2016年05月30日

自分を差別化するには?


前回までキャバクラでの修行体験をのっけてみたが、あの時のオジサンの職業は心理カウンセラーという設定であった。。

また、4月のハイスペックオナゴとの食事でも優しくて居心地のいい人のキャラ設定での立ち居振る舞いであり、日頃はマジメ(!?)なサラリーマンを演じているオジサンにしてみればあまり違和感の無い言わば楽チンなポジションでのチャレンジであった。

そして、この優しくて良い人キャラのスキルを磨いて磨いて、とことん極めていけばオナゴは自然と心を開き、そこから勝手に股を開いてくれるのでは??

という思い込みの考えが最近のオジサンのトレンドであったが、ここへきて、またまた恋愛の大家から来たレクチャーメールを読み一つのキャラ設定にこだわるのは危険なのではないか?と思うようになった。。

それが、今回載せる1つ目の「他人との差別化」という内容である

(以下、そのレクチャーメール本文)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女の子の憧れ。
少女漫画に出てくるような、王子様のような男性像。
これってメチャクチャ使えます。
あなたが王子様ではなくても、使えるんです。
たとえば僕は、金持ちでもなければイケメンでもない、どこかの御曹司でもないんだけれど、けっこう平気で、歯の浮くようなキザなセリフを言います。
ベタですが、夜景とか花なんかを一緒に見て、女の子が

「綺麗〜 ^^ 」

って感動していると、

「君の方が綺麗だよ」

とか、

「ここにある花は全て君の引き立役だよ」

とか。
女の子が、テレビやポスターを見て

「あの子すごく可愛い」

とか

「あの子すごく素敵」

みたいな事言ったら、すかさず

「でも、○ちゃんより素敵な女性って世界中どこを探しても、いないよね」

とか。他にも、その子ため何かをやってあげて、感謝されれば

「君が喜んでくれるなら、いつでも何度でもしてあげる」

とか。
たいての日本人男性は、こう照れて言えないので、それだけに、効果あります。
コツとしては、最初冗談半分に言ってみてください。

こっちも、冗談で言ているんだよ ^^っていう、スタンスです。

すると、相手もちゃんとそれが分かるんですが、

・冗談と分かっていても嬉しい

・軽い冗談っぽいから、むしろ受け入れやすいという状態になります。

女の子の中には、照れて笑っちゃたり「歯が浮いてますよ〜(笑)」

とか、

「バカでしょ(笑)」

とか、

そんな反応も、けっこうあるのですがでもバカにしつつ、内心けっこうまんざらでも無かったりします。
そういう独特の雰囲気が生まれます。

これを極めていくと、

「今夜の君は、誰よりも輝いてる」

とか、

「いま一瞬、羽の無い天使が舞い降りて来たかと思ったよ」

とか、

「僕はきっと、君に会うために生まれてきたんだよ」

とか、そんな事まで言えちゃうようになります。

照れ隠しに爆笑する女性、

顔を真っ赤にする女性、

マジでウットリする女性、

色んな反応があります、空気感で押し切ります。

こういうのを言える男って、すごく少ないんで、これがやれちゃうだけで、ものすごい強烈な武器になります。

あと、

言葉ではないんですが公園など、外で座るよう機会があったら、さっとハンカチを敷いてあげる、とか。
女性がミニスカートでイスに座るような時に、スカートの中が見えちゃわないように、ハンカチを貸してあげる、

とか。(綺麗なハンカチはとっても便利)

簡単ですが、こういうのを当たり前のように出来る男ってほとんどいません。
女性も、ドラマとか少女漫画の世界にしかいないと思ってます。
だからこそ、当たり前の顔をしてこういう台詞や動作が出来るととてつもない破壊力を発揮します。
この話をすると、決まって

「自分はそういキャラでありません」

って言われるんですが、それ言っちゃうと、

「いや。僕だって、もとはそういうキャラじゃないですから ^^; 」

って思います。
でもね、キャラとかって関係無いんですよ。
女の子からしたら

「それは、あなたの事情でしょ?」

って話です。
みんなと同じ事しか出来ないから、その他大勢、風景と同化しちゃうじゃないですか。
だから、つい周囲の誰もがつまり、多くの日本人男性が

「いや。自分は、そういうキャラではありませんから…」

って言うようなところを、あえてやって見せ、自分を差別化しないと。際立てさせないと。

・その他大勢

これが、もっとも避けたい選択肢です。

                以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

オジサンこの文章を読みハッとさせられた

良い人でのキャラ設定が自分に合っていると思いながら、知らず知らずに自分が楽なポジションへ逃げていただけではないのか

マジメで誠実な男よりもキザでチャラい男が好きなオナゴもいるし、「男は視覚で興奮するが女は言葉で欲情する」という格言もある。
優しいだけの男ならゴマンといるこの世の中でオジサンは「その他大勢」の中に埋没する危険があったのではないか???
また、一つのキャラ設定だけにこだわって他の面を捨ててしまっていると応用力がなくなって危険である。

そう!優しくて良い人という面も大事であるが、いざという時に性的な香りのする危険な男の面も使えるよう持ち合わせておくべきである

そして、この問題提起は次回のブログで載せる「2面性について」という内容へつながっていくのであった(つづく)

SAYA160312110I9A3798-thumb-autox1500-22018.jpg


posted by しんさく at 10:58 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

横浜キャバクラ修行2

(前回のつづき)

キャバクラ修行のため横浜に乗り込んだオジサン。

横浜では上から下までキャバクラという感じのプリンス会館というビルに入っているお店が最もメジャーで安心なところである。
オジサン、早い時間から開店している○ルドラドというお店にフリーで入る。。
割引チケットを見せたので50分3,000円でOKとのこと。
これなら、まあオナゴを一人ぐらい指名してドリンク1杯ぐらいはおごってあげても良いかと気が大きくなるオジサン

ついた女の子は素朴な感じの胸の谷間と太もものまぶしいドレスを着たナギサちゃん(女子大生4年)というオナゴであった

さて、これまでのキャバクラ修行では

・手相
・占い
・コールドリーディング
・マジック

と試してきたのだが、正直営業抜きの付き合いまでは持ち込めていない・・・

そこで今回は視点を変えて、性格診断カードなるものを使ってみることにしたのだ。。

これはかつて通っていた某ナンパ塾でゲットしたものだが、数十枚のカードにその人に対する質問が書いているのでそれをイエス・ノーで分けていくだけで性格診断ができるという女子が喜びそうなグッズである。
裏には可愛いイラストも書いているのでオナゴ心をくすぐるのである
初対面の女子と会話をするだけでは、会話の内容も薄っぺらくなりがちであるが、このカードを使って会話をするとそのオナゴの深い部分まで話ができるので親密度が上がる優れものである。。。

まずは、比較的ライトな質問のカードを使って診断してあげたが、

・今は恋愛に対して前向きである
・今の精神状態は健全である
・男性にとっては付き合うのに問題の少ないタイプである
・過去につらい恋愛を経験した

というところまでわかり、フィードバックしてあげると、過去に大学の先輩(ラグビー部)からアタックされ付き合ったが、この男が遊び人で他の女にも手を出していてもてあそばれたということであった。

相手からこういった情報を引き出せるだけでもこのカードはただものではないな

次に、もっと深い質問をするカードを使って診断したところ

・見た目は普通のオナゴだが結構悩みを抱えている
・良い子でいようと無理する&演じるところがある
・なかなか他の人には理解してもらえない
・親との関係で何かしこりがある

という結果であり、フィードバックしてあげると

周りの友達からは優等生っぽく見られるが、なかなかわかってもらえない。
弟がいるが小さい頃から弟のほうが可愛がられて辛い思いをした。

とのことで、少し瞳が潤んでいるようであった

オナゴとは結構ラポールが築けたと感じたところで時間が来たので延長せずに帰ることとした。。

今回のオナゴはなかなか感情を表に出さないタイプだったのがそれなりに反応を得られたのでもっと感情が豊かなオナゴであれば大きな反応が返ってきて尊敬されそうである。

何より、会話のネタを探さなくて良いのが楽だね〜
このカードは会話が苦手な人にとっても救世主となりえるし、連れ出しが成功したときにも深い会話に持ち込める優れものである!
深い会話の後はギラツキに持っていきやすい!
(一度や二度ギラツキを拒否されてもめげずに挑戦していくのだ!!それで落とせた事例もある!!)

流れとしてはこのカードの後、手相を使って「気を使って肩こるんじゃない?」とマッサージに持っていき、ギラツクパターンか??

まだ別のカードも温存しているので、色々と試しつつ何が一番効率的なのかを検証していきたいと思うオジサンであった

SAYA151005158392_TP_V.jpg
posted by しんさく at 14:42 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

横浜キャバクラ修行1

GWもあっという間に終わり、また退屈な毎日がやってきた

毎日毎日、同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ会社に行って、同じ人と会って、同じ仕事をして・・・

刺激の無い退屈な日々が続く

以前、何かのTV番組で地下アイドルにはまる中年男の特集を見たことがあるが、日常では女性から見向きもされないどう見ても冴えない独身キモオタ中年男が10代、20代のアイドルの卵たちが歌い踊るステージに熱狂し、ステージが終わってからCDやグッズをしこたま買って握手をしてもらう姿が映っていた。

いい年したオヤジが何をやっているんだ、アイドルビジネスに金を巻き上げられているだけではないかという意見もあろうがオジサン、この男の気持ちがわからんではない、、というか共感できる部分も多くある


人間、現実だけを見て生きていくのは辛すぎるのだ・・


おそらくキモオタたちは現実世界では、同じ毎日の繰り返しで退屈な生活の中、生活の張りを求めて、自身が若いころに挑戦しなかったり、つかめなかった夢をリアルに追いかけているアイドルたちを応援することにより勇気と元気をもらうのであろう

オジサン自身、「ももいろクローバーZ」の一所懸命な姿を見ていると元気が出てくるしな

たとえ周りからキモたがられていても、世間に迷惑をかけているわけでもないし、本人の頭の中ではエンドルフィンがドバドバと流れてストレス発散できているのであれば破産しない範囲で熱狂するのはある意味健全かもしれないな・・・

オジサンがナンパをするものこのキモオタと同じ理由かもしれない。
重ねて言うが

人間、現実だけを見て生きていくのは辛すぎるのだ・・

まあ、オジサンの場合はキモオタファンのようにアイドルとの恋愛禁止などというように性欲を抑制するのはまっぴらゴメンなので、性欲を発散できるナンパという方向にエネルギーを向けているのと、キモオタと言われないよう見た目(ファッション)にも気を使って、清潔感を大事にして、会話力を磨くようにしているので彼らと全てが一緒ではないと勝手に思っているが。。。

前置きが長くなったが、現役(と思っている)の一匹のオスとして若いオナゴを惹きつけてホテルへの打診ができるような力を持てるように修行と割り切って金を払い再び横浜のキャバクラに行ってきたぞー

報告は次回!

YUKA863_kaugirl15175149-thumb-autox1500-22039.jpg
posted by しんさく at 13:02 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

ボチボチ出撃

5月になり、日中は汗ばむ陽気となってきた。。。

GWはどこに行っても人ばかりで、うんざりしそうになったが、オジサンは関西の実家に帰ってリフレッシュしてきたぞー!

東京もそうだが、関西方面も中国人の爆買い旋風が吹き荒れており、あちこちで我が物顔で歩く中国人の姿を見るし、中国語が聞こえてくる。。。

オジサン京都の宇治に行ったが、ここはまだ中国人も少なくのんびりとした良い雰囲気であった。
宇治川の土手に腰掛けて、気持ちの良い風を感じながら、喫茶店でテイクアウトして食べたタマゴサンドは格別であった。

久々にオカンと一緒の時間を5日間過ごしたが、オジサンも人の親となった今となっては、親のありがたみが色々と身にしみて感じてくる。

覚せい剤で逮捕された清原も、引退を決心したときは、身体が不自由になってきたオカンを背負って歩いているときに引退を告げ、2人して号泣していたらしい(心の中でお互いに感謝していたのであろう・・)

現在、清原のオカンは認知症になっているという噂だが、こうなってしまって一番悲しんでいるのは痛い思いをしてまで息子を産んで育てあげたオカンかもしれないな・・・

そして、オジサンはGW最終日にようやく出撃のチャンスがやってきた

11時に自宅を出て、ナンパの聖地である渋谷へ向かうオジサン

GWに入ってからも、新しい職場での疲れが抜けず5月の陽気のせいもあるのか、どうも体が気だるくて電車内でうたた寝をして不覚にも一駅乗り過ごしてしまったオジサン
焦って一駅戻って降り立った渋谷駅は夏の暑さを感じさせていた。

そして、人、人、人

IMG_20160508_180146.jpg


IMG_20160508_180204.jpg


まずは腹ごしらえを!と、センター街でうまい立ち食い寿司屋に入り千円の握りランチセットを頼んだが
ここは目の前で握りたてのすしを提供してくれるので、ネタの良さに満足するオジサンであった!

IMG_20160508_180220.jpg


そして、少し昼寝をしてから出撃するかと同じセンター街の漫画喫茶に入ったオジサン
しかし、電車内での昼寝でも疲れが取れなかったオジサンは、漫画を読んでダラダラと時間を過ごしてしまい
気がつくともう16時になっていた


ようやく重い腰を上げ、渋谷109の右横を歩き、ヤマダ電機からドンキホーテに向かうオジサン
GW最終日ということもあり、獲物にはこと欠かない状況であったが4月はまるまる出撃できなかったことも
あり、勘が戻らず地蔵になるオジサン

グルグル街を歩きながらようやく1人目の神田沙也加に似た茶髪ギャルに声をかけるオジサン
この子はオジサンの顔を見ようともせず無言で立ち去った。。。

さすが渋谷!声をかけてくる男の数も山ほどいるのだろうと思わせるような冷たい反応であった。。

そして、なかなか勘が戻らないオジサンであったがしばらくして、2人目、小西真奈美似の清楚系に声をかける。
この子は、オジサンの方を見て、反応してくれたが、笑顔もなく立ち去る。。。

しばらく歩いて3人目、美人女子大生風に声をかけるが、最初からナンパと見抜かれて全く無視で立ち去られる。

ナンパをしていて思うが、ターミナル駅などは獲物が多く、探すのには困らないが、反応が冷たい。
一方、ローカル駅などでは、人がまばらになったりして獲物を探すのに苦労するが、反応は良い。
この2つのどちらを選択するかなのだが、祝日の渋谷などは人の多さで声かけのスペース確保にも苦労したので平日だけにしたほうが賢明であろう・・・
祝日などは横浜で声かけしたほうがまだマシか・・
また、もう少しローカルでも良いかもしれないな・・

さて、歩き回って、渋谷の地理に詳しくなってきたオジサン。

4人目のスタイル抜群ミニスカハイヒールの女子学生に声をかけるが、2人目と同じ反応で立ち去られる。

たった4人の声かけながら、疲れてきたおじさんは、せめて5人はいこう!と血走った目を走らせながら
後姿だけでオナゴに声をかけたが、肌の荒れた30代のオナゴで、こちらも笑顔も無く立ち去られた。

この日は結局5人までで、いつもより反応も悪かった。。。
しかしながら、3月以来の久々の声かけができたことで、清清しさを感じつつ、
熊本ラーメンを食すこととした

IMG_20160508_180122.jpg

最初にここのラーメンを食べた時(20年前?)は美味しさに感動したが、今ではどのラーメンもどこかで食べた味で感動も少なくなっているオジサン(年をとったということか)

今回、ターゲットは山のようにいながら、1時間半で5人の声かけであったが、次回は声かけの人数もそうだが、もっと長い時間、街に出ているようにしよう!

少しずつでも自分自身の壁を破っていこうと思ったオジサンであった



posted by しんさく at 17:07 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする