!」

っていう意味です。

ところが、これ、めちゃくちゃカドが立ちますよね。面と向かっては、言えないセリフです。そこで、とっても便利な、

「友達だから」

というセリフが生まれます。

ちなみに、先ほど、女性が男性を受け入れるには、「信頼」と「強さ」の両方が必要だと言いましたが、沢山の男性の恋愛相談を受けている僕の感覚ですと、

「友達だから」

という理由で恋愛に発展させられなくなる男性の6割〜7割くらいは、実は女性から、「信頼」すら得られていません。

で、僕がこういう時に、

まずは女性と「友達」になりましょうね、

とか、

普通に仲良くなりましょうね、

っていうのは、この「信頼」の話をしていますし、じゃあ、このゴールはどこにあるのかっていうと、

・理由がなくても、2人で連絡を取り合って、会える関係

です。

「友達」って、そういうものじゃあないでしょうか。

僕も何人か、そういう「友達」がいます。

彼ら、彼女らは、

僕が一生懸命に気を使って、ちまちまとマメにLINEをして、あの手、この手で盛り上げて、誘い方を工夫して、プランを一生懸命練って、

みたいな事をせずとも、

「久しぶりに飲もうよ

と、一言いえば、

「いいねー。いつにする?

と返ってきます。これです。

僕が、目指してください、て言っているのは。普通に仲良くなるっていうのは、こういう事なんです。

「どうやって誘おうか?」

「どうしたら2人で食事に行けるか?」

なんて試行錯誤している時点で、

「え? それって本当に友達なんですか?」

って話ですよね。だからやっぱりね、

「友達になってしまうんです…」

って僕に相談している時点で、なんか、おかしいんですよ。いやいや。

ちゃんと「友達」になってくださいよ

ちゃんと「信頼」を築いてくださいよ

そして、こういう強い「信頼」があれば、あとは、「強いオスっぽさ」さえ与えられれば、

ポンっ

って、あっけなく、

「友達」から「恋愛」に移り変わります。で、世の中にある恋愛ノウハウというのは、

「強いオスっぽさ」

ってのが内容のメインなんです。

女の子と、普通にちゃんと仲良くなる、これが出来ることが前提で、

じゃあ、どうやって、

ポンっ

って、友達ラインから、恋愛ラインに飛び移るのか?

これが、恋愛ノウハウです。

ここが分かっていないと、恋愛相談なんかもズレまくってしまって、だいてい、ズレた質問をしてくる男性には、僕は、

「もっと普通に仲良くなりましょうね」

とアドバイスします。

僕から、

「普通になかよくなりましょう」

って言われたことある人、その意味をよく考えてくださいね。

ここが分からないと、たぶん、あなたは、恋愛ノウハウに振り回されて終わりますよ。

以上

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

考えさせられる内容である。

確かにオナゴと

「飲みに行こうよ

「良いよ

などと即答でやり取りできるような信頼関係が築ければ、その場のノリと勢いでパコパコできるのも自然な流れでできるような気がする

あえて、確認しなくても、阿吽の呼吸で一緒に食事や飲みに行けて楽しめる関係・・・

そういうのを目指すべきなんだろうな・・・

女狐とは3回会っても、未だに敬語で話されるし、距離も置かれててパコパコやるにはまだまだ時間もかかりそうである。

それよりかは以前会った20代のオナゴにチャレンジしたり、ストリートに出て声かけをしている方がオジサン自身も楽しい

女狐とは綺麗さっぱり終わりにして、もっとときめく相手を見つけていこう!と思うオジサンであった


MOM151117141517_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:05 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする