2016年04月28日

逆境をバネに

早いもので4月ももう終わり1年の3分の1が過ぎた。。。

4月は新しい職場に異動し、人間関係も環境も通勤も慣れぬ毎日の連続で、オナゴ関係は月初に外見の良いオナゴと食事をしただけである・・・・

オジサンはこれまでの職場がいかに恵まれていたかを痛感し、なぜもっと出撃をしておかなかったのだろうと悔やまれる。。

しかし、後悔ばかりをしていても前に進めないので、人間与えられた環境の中でできることをやっていくしかない。

以前、恋愛の大家から

・即に直結すること、しないことを明確に区別して行動しないと、いつまでたってもオジサンの理想(若い女を即って、後腐れなく次の女を狙う)に到達することができないこと。

・月に1〜2回の声かけだけでは、少なすぎること。(1回当たり50人ぐらい声かけできるのであれば別とのことである。)

との指摘をいただいたが、仕事が終わってからの出撃は現実的には難しいことがわかったので、月に1回有給休暇をとり50人ぐらいの声かけをするほうが現実的だ。。。

オジサンこれまでの1日最多声かけ数は13人と情けない成績だが、せめて20人、そしてゆくゆくは・・・と自分の壁を打ち破って行こう!

普段、拘束されて自由時間が無いからこそ、声かけができる余裕がある日というもののありがたさを改めて痛感する。。

明日からGWだが、オジサンは関西の実家に帰省してリフレッシュしてくる予定である。。

関東に戻ってからは声かけできることのありがたさに感謝しながら、日々挑戦していきたいと思うオジサンであった


(作者不詳)
「あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人が何とかして生きたかった、なんとしてでも生きたかった今日なんです。」

YUKA160113560I9A4099_TP_V.jpg


posted by しんさく at 14:08 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

継続するために・・・

前回のブログでは

「余計なエネルギーを消費しないよう、事前にやれることは事前に済ませて無駄な行動はそぎ落とし、ナンパに必要な行動だけを抽出して実行いこう!」

と書いたが

「声かけを継続するためには声かけの場所に行かなきゃいけない理由を作る」

ことは悪くないらしい・・・

一見、相容れないようだが、恋愛の大家が言うところの内容を読めばなるほどと思える。。。



以下、その本文である。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

声かけを継続するためのコツはあるのか?

ということですが、例えば、

「声かけの場所に行かなきゃいけない理由を作る」

ことです。

声かけするためには、まず声かけする場所に行かないといけません。

これがけっこう面倒じゃないですか?

しかも定期的に行くとなると、なおさらです。

僕の場合は、週1でスポーツ系の習い事をしてたので、その行き帰りに声かけをしてました。

習い事以外では、

・友達と会う予定を入れる、

・美容院や買い物は声かけの場所でする、

・声かけの場所にあるTSUTAYAでDVDを借りる(返しに行かないといけないため)、

などが挙げられます。

一番よくないのが、「気分が乗ったら行く」です。

「今日は気分が乗らないから、次でいいや」

となりがちです。

とにかく理由をつけて、声かけの場所に行ってしまったほうが、気分が乗ってきます。

例えば、掃除も、やり始めるのはダルいですが、いちど始めるとだんだん気分が乗ってくることありませんか?

「気分が乗る」という状態は、脳の「側坐核」という場所で作られます。

そして、側坐核を活動させるためには、ある程度の刺激が必要ということがわかっています。

この、ある程度の刺激というのが、「とりあえず行動する」ことです。

掃除なら、掃除を始める、

声かけなら、声かけの場所に行く、

という行動です。

以上


要は、声かけを継続するために声かけの場所に行くための理由があることは良いが、そのためにエネルギーを費やし過ぎることは声かけに支障をきたすため良くないということか

つまり

「それほど手間隙かからずに済むような出撃場所に行く理由を考えろ

ということだな

とにかく理由をつけて、声かけの場所に行ってしまうことが大事で、気分は後からついてくるよという理屈である。

さて、オジサンの現在の出撃場所は渋谷、横浜であるが、ここへ行くための理由として何かあるだろうか???

・渋谷であれば、ナンパに役立ちそうな服を見に行く、若いギャルを観察しに行く

・横浜であれば、行ったことのあるカラオケ「ビッグエコー」に行って一人カラオケを歌ってテンションを上げたり、 美味しいパン屋(ベイシェラトンや浅野屋)でパンを買う

というところであろうか・・・

「自分、パンが大好きで今日は有名な美味しいパンを買いに来たんですけど・・」というセリフもナンパで使えるかな・・・

takebekaeru_TP_V.jpg









posted by しんさく at 13:32 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

余計なエネルギーを使わない!

オジサン4月から新しい職場に異動し、ドタバタの毎日であるが、前回のブログ記事で、来週ぐらいには忙しい合間にも出撃できるチャンスが訪れそうと書いたが、そのチャンスも急な仕事でことごとく潰れ、4月は出撃できそうにも無い・・・

今月は新入学生、新入社員、就活大学生と街には初々しいオナゴで溢れ返っているのに、ハイレベルオナゴとの食事以降はなかなか身動き取れないオジサンであった

GWあたりには少しは活動の機会が出てくるかとは思うが、また報告することとしたい


さて、

オジサン、ナンパをやってみて、つくづく感じることがある。

それは、声かけは、声をかける、かけないの判断の連続で、この判断が非常に大変でエネルギーを多く使うということである。

これについては、恋愛の大家も余計なエネルギーを消費しないよう書いていたのでここに載せておこう。


以下、本文

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

声かけする日は、声かけの判断に直接関係ないことにエネルギーをできるだけ使わないことをオススメします。

オバマ、ジョブス、ザッカーバーク(フェイスブックのCEO)の共通点は、何だかわかりますか?

「いつも同じ服をきている」

です。

ジョブズは、黒色のタートルネック、デニム

オバマは、グレーか青のスーツ

ザッカーバークは、グレーのTシャツ

彼らは、仕事で重要な決断をいくつもしなければなりません。

なので、「服を選ぶ」という意思決定のエネルギーをゼロにするために、いつも同じ服を選んでるそうです。

「服を選ぶ」という、ささいな選択でも、脳は多くのエネルギーを使うため、重要な仕事の決断にさいして判断が鈍るためだそうです。

あと、単純に時間を消耗します。

僕がスーツを推奨する理由は色々ありますが、

「服のコーディネートを考えなくてすむ」

という理由もあります。

また、以前のメルマガでも私服のお話もしましたが、店員に全部決めてもらうのも、同じ理由です。

ですので、声かける、かけないに直接関係ないこと、例えば、

「声かけ当日の服は何を着るか」
「声かけ当日の食事は何を食べるか」
「どこで声かけするのか」
「何時から声かけするのか」
「どうゆうルートで歩きながら声をかけるのか」
「どのテンプレートを使って話すのか」
・・・・など

事前に決めれることは、決めてしまいましょう。

以上


この大家の話を聞いてオジサン、今まで休みの日にナンパをするときは、事前にオナゴになれるためライトな風俗に行ったり、街に出たついでにあの店で買い物をして・・あの名店に行ってあの料理を食べて・・と良かれと思っていた行動が実はナンパの声かけに制約をかけていたのだと気づいた。。。

今も4月から新しい職場に移り、新しい仕事、新しい人間関係でエネルギーを消耗し、ナンパに向けるエネルギーが枯渇していることを嫌というほど感じる。。

声かけ自体ものすごいエネルギーを使うのであるから、ナンパする当日は声かけ以外に必要の無い行動は極力控えて、その分を一人でも多くのオナゴに声かけするほうが良いに決まっている!!

事前にやれることは事前に済ませて無駄な行動はそぎ落とし、ナンパに必要な行動だけを抽出して実行いこう!と思うオジサンであった

SAYA160312550I9A3361_TP_V.jpg




posted by しんさく at 11:43 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

気負わず行こう!

前回、ハイレベルオナゴに対する敗因について恋愛の大家からのアドバイスを載せたが、その後も励ましのメールをいただき、今後の役に立つものなので載せておこう。。。

オジサン、新しい職場でドタバタしていてなかなか出撃のチャンスがないが、来週ぐらいには忙しい合間にもチャンスが訪れそうである

これから暖かくなってきて、ナンパには良い季節なので、また結果報告することとしたい

では!!

以下、励ましのメール
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今回の女性は本当にいい経験になったと思いますよ^^

いくら本や教材で勉強しても、自分で経験してみないとわからないこともたくさんあります。

さて、今回は、声かけ時のメンタルのお話をします。

声をかけるときは、

「絶対に連れ出してやろう!」

というよりは、

「声かけるだけでいいや」

というマインドのほうが、楽です。

プロ野球チームのオリックスに、変化球が得意な金子というピッチャーがいます。

金子投手によれば、変化球を投げるコツは、

「変化させようと思わないこと」だそうです。

変化球を投げるときは、練習どおりの所定の握り方で所定のフォームで淡々と投げれば、変化してくれるそうです。

声かけも同じで、ターゲットを見つけたら、教材に書いてあるとおりのポジショニングを守って余計なことは考えずに最初の1声目に集中してください。

TC160130240I9A6502_TP_V.jpg
posted by しんさく at 10:42 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

敗因の分析について

4月から職場が変わり借りてきた猫のように大人しいオジサン。。
先週は本当に疲れたが、休日には妻や息子と花見にも行き、いく分か元気を取り戻せた・・・
陰ではコソコソとオナゴにちょっかいを出しているオジサンであるが、慣れない人間関係の中で家族の存在というものを本当にありがたく感じた。

さて、先日のハイスペックオナゴとの食事だが、オジサン、男として全く手を出せなかった
その後オナゴから「楽しい時間でした♪」とラインが来た。

最初はオジサン喜びかけたが、よく考えるとオジサンがご馳走したので社交辞令なのかもしれないなーと思いなおした。

果たして次はあるのだろうか?

・・・と一人で悩んでいても仕方ないので、オジサンが最も信頼している恋愛の大家の意見を聞いてみた。

以下、その返事である。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(オジサンの質問1)
この女性とはまだ脈(次のチャンス)があるか?

(大家の回答1)
アポは取れると思いますが、セックスできる確率はゼロです。
なので、もう切ってしまってナンパに集中することをご提案します。
損切りです。
女性に「(どうでも)良い人」と思われるかどうか以前に、オジサンが彼女を女性として認識してるというのが伝わってないような気もします。
敬語が続いてしまってますし。
10歳も年上の男性から敬語で話されるというのは、心理的にかなり窮屈です。
敬語でスキンシップするというのも、アンバランスというか、合わないというか、怖いというか。
口説いてこないことが前提になってるような気もします。
僕が懸念するのは、オジサンの本心(とにかくセックスしたい)と、実際の行動(敬語、丁寧なメール、紳士的態度)が大きくズレていることです。ズレてるというか、真逆です。
この状態が長く続くって、ご自分が苦しくないですか?
オジサンがラインで「楽しい時間を過ごしたせいか、次の日はすっきり目覚めることができました」と返事してますが、本当はこんなこと思ってないですよね?
前回までのメールを拝見すると、オジサンは、長期的な恋愛関係は望んでないと僕は解釈してます。
オジサンは、既婚ですし、とにかく1回でいいからセックスがしたいというケースです。
なので、1人の女性に時間をかけて紳士的に接するよりも、10人の女性に短時間でセクハラオヤジ的に接して1〜2人セックスするほうが、効率的だと考えます。

(オジサンの質問2)
この日のオジサンの行動についてアドバイスがあればよろしくお願いします。

(大家の回答2)
・悪かった点

敬語を続けてしまったことです。

・良かった点

女性の深い過去の話や、家族の話を引き出せたのは良かったと思います!
ナンパしていると、いろんなディープな女性と出会います。
オジサンにとっては、衝撃的な過去を持つ女性だったと思います。
今後ナンパを続けていくと、こういう過去を持つ女性といくらでも出会います。
正直言って、よくある話です。
女性の過去に限らず、ナンパをやっていると、いろんなことに耐性ができて、他人が驚くようなことにも驚かなくなってきます。
なので、今回の女性の過去の話によってオジサンの耐性レベルが上昇したという点で、良かったと思います。
18〜22時ですので、4時間の投資です。
4時間で学んだことをナンパに活かしましょう!

                                        以上



これ以上ないぐらいの的確な回答をいただいた!

さすが、これまでの恋愛マスターの中でオジサンが最も信頼をしている人物なだけのことはある。

「オジサンが彼女を女性として認識してるというのが伝わってないような気もします。」という分析はそのとおりである。

「あなたと私は男女の関係に将来なり得る」という前提をうまく構築できていなかったことと、「人柄よりもっと本能的な部分「性」を連想させるようなコミュニケーション」を取れなかったことが敗因でもあり、オジサンの作戦ミスであった。

あの時、おじさんの技量で、力関係を少しでも変えてあの日の縮まらない距離を崩せたかもしれない方法が一つだけあったとしたなら、早めに「マジックを使った前世占い」、「シックスセンスがあるように見せるマジック」を投入することぐらいであろうか・・・
まあ、これらの方法については今後、キャバクラ等で有効性等を試していこう。

このオナゴは、男の下心というものを知ってか知らずかうまくはぐらかして手玉に取るのが得意であった。

まあ、確かにオジサン自身も長期的な付き合いを望んでおらず一発やりたかっただけであるし、あの日、紳士的な言動のオジサンがスキンシップをしてきたら引かれたであろう。

恋愛の大家の言うとおり、良い人を演じ続けるより、セクハラオヤジ的なアプローチをしていくほうが精神衛生上にもよっぽど良い!

もうこのオナゴのことはスッパリあきらめ、次のターゲットに向かって挑戦していこうと決めたオジサンであった

saya160104374783_TP_V.jpg
posted by しんさく at 15:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

美女と食事と敗北と

オジサンついにハイスペックオナゴとの食事に行ってきた!
(2月に約束してからずいぶん日が経った)

4月に職場の部署異動となり、連日慣れない環境で疲れたオジサンはフラフラになりながら、仕事帰りの18時過ぎにオナゴと待ち合わせた。

久々にあったオナゴは綺麗で若く見えるとはいえ、化粧をしているせいか、よく見ると少しケバく、それなりに年相応(37歳)の感じがするという感じであった。

「人間は対面より横並びに座ったほうが新密度が増す」という恋愛の大家の言葉を活かすべく1軒目は創作イタリアンの店でカップルシートに横に並んで座る。

しかし、このオナゴ、自分から誘っておきながら、最初からオジサンから距離をとって端のほうに座るではないか!!

ここでは当たり障りのない話をして、心も距離も縮まらない。
「1軒の店で長時間いるよりか、店を変えたほうが雰囲気は盛り上がる」という、これまた恋愛の大家の言葉があったので、1軒目は1時間半ほどで切り上げ、ラブホテルに近い2軒目のカクテルバーに移動し、これまたカップルシートに座るオジサンたち。。

しかし、ここでもオナゴに距離をとられ、苦戦するオジサン。

恋愛の大家の言うとおり2軒目は盛り上がってきたものの、盛り上がりすぎてオナゴのディープな過去話が出てきてオジサン徐々に及び腰になった。。。

オナゴは2人姉妹で、小さいころから母親と姉に体罰や虐待を受け、15歳で家出して風俗街で働き、自分で高校の学費を稼いで卒業し、20代でスポンサーから援助を受けながら都内の一等地でマッサージサロンを経営するもスポンサーに裏切られ事業は失敗して、裏切りや人間の汚さを嫌というほど見せつかられて、今は関係のない会社で雇われの仕事をしているとか・・・
その後、姉は学校でひどいいじめを受けて引きこもりの後、精神を病み家庭崩壊しているらしい。。。

見た目はエロくて綺麗だが、壮絶な人生を歩んできており自分のペースで話を延々とするし、オジサンにとっては、歯が立たない難敵に感じてきて、最初の頃の性欲も萎えてきた(変な病気を持っていてうつされてもたまらんしな)。。

結局、このオナゴとは握手と肩をポンポンしたのと腰を少し触ったぐらいで、(どうでも)良い人として終わり、飲食代のほとんどを払って22時過ぎにトボトボと家路につく疲れたオジサンであった

今回の敗北に終わった原因は

・オジサン職場が変わったばかりで疲れていた
・オナゴの年齢を考えると無理に勝負に出なくてもいいかという甘い考えをしてしまった
・オナゴの人生話に引いてしまった
・もともと習い事では良い人キャラで通しているだけにキャラ変更が難しかった
・オナゴとの距離を物理的にも心理的にもつめることができなかった

そして、何だかんだいっても

・例え妻子もちでも、オナゴに恋愛感情を抱かせるだけの、ずば抜けた魅力がオジサンにはなかった

ということに尽きる。。

今回の敗北でオジサンまだまだ力不足を感じた。。。

敗北したものの「あなたじゃまだまだ役不足よ」と気づかせる経験を与えてくれたオナゴには感謝である。

もっともっと力をつけて、いつの日にかこのオナゴから色気仕掛けをしてくるまでに成長していこう。

敗北をバネに高みを目指して精進していこうとするオジサンであった

KOKO85_burankonorutwint_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:55 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする