2015年11月09日

見切りの大切さ

またまた、間が空いてしまったが、ここ最近振り返って(いや元々なのかもしれないが・・)オジサン、明らかにナンパペースが落ちていて、「月1回だけナンパ出撃する」のが現状維持となってしまっている!!

月1回ナンパ → 断られる → ヘタレ地蔵になる → ほとぼりが冷めた頃、月1回ナンパ

と負のスパイラルに陥り、現状打破の見込みが全く立っていないではないか!!
正直、今までの声かけでは効率が悪すぎたのではないか?と感じて新たな方策を色々調べていたところ、結局いつも紹介する恋愛の大家の言葉に行き当たり、「これはナンパにも使える考えだ!!」ということでここに紹介させていただく次第である。
そして、この恋愛の大家が出しているナンパ商材の内容をアレンジしてオジサンは早速、今週中にでも出撃することとする!

その恋愛の大家の言葉はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「昔付き合っていた女性と復縁したい」という相談があります。
今日の話は、いわゆる復縁なんですが、むしろ
「運命の彼女と一緒になりたい」
「本当に好きな人と、付き合い、結婚したい」
という人にこそ、ちゃんと読んで欲しいです。本質的に、同じです。
さて、「昔の彼女を取り戻したい」という相談は思いのほか多いのですが、この相談を持って来る男には、きまって1つの共通点があります。
それは、
・女性の願望を理解していない
ということです。
ちょっとここで、そもそも論というか、根本的な話になるんですが、女性を落としたければ、その女性が男に求めているものを知り、それを与えるという、これ以外のやり方はありません。
そして、その女性が男に何を求めているのかは、その女性によって違うんです。
ま、ただ、女性ならではの傾向ってものはあって、その傾向に当てはめて、確率論として、
「オンナはこうすれば落とせる」
っていうのが、世に出回っている恋愛商材、恋愛マニュアルになります。
が、本質的に、その女性が男に対して求めているものを与える、という部分は絶対です。

分かりやすく、食べ物の好き嫌いで説明してみましょうか。
イチゴが欲しい、という女性にはイチゴを与える。
リンゴが欲しい、という女性にはリンゴをあげる。
ヨーグルトが食べたい、という女性にはヨーグルトをプレゼントする。
でも、イチゴが欲しいと言っている女性に対して、いくらあなたが、ラーメンが好きであったとしても、ラーメンをあげちゃいけないです。
イチゴが欲しいって言ってるんだから。
ところが、復縁を求める男というのは、イチゴを欲しがっている女性に対して、一生懸命、ラーメンをあげたがります
・『自分が』そうしたいから。
これを踏まえたうえである男性の話なんですが、
・相手の女性が高価なプレゼントを欲しがる
・デートは高級なお店でのディナーを望む。
で、その事について、
「性格が悪い(オジサンもそう思ってしまう)」
と表現したとします。ここがズレているってことです。

この女性は、高価なプレゼントを渡されたり、高級なお店でディナーしたり、そういう事を彼氏に求めている。
それは、イチゴを欲しがっているのと一緒です。
性格が悪いんじゃなく、そういう口説かれ方をしたいんですよ。
・男には、それを求めている。
という、ただの事実なんです。
なら、気持ち良くあたえなきゃ。
イチゴを求めているんだから、口説きたければイチゴをあげなきゃダメって事です。


「それが嫌なら、別の女を口説けばよい

(ここが重要!!!!!! byオジサン)


高価なプレゼントや高級なディナーが全然好きじゃない女性も山ほどいます。
するとここで、次の疑問が1つ。
「じゃあ、高価なプレゼントや高級なディナーを求める女性に対して、それを与えずに口説く方法は無いんですか?」
という問題。
イチゴを欲しがる女性に、ラーメンを与えて口説く方法は無いんですか?だって、ラーメンだって美味しいじゃないですか。

さて、この問題。この発想について、あなたは違和感を感じることができましたか?
イチゴを求めていて、特にラーメンを欲しがっていない人に対してラーメンを好きにさせたい。
イチゴなんか止めて、ラーメンにしろよ。だって、ラーメンの方が奥が深いし、美味いじゃないか。
この発想。
これ、新興宗教の勧誘と本質的に同じなんです。
「余計なお世話」
です。
この男が女性に対して求めているものと、女性がこの男に求めているものの、ギャップ。
男は、女性に金を掛けたくない。(もしくは掛けられない)女性は、男から金のかかった口説かれ方をしたい。
女はイチゴが欲しいのに、男は、ラーメンを与えたい。
すでに、『恋愛に対する価値観』という部分で大きな隔たりがあります。
お金の話になると、大半の男はすぐに、「性格が悪い」とか「大切なのはお金じゃない」とか言うんですが、これは人生観じゃなく、恋愛観の話なんで、その種の女性からすると、「まったくもって大きなお世話」
なんです。
人生の話はしていない。
恋愛の話をしているんだ、と。
「あなたが、恋愛というステージにおいて、プレゼントや高級なディナーを軽くみていることは分かった。
 でも、その価値観を押し付けないで」
価値感を押し付けられた上、体まで求められたら、女性としてはたまったモノじゃありませんね(笑)
新興宗教に勧誘されたうえ、教祖様との肉体関係まで求められるようなモンです。
さて、ここここまできて、やっと僕らは1つの結論にたどり着けそうです。
あなたは、女性に対して、ラーメンをあげたい。
イチゴはあげたくない。あげられない。
でも、女性はイチゴが欲しい。
この2人がくっ付いた時、本当に、この2人は幸せになれるんでしょうか。
お互いがお互いに求めているものが違う。
普通は苦しみしか産みません
男はなんとか、女性をラーメン好きにさせようと説得し、女性はそれでもイチゴを欲しがる。
コントロールしようとする男。
自分の価値観をコントロールされることを拒否する女。
喧嘩の日々。
ストレスの時間。
こうなる事が分かっていても、それでも昔の彼女を取り戻したい。
これはもう、「その女性を、自分の都合の良いようにコントロールしたい」という男のプライドとエゴであって、その実、恋愛とは微妙に違うんです。

(恐ろしい!これが夫婦のすれ違いにもなるのか byオジサン)

いや、まあ、これも恋愛の1つの形ではあるんですが。
不幸な恋愛の。「恋」ではあっても「愛」ではないです。
本当にみんな、ここがズレます。
「恋」ではあっても「愛」ではないなら、恋愛ゲームや、一晩の体だけの関係なら面白いんだけど、
「運命の彼女」
とか、「将来的には結婚して幸せに」とはかけ離れた世界です。
ならば、遊びの女性であれば、「本当はラーメンをあげたい自分」を殺して、とにかく1度、えっちするまでは頑張って「イチゴをあげる」というのはゲームとして非常にアリなんですが、本気で人生のパートナーを探しているのであれば、イチゴが好きな女性の価値観を捻じ曲げようとするのではなく、はじめから、可愛くてラーメンを食べたがる女性を探したほうが1万倍、早いです。
なら、復縁なんかせず、どんどん出会いを作ってくださいよ。
あなたと相性の良い、イイ女なんて、いくらでもいますよ。
って話なんです。
他人の価値観をコントロールするのがいかに難しいか。
それは自分に置き換えてみれば分かるでしょう。
あなたが、ある日、知人や友人から、新興宗教に誘われたら、どんな気分になりますか?
と、それが答えです。
あなたはきっと、その女性から色々なモノを貰ったんでしょう。
その女性の美しい容姿
その女性の素晴らしい性格
その女性の健気な優しさ。
じゃあ、あなたはその女性に対していったい何をあげられましたか?
あなたがあげたモノは、本当にその女性が求めていたモノですか?

 以上

実に「言い得て妙」である!!
ここで、この大家の文章を読んでオジサンが使える!と思ったのが

「ナンパをしていて、ガンシカされたり断られたりしてもそれはその女の性格が悪いのではなく自分というラーメンが好きな女で無かったというだけなのだ!」

という考え方

だから、気にせずにとっととラーメンを好きな女を探しに狩りに出直せば良いだけなのだ!!

そして、家庭を大事にするオジサンとしては、家ではわがままな妻に対しては「ああ、この人はヨーグルトを食べたいだけなんだ」と思い、行き届かない家事に対して目くじらを立てないようにしよう。。

ナンパと家庭と仕事のバランス配分を計算しながら、うまく立ち回ろうとするオジサンであった

CSS_ashiwokumuofficer1292-thumb-autox1000-12522.jpg

posted by しんさく at 17:11 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする