2016年10月27日

出撃!そして・・・再会

前回の記事で、20年前にふられた後輩のオナゴと再会する話を書いたが、20年前のこととはいえ、かつて好きだったオナゴに会うと思うとソワソワとして落ち着かず、妙に緊張するオジサンであった。

オナゴのことを考え、悶々としていても仕方ないのでこういう時は声かけで気分を変えるに限ると思い、再会前日に街に出撃してきたぞー

2ヶ月ぶりの出撃で勘が鈍り30分地蔵になるオジサン。
そんな中、ゆっくり歩くガウチョパンツを履いた若いオナゴを発見し声をかけるオジサン
久々のせいか声にも元気が無く、ガウチョのオナゴを褒めるも、ガンシカで逃げられた。

気を取り直して2人目の背の高いアゴのしゃくれた若いオナゴに声をかけるオジサン
しかし、こちらもガンシカだけで逃げられたのであった。。

久々の声かけで何か吹っ切れたおじさんは、翌日に会社の研修会で後輩のオナゴに会ってきた。

朝の受付の時点でそのオナゴに声をかけられ、20年ぶりに感動の対面をするオジサン
20年ぶりに会ったオナゴは相変わらずスレンダーで肌が綺麗であった

しかし20年の歳月がたち2人の子供を出産したせいか髪の量は少なくなり、当たり前であるが、あの頃より雰囲気も少しオバサンになっていた。

懐かしさや照れ臭さもありながら仕事や子供の話で近況報告で当たり障りの無い会話をしながら、間を持たせる感じの2人であった。

お互い40代となり家庭を持ち、いまさら艶っぽい話もあろうはずが無いが、それでも一度は恋焦がれたオナゴであったからか、時々あの頃の切ない気持ちがフラッシュバックしてくる

しかし、20年前にオナゴはあの頃のオジサンの気持ちを薄々気づきながら、先輩としてもオジサンを慕って懐いてきていたのだが、この日はそんな思い出も忘れたのか元々あっさりとした性格のせいか、距離感を感じさせる態度であった。

今さら、過ぎた時間を取り戻せるはずもないが、今となってはあの頃に一度ふられたものの、その後はものすごくチャンスがあって、オジサンはそのチャンスを自らみすみすと見逃していた大馬鹿野郎なのでは?と思う

そう思ったのは恋愛マスターのレクチャーメールに当時のおじさんと同じ様な状況のことが書かれていたからだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もしあなたが1回告白をし、フラれ、それでもなお、彼女の前で冷静かつ明るく自然体で接することができるのであれば。

そしてその状況を彼女も受け入れ、すぐに連絡が取れるような状態であるとしたら。

実は、その女性を口説くうえでかなり有利な立場と言えます。

これは、彼氏がいる女性を口説く方法にも通じるのですが。

1回、こちらから

「女として好きである」

という好意を伝えたうえで、フラれ、それでも仲の良い関係が維持できているのであれば、彼女の中で、あなたは

「あと1歩」

であったと言えます。

嫌いではない。むしろ好き。でも、付き合うには決め手に欠ける。

そうは言っても人間的にも好きなわけだし、これで関係が悪くなるのはイヤ。

女性側がこういう気持ちであれば、この状態は維持すべきです。

彼女にとって「決め手」が何であったのか、それは、今後、彼女との会話の中で探っていく必要があります。

ただ、それはそれとして。

「決め手」が別の要因で勝手に降って湧いてくることもあるんです。

それは何か?

彼女側の事情で彼女が落ち込んだ時。

です。

例えば、
・彼女が他の男性にフラれた
・人間関係でひどく傷ついた
・仕事で大変な失敗をした。
・環境が変わり、むしょうに寂しい。
等。

彼女が弱っている時です。

こういった、彼女側の事情で彼女が弱ったとき、一番近くの男性としてあなたがいてあげることができるか。

フと落ち込む彼女。
寂しさや辛さに耐えられず、あなたに連絡を取ってしまう。

そこで快く彼女を受け入れ、余計なアドバイスなどせず、ただ彼女の話を聞き、共感する。

これで、落ちます。

ポイントは、あなたが彼女にとって、一番最初に連絡を取る男性

であるということです。

彼氏ではないが、男友達の中ではナンバー1

このポジションを外さないでください。
                              以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

当時、オナゴにふられたと思い込み、ショックで抜け殻のようになったオジサンはオナゴに接するのが辛くて、あえて距離を置いて逃げていった。

その後、オナゴも転勤となり新しい職場で苦労して悩んでオジサンにも相談の手紙を送ってきてくれたりしていたのにオジサン的には、ふられてもう終わったことだし何をいまさら・・と会いにも行かなかった。
(一度だけ「苦しかったらこっちに来い」と中途半端な励ましを手紙に書いたがオナゴが来る事は無かった。。。)

あの頃、この考え方を知っていて今のナンパスキルと恋愛テクニックを身につけていたら、少しは違った結果になっていたのであろうか?

繰り返しになるが、あれから20年がたち、今更時計を戻せるはずも無いが、地方出身の純朴な雰囲気もあり、20代前半で光り輝いていたオナゴの姿が今でも鮮明に思い出されるオジサンにとっては切なくも大事な思い出である

オナゴとはほぼ一目ぼれで出会ってから、ずっと恋焦がれ、若気の至りで勝手に大失恋をして、己のエゴと執着を嫌というほど思い知らされ、オジサンはボロボロになりながら新天地で一から出直そうともがき続けた。
そしてお見合いやパーティ参加を続け、ナンパ塾に参加したりして多くのオナゴとの出会いを繰り返し、人生経験を積み、今の自分となっているのだが、その時に出会ったさほど印象の残らないオナゴたちと違って、強烈な印象を残しオジサンの人生にドラマを与えてくれたこのオナゴには感謝しなければならない

この日、オナゴと別れてからどっと疲れが出てきて、フラフラになりながら最寄り駅で降りると募金活動をしている女子大生グループがいた。

普段はしない募金をこの日はなぜか柄にも無くしたオジサンだが、女子大生たちに「ありがとうございます」と純朴な笑顔で感謝されると、「ああ、あの頃初めてあったオナゴもこんなぐらいの年だったよなー」と時間の流れを感じ胸が痛くなった

また、この日の夜はなぜか「ありあまるほど時間のあった20代になぜもっとナンパをしておかなかったのだろう」という思いがふと込み上げてきた。

逆を言えば「20代にナンパしまくって女の扱いに慣れていればそのオナゴともうまくいったかもしれないのに」ということなのだろうか。。

今となっては、そのオナゴとは「縁が無かった」という言葉で結論づけられることを改めて気づかされたオジサンだが、だからと言って現役のオスを引退するつもりは無い。

青かったあの頃の自分とは決別するべく、オナゴを魅了するための技術をもっともっと磨いて前を向いて生きていこうと思うオジサンであった

YUUSEI75_dakiaugekisya15214626_TP_V.jpg


posted by しんさく at 13:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

感傷に浸るオジサン

前回の記事で、次回は会話についての最終回を記載するとしたが、内容的にはそれほどのことが書いていなかったのでやめることとした。

さて、本日は20年近く前の話をしよう。

当時オジサンはまだ独身の20代後半で、男ならそうだと思うが年齢的にも見た目的にも一番オナゴ的に受けがよかった時期であったのかと思う。

職場ではまあまあ、中堅どころで新人、若手社員からは頼れる存在だったのかとも思う。

そんななか、一人の新入社員のオナゴがオジサンの職場にやってきた
見た目は能年玲奈をスレンダーにした初々しい感じで、皆から好かれる容姿でオジサン的にもストライクであった

しかし、職場関係の恋愛は失敗に終わった時のリスクが甚大であるため、否が応でも慎重にならざるを得ず表面上はオナゴへの好意を秘めていたが、リスクを犯してまでもアタックしたいほどの逸材であった

オナゴへは業務の参考になる資料をあげたりして良い先輩を演じつつも、実は下心が満載で今思えば「ちんころじー」の誘惑と戦いながら葛藤する日々であった。(今思い出しても切ない気持ちになる・・)

そんなタイプのオナゴだから職場のほかの野郎どもも、そわそわして既婚者も含め「ちんころじー」と戦っていたと思う

オナゴとは同じ社宅だったため、同年代の若者も含めて仲良くなっていき、その中でもオジサンは一歩ぐらいリードして、それなりのお膳立ても整っており、告白してもおかしくないシチュエーションだったとは思う。

あとはオナゴの気持ち次第だったが、地方出身で天真爛漫でサバサバした性格のオナゴがオジサンを恋愛対象としてみてるかどうかの確証は得られなかった

ただ、人間は自分に都合のいいように解釈する生き物でオナゴもオジサンに好意を持っていれば運命の出会いとなるのになと妄想していた。

4月から6月にかけ、寝ても覚めてもそのオナゴのことを考える日が続き、オナゴはオジサンのことをどう思っているのだろうと悶々として己のエゴと自己中心さと執着を嫌というほど感じさせられた時期であった。

やがて、夏が来てそのオナゴと2人きりになれる絶好の機会が現れたのだが、まだ若かったオジサンは今も日々研究し続けている恋愛テクニックなど全く身につけておらず、ただ勢いに任せて酒の勢いでオナゴを抱き寄せるという暴挙に出てしまった(そうすることが最善と勘違いしていた)

オナゴはびっくりしたようで、オジサンから逃げるように帰っていき、残されたオジサンは茫然自失であった


そう、オナゴがオジサンに対して恋愛感情は無かったことを思い知らされオジサンの恋は終わったのであった

オナゴはすごく気を使ってくれ、その後何もなかったかのようにオジサンに接してくれたのだが、自己嫌悪の日々が続く中、数ヵ月後にはオジサンの転勤が決まりどこか救われた気になったオジサンはオナゴとは離れ離れになった。。

それから20年近く経って、街で見ず知らずの若いオナゴにも一応声をかけれるようになった今思い返すと、オジサンそのオナゴにものすごく執着していたなと思う。
(転勤後もしばらくはずっと引きずっていた。)
世の中の半分は女であり、もっと良い女もいっぱいいたはずなのに、職場でしか出会いのないオジサンはそのオナゴが全てだと思い込んでいたのだ。。

なぜ、こんな話をしているかというと今度職場の研修会でそのオナゴと20年ぶりに再会することとなったからだ
あれからオジサンもオナゴも結婚して子供もいてもう40代である。
20代前半で輝きまくっていたオナゴは果たしてどのような見た目になっているであろうか。
オジサンもあの頃からは髪が薄くなり腹も出てきた。

オジサンは結婚もして、ナンパもできるようになって未だに20代のオナゴの尻を追いかけている今では笑い話的に昇華できて再会を喜べるようになっており、人妻のオナゴにどうこうできる立場ではないが、人生というのはドラマチックにできているなと感じさせられる

ナンパをしている日は1日で何回もそれも数分で失恋を繰り返していることになるが(笑)、今は久々に感傷的になっているオジサンであった

00_PP61_PP_TP_V.jpg
posted by しんさく at 19:17 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

やはり重要、会話について5

今月は体育の日が土日に重なり3連休があったが、今年もおじさんは故郷である関西に家族を連れ旅行をしてきたぞー

金曜の午後に家を出たのだが、10月だというのにまだまだ暑い。。
ただ、列車で弁当を食べていると旅行気分で楽しくなってくるし、昨年もそうであったが、京都から奈良方面に電車で向かうのどかな景色が車窓から見えてくると、せちがらい都会生活ですさんだ心も癒されるな
奈良駅はゴミゴミしたビジネス街と違って観光メインの都市で、昔の家屋と寺院やらが共存していて昔ながらのゆったりとした時間が流れている感じであった


ならまち.JPG



こちら南都七大寺の1つに数えられ世界遺産にもなっている元興寺

がんこうじ.JPG

にわ.JPG


こちらなんと飛鳥時代から残っている瓦だそうである

かわら.JPG


鹿の親子にも癒されながら、リフレッシュできたオジサン

シカ.JPG

そして故郷では親と一緒に出かけたりもしたが、親の老いや体の衰えもつくづく感じさせられ、オジサンもそろそろ心の準備をしておかなければいけないなーと思った。

さて、今月後半のかみさんの里帰りに向け、オジサン準備に余念がない

今回も会話の勉強、続きの「からかい」についてである。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会話術「からかう」 その1

「からかう」ことは、非常に重要な恋愛心理学のテクニックです。
モテる会話術の中でも、「からかう」ことは、特に重要であると言えます。
恋愛においては、女性に優しくしたり、ほめたりするだけではダメなのです。
普通の男性は女性には優しくするべきだ、という認識が強すぎて、誰もかれも皆、女性に優しくしてしまうのです(特に美人に対して)。
すると、女性にとってはどの男も同じに見えてしまうのです。
「イイ人なんだけど、付き合うのはちょっと・・・・」と言われてしまう原因は、ここにあるのです。
そのため、「ほめる・優しくする」だけでなく、「からかう」が必要になるのです。

女性を「からかう」ことができるかどうかが、モテる男と、モテない男の一番の違いと言っても過言ではありません。

モテる男は、「女性のからかい方」が本当に上手いです。
女性経験に乏しい人は、女性から嫌われないようにしよう、嫌われないようにしよう、として、過度に女性のご機嫌取りばかりしてしまいます。
その結果、女性心理はあなたを格下の雑魚な男とみなすのです。

女性はからかわれることで、あなたを他の男とは違う格上の男に感じるのです。

ほめる男はいくらでもいますが、からかってくる男はほとんどいません。
からかうことは、女性心理には表面上、気に入られようとしているようには思われません。
モテる男のマインドのところにも書きましたが、からかうことで他の男と違う、と思わせることができるのです。

会話術「からかう」 その2
女性をからかう方法は、女性の外見、発言、性格などで、女性自身をからかう以外にも、

・女性からの質問に真面目に答えない

という方法があります。
女性からの質問に毎回、真面目に答えていては、面白くなく、女性の心理は揺さぶられません。
適度に、女性からの質問に真面目に答えないことで、からかいましょう。
例えば、定番の、「仕事なにしてるんですか?」という質問に対して、
に対しては、

「してるわけないじゃん、そんなの(笑)」

「昨日、リストラされてさ・・・」

といった感じでウィットの効いた返しをしてください。
このような、ふざけた回答を適度に入れて、女性をからかいましょう。

以下、からかう会話術を使用する際の注意点を解説していきます。

・からかいっ放しにはしない

注意点としては、からかいっ放しにはしない、ということがあります。
からかうだけでなく、優しい言葉をかけてあげたりして、フォローを入れてあげることが大切です。
例えば相手が「最近転んだ」という話しをしたとします。

「昨日ね、雨降ってて転んじゃったんだ」

「ドジそうだもんね(笑)(軽い感じで)」

「ひどーい

「でも、怪我してなくて良かったよ」(真面目な感じで)

のような感じです。
「ほめる」+「からかう」をセットで行うことで、下心を悟られず、女性の気を引くことができるのです。
ある程度会話をコンスタントに盛り上げられる力がつくまでは、「ほめる」+「からかう」を常にセットで使うようにすると、安全です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

前回紹介した、オナゴと話すときのオジサンの会話テンプレートであるが、そこにも「からかう」そして「持ち上げる」という要素は取り入れている
一例を挙げると

「でも、○○って無駄にカワイイよね。」
「何よ無駄って(笑)」
「いや違うなカワイイじゃないな。俺の好みだな。」

といったものがある。
また、

「例えば、北川景子とアンジェリーナジョリーとどちらかの顔になれるとしたらどっちが良い?」
「うーん、北川景子かな・・」
「そうなんだ、結構ずうずうしいよね」
「ひどーい(笑)」

という感じで、これを入れるとオナゴは「調子に乗った自分が恥ずかしい」と思うと同時に、場の雰囲気が砕けたものになり一気にオジサンとの距離が縮まることを実感している・・

この後さらに

「じゃあ、もっと失礼なこと言っていい?俺が好きだって言ったら怒る?じゃあ、お前のこと勝手に好きでいて良いかな?」

というセリフを続ければ、ギラつきにも使えるしキスに持っていくことも可能では?と考える
次回で会話についての内容は一旦終わりとするがオジサンの勉強はまだまだ続く

to be continue
PASONA_32_TP_V.jpg
posted by しんさく at 17:09 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

やはり重要、会話について4

10月に入っても暑い日やどんよりした天気が続き、秋晴れは来るのだろうかという感じだが、ここへ来てオジサンに運が回ってきた

何とかみさんが里帰りしそうで、出撃したりキャバクラで会話の練習をしたりできるチャンスが到来でオジサンの心は秋晴れである
ブログのタイトルとは裏腹に出撃は2ヶ月ぶりとなりそうだが、時間を取って力を入れていこう

さて、本日も会話の勉強の続きであるが、「ほめる」ことの重要性である。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会話術「ほめる」 その1

ほめられて嫌な気分になる人は少ないでしょう。
男女問わず、人間というものは基本的にほめられれば心理的に嬉しいもので、ほめることは重要な会話術です。
女性をほめることは、相手を良い気分にさせることができるため、非常に重要です。
しかし、ほめ方にもコツがあります。ほめるのが効果的だからといって、ひたすらにほめ続けてはダメです。
単純に「かわいいね〜」などと言ってほめてばかりだと、自分にこびを売って、付き合おうとしているだけだと思われてしまいます。
そう思われないために、ほめ方の女性にモテる会話術を紹介しましょう。
まず、ほめる際には、下心が見えないようにほめることが大事です。
いやらしくニヤニヤ笑いながらほめたり、照れながらほめたりすると、気を引こうとしていることばれてしまいます。
恥ずかしがらずに、真面目な顔つきでビシッと男らしくほめましょう。
これが、基本です
男性でビシッとほめることができる人は(特に日本人では)あまりいないので、これができるだけで女性心理に好印象を与えることができます。
「気を引くためにほめたのではなく、本当に関心してほめた」という印象を与えることができるからです。

他の男がほめないところをほめるのも大切です。
他の男がほめないようなところについては、例えば、外見的にスタイルが良い女性は、「スタイルいいね」、とほめられ慣れているので、そこをほめても効果は薄いです。
そのような美人には逆に「気が利くね」などの内面をほめる言葉が、普段言われていないので非常に効果的で、かなり女性心理グッときます
このように、他の男がほめないようなところを女性を観察して見つけだし、ほめることが大切です。
他の男がほめないところをほめるのに関連して、「限定してほめる」ということが効果的です。
限定してほめるとは、例えば、

「目の白目がきれいだね」(部位の限定)
「くるぶしがきれいだね」(部位の限定)
「笑った時はかわいいね」(状況の限定)
「左ななめ30度からみると、めっちゃ美人だよ」(状況の限定)

などです。
このようなほめ方をすると、好意があるのか、ないのかよく分からない感じで、好意を伝えることができます。
このような曖昧な好意の表現は、本格的に恋愛関係を進める上での良い布石になります。
からかいの要素が生まれて、女性が「何それ〜?」という反応になって会話がかなり盛り上がります

会話術「ほめる」 その2

変わった表現でほめるのも、効果的です。

「シャー芯みたいに細くてスタイルいいね」(例え)

とか、

「想像を絶するほど気が利くね」(形容詞)

とかです。

これらのほめ方は、ほめる同時に、相手をからかう効果や、ユーモアを与える効果もあるのでお勧めです。
上記のような表現は、どの女性に対しても、高確率で笑いを引き出せると思います。
他の男がしないような表現でほめる際は、二つのコツがあります。

「例え」と「形容詞」です。

ほめる言葉を、普通ではない「例え」や「形容詞」で修飾することで、女性心理に他の男とは違うと思わせることができます。
理由を付けて具体的にほめることも、女性をほめる時に有効です。
簡単な例を挙げると、

1.「目がきれいだね」→「黒目が大きくて、目がきれいだね」

2.「スタイルいいよね」→「自己管理がしっかりできるから、スタイルがいいんだよね」

のような感じで、そのままほめるのではなく、理由を付けて具体的にほめるのが女性にモテる会話術として有効です。
特に、2の例にように、外見を直接ほめるのではく、その外見を保つために努力しているという内面のことに置き換えてほめるのはかなり有効です。
これは特に、外見をほめられ慣れている可能性の高い美人に対して有効です。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
          以上

以前、仁科友里氏の著書「確実にモテる世界一シンプルなホメる技術」が秀逸であると紹介したが
http://myozin4000.seesaa.net/article/441176863.html
その本の中でも「ほめろじー」なる理論・テクニックを紹介されており、オジサンなりに要約すると

・女性が嫌なのは男性から「雑な扱い」や「無関心」をされたときである
・よって、出会ってすぐの段階でできるだけほめて女性を上機嫌にするべきである
・外見、内面をひととおり褒めるのは女性への挨拶のようなものである
・他の男を押しのけてものにするには、ほめてほめてほめ倒すぐらいの気概がないといけない
・わがまま、八つ当たりもすべてかわいいと受け止める

ということである。
先日の食事会でもそうだが、オジサンはストリートにしろキャバに行くにしろ、何らかの会話ネタとして
会話テンプレートなるものをいつも準備している。
その中でも、やはり褒めの項目は重要視しており、それなりの割合を占めている。
一例を挙げると

(最初に)
・今日は暑いよね〜暑い中来てくれてありがとう。

(内面褒め)
・実はO型じゃない?
 優しいし、話しやすいし
 すごく話しやすいけど、もしかして弟か妹いない?
 優しくて面倒見よさそうだから

(外見褒め)
・持ち物に対し「それ、かわいいね」「似合っているね」
・きれいな指してるよね!何か特別なことしてるの?
・すっごい肌キレイだよね。もしかして特別なケアしてるの?
・髪の色可愛いし似合ってる!何か特別なコツがあるの?
・忙しいのに、ちゃんとしていて偉いね
・細かいところまで気を抜かないんだね
・そうやってこだわっているから可愛いんだね

などなど・・
褒めるとは、女の手間を理解すること(忙しい中、お洒落して化粧して来てくれてありがとう)であり、貯蓄型保険に加入する(褒め続けて安心・信頼を積み重ねること)ようなものであるのかもしれない。

そして「褒め」を使いこなしつつも、次回紹介する「からかい」の要素も重要で、女性の感情を上げたり下げたり揺さぶらし続けないといけない

オジサンの勉強はまだまだ続く

to be continue

yuka0I9A1561_6_TP_V.jpg












posted by しんさく at 13:21 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする