2016年06月17日

明日のために

6月も半ばとなりスッキリしない天気が続く・・・

天気だけでなくオジサンもデスクワークの疲れか肩がこり、腰が痛く、目も疲れてスッキリしない状態が続いていたので昨日は早退してマッサージに70分行ってきたぞー
(以前、マッサージの達人で神の手を持つ伊藤さんの話(http://myozin4000.seesaa.net/article/427886467.html)をしたが、伊藤さんは4月から別のお店に行ってしまい、もう通えなくなったのだ(涙))

昨日行ったお店は良心的な価格でしっかりマッサージをしてくれる「みんなのてもみん」というお店で、久々のマッサージだったので、身体の奥に溜まっていた疲労が一気に表に出てきた感じで、オジサン家に帰ってからぐったりとなった。

来月にはかみさんも実家に里帰りする予定なので、オナゴ関係にはしゃげるようオジサンも体調を整えていこうと思う
なかなか出撃できないが、恋愛の大家からのレクチャーメールが何通か届いているので、オジサンのコメント付でここにまとめて載せておこう。。

           (以下、本文)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1 地蔵脱出のコツ

それは・・・
「声かけのためだけに、わざわざ何かをする」
ということです。

より具体的には、

・声かけのためだけに、スーツに着替える
・声かけのためだけに、コンタクトレンズを着用する
・声かけのためだけに、伊達メガネを着用する
・声かけのためだけに、街に出る
・これらの組合せ

などなど。
このような行為をすると、
「わざわざ声かけのためにここまでやったのだから、声かけなきゃもったいない」
という動機が湧いてきます。

オジサンのコメント

「オジサンもナンパのときはコンタクトをして軽くクマ取りメイクもして行ってるぞー!確かに別人になれる気がする」

2 女性を立ち止まらせるべきか?

歩いてる女性に声をかけた後、女性を立ち止まらせたほうがいいのか?
僕は、女性を立ち止まらせる必要はないと考えてます。
理由は、

・立ち止まらせなきゃ、ということを考えなくてすむ
・できるだけ自然に会話をしたい(立ち止まると目立つ)
・僕が歩きながら話すほうが楽
・その場で立ち止まらせると、通行人の邪魔になる場合がある

ためです。
ただし、連絡先交換する、となった場合は、通行人の邪魔にならない場所で立ち止まって連絡先交換をするようにしてます。
あとは、暑い日なら日陰に入るとか。
なお、僕の場合ですが、外で声かけ後、並行トークしてて女性が建物の中や駅の改札に入ろうとした場合、無理に立ち止まらせることはしません。
声かけした女性が建物の中に入るとか改札に入るとか、という行為は、拒絶の意思表示だと思います。
なので、それ以上は追いかけません。
(電車の中やお店の中まで粘って一緒に入ったこともあるのですが、こっちがストレスを感じるだけでした)

オジサンのコメント

「昔、オジサンも一度無理やりオナゴを立ち止まらせたことがあったが、結局結果は同じか、より悪くなった と感じたぞー!」

3 今できることをやるしかない

僕は高校生のころ陸上部でした。
長距離走者です。
夏休みになると、田舎に合宿しに行ってました。
もともと田舎の高校だったのですが、さらに田舎まで合宿遠征してました。
道路を走るので、ほとんど車の通らないような田舎が合宿地として選ばれてました。
夏休みの間、4箔5日の合宿を3〜4回してました。
強制参加です。
ふだんの練習もキツいんですが、この合宿は格段にハードです。
朝7時から25km走、夕方4時から25km走、
を毎日やるような日程です。
僕らが集団で走りながら、怖い監督が後ろから車で追尾してくるスタイルです。
さぼることなど、できません。
いまでも、「合宿」という言葉が若干トラウマになってます笑
そんな厳しい合宿でしたので、いちど合宿所から後輩が脱走(脱獄?)したことがあります。
電車で自宅まで帰ったとのこと。
でも結局、その後輩は、合宿所まで連れ戻されました。
その後輩のお父さんが警官で、パトカーに乗って合宿所まで連れ戻されました・・・
そのときに感じたのが、
(ああ、俺らは逃げれないんだ・・・)
ということです。
今いる現状を耐え抜くしかないことを痛感しました。
声かけでも恋愛活動でもそうですが、僕らは常に今現在の自分で勝負していかねばなりません。
年齢は変えられないし、体格、住んでる場所、職業なども、すぐには変えることができません。
変えれないものに関して、考え込んだり悩んだりすることはムダに疲れてしまいます。
自分に今できることを積み上げていくしかないのかな、と思います。

オジサンのコメント

「先日、ブログに書いた記事「逆境をバネに」と同じ内容のことであるな。。
 (http://myozin4000.seesaa.net/article/437305254.html
 (ちなみにオジサンは学生時代、合気道クラブに入っていたこともあるが、合宿は死ぬほど嫌で入部したことを死ぬほど後悔した)」

4 成功者の体験談

今日は、私の恋愛商材を購入していただいたAさんからの体験談をご紹介します。

・・・・・ここから・・・・・

先日運良くギャル系の子を即日GETできました。
台本のユーモア系の
"疲れてそうですよね?"
"肩車しましょうか?"
という声かけから入り、明らかに他の女性とは違った反応でした。
他の子は声かけても壁があるのに、この子だけはそういった壁が有りませんでした。
カラオケ→ホテルの流れで行ったんですが
・カラオケ連れ出しもすんなり了承
・ジントニックのレモンを絞ってと言う
・やたら距離が近い
・やたらこっちを見てくる
・私のお酒も飲んでいいよと言う
・手つなぎOK
これはいけると直感して、、思い切ってホテル直打診も即OK
今までナンパで即なんかしたこと無かったので、なんだか拍子抜けしてしまいました。
美人局か何かとメッチャ疑ってましたw

・・・・・・ここまで・・・・・・・・

Aさん、ありがとうございました^^
僕としても、このような報告を受けるととても嬉しいです!!!!!!
Aさんは、「運良く」と書かれていますが、思い切った行動の連続が成果に結びついたのだと思います。

オジサンのコメント

「Aさんうらやましいぞー!!確かに私の師匠の一人であるナンパの達人さんも「ナンパでうまく行く時はアホみたいに簡単!」と言っている。達人さんが言っている例と同じであろうな・・・」

5 直接法と間接法

声かけの論点としてよく取り上げられる直接法と間接法について書いておきます。
直接法は、最初から好意を伝える声かけの仕方です。
間接法は、道聞きなどの声かけから入って連れ出しや連絡先交換に移行する方法です。
僕は、直接法メインです。
教材にも書きましたが、初心者であればあるほど、最初に要件を伝えてしまうほうがあとが楽になります。
「あなたに好意があるんで、お茶して話しませんか?」
という表現は、自然な流れです。
そもそも、好意があるから声をかけるわけですし、あなたの言動に説得力が出てきます。
また、
僕らの最終的な目標は、連れ出すこと自体や、連絡先交換自体ではありません。
その先にあります。
手をつないだり、スキンシップしたり、身体を重ねたり。
声かけの段階から好意を示しておけば、これらの行為を行うことが自然になります。
間接法の場合、例えば、道聞きの場合、道を聞いたとして、
「じゃあ、お礼にお茶おごるんで」
という言い方をしたら、女性は、あなたのことがよっぽどタイプでない限り、
(なんでそうなるの?)
(最初からお茶が目的?)
などと思ってしまいます。
道を聞いたお礼にお茶に誘う、という文化が一般的ではないためです。
このように、間接法の場合は、声かけのハードルが下がるぶん、連れ出しや連絡先交換に移行するのが難しい、と思います。
なので、間接法で声かけした場合は、どこかの段階で、女性を異性として認識している、これも1つの出会い、縁である、ことをハッキリと示して、直接法への切り替えを行う必要があると思います。
より具体的には、例えば、道聞きの場合、道を聞いたあとに、何らかの雑談などで空気を和ませたあと、「話してて楽しいし、こうゆう出会いも縁だと思うんで、念のためラインだけ交換しときません?」
のような形です。
ただ、この
「何らかの雑談などで空気を和ませる」
のが、初心者にとっては難しいと思います。
このへんもテンプレ化できれば面白いのかな、と考えています。

オジサンのコメント

「直接法を選ぶか?間接法を選ぶか?・・・は、ナンパ師自身が選ぶことであろうが、結果的に直接法の方が より効率的だと思う・・」

6 声かけ時に周囲の目が気になる人へ

新宿のアルタ近くで友人と2人で飲んだときの話・・・
(この友人は声かけしない人です)
夜の10時か11時前だったでしょうか。
お店を出て、JR新宿駅に向かう途中、路上で女性に声かけしている男性がいました。
僕からしたら、どこからどう見ても、キャッチやスカウトではなく、一般男性が女性に個人的に声かけしているのがわかりました。
そして僕は
「お、あれ声かけしとるで!」
と、友人に伝えました。
すると、
「そうなの?」
というような感じで、まったくわかってない様子でした。
声かけをしている最中の模様を見ても、声かけをしていると認識していない様子。
というか、それ以前にあまり興味がないようでした。
その後、さらに駅の構内でも別の男性が女性に声かけしてるのを見かけました。
そしてまた僕は、
「お、また声かけしとるで!!」
と、友人に伝えました。
すると、やはり、友人はまったく気づいておらず、こう言われました。
「よく分かるね」
声かけしてるって、よく分かるね、という意味です。
僕からしたら、
(なんで分からんのん??)
っていう感じでした・・・
声かけしない人にとっては、声かけしてる様子がこんなに分からないものなのか、と感じました。
おそらく、この声かけの模様が友人の視界には入ってるものの、脳が認識してないのでは、と思います。
僕らは声かけをする側なので、自分と同じ挙動をする人がすぐにわかるんだと思います。
ある程度の人通りがあれば、よほど目立つ声かけをしない限り、通行人は、あなたが声かけしてることさえ認識することが困難です。
仮に、声かけしてることが分かったとしても、それをずっと目で追ったりはしません。
上述の友人も、声かけしてる模様を目で追ったりしてませんでした。
(僕は、学ぶものがないかどうか、ついつい目で追ってしまいますが・・・)
もし、あなたが、声かけ時に周囲の目が気になることがあれば、今回のエピソードはお役に立てるかもしれません。

オジサンのコメント

「この話は共感できるな!ナンパをするようになって、他のナンパ師の存在をすぐ感じれるようになった。
 そして、ナンパは迷惑と感じる子もいれば、迷惑そうにしつつも内心は喜んでいる子もいる。
 だからどうだというのだ。「新聞の勧誘」とか「飛び込み営業」とか「キャバクラへの客引き」とか「居酒 屋の客引き」とかと同じレベルなんだーと考えれば気が楽である

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

以上、今日は長くなったのでまた別の日に

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:57 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする