2016年11月28日

北陸での体験(旅立ち編)


39度近くの熱から、無事生還したオジサンであったが、風邪をひくと自分の体の弱い部分に強く影響が出るせいか1年ぶりのギックリ腰を発症してしまった

立つのに5分かかったり、顔を洗うのにしゃがめなかったり、座ったままの状態でトイレから出れなくなったり、とにかく情けなく本当に辛い・・(><)

発症したのが土曜日であったため、週末寝て過ごせたおかげで、月曜から出勤はできたが、まだまだ予断を許さない。

前回も書いたがこれからの師走に向け、オナゴ関係にもアクションを起こせるように体調管理をしっかりしていこう。

さて、そんなこんなで特に新たな動きはできないため、今回は、約10年前のオジサンの体験談でも書こうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

独身生活も長く、もう30代も終わろうとしていた時期で、それまでナンパをする勇気のなかったオジサンだが、嫁さんを見つけるべく、ようやく一念発起して某Fナンパ塾へ通いだし、そこで、これまで会ったこともないような恋愛講師の講義を受けるようになり、少しずつだがオナゴへの意識革命を起こし始めたオジサン。

そして、その塾や今は無きナンパ仲間募集掲示板で同じようにオナゴにモテずに苦しんでいる野郎たちという仲間ができ、情報交換をしながら成長していた頃であったが、さあ、これから都会で本格的にナンパに取組んで行こうと思っていた矢先にオジサンの会社から地方転勤の命が下された

場所はなんと日本海に面する北陸地方のN県!

N県への予備知識が全くない状況であり、都会ではナンパターゲットやナンパ仲間には困らない環境だったのが、地方へ行ってどこでナンパすればいいのか?果たして獲物はいるのか?と不安の日々であったが、某F塾のナンパ講師に相談したところ

「お酒は美味しいし、女性は綺麗ですれていなくて最高の環境じゃないですか

と言われ、少し勇気が出てきたオジサンは、新たな新天地で頑張るべく、東京駅から新幹線に乗ってN県へ乗り込んだのであった

3月も終わろうとしていた時に、初めて降り立った職場は本当に田んぼの真ん中にそびえたつ建物で、都会暮らしが多かったオジサンにとってついにこのような場所へたどりついたか・・というような寂しい心境であった

さらにオジサンの住むこととなった社宅は最寄駅から車で10分程度かかる場所で、バスも出ていなくて、これは早々に車を買わなければいけないなと思い知らされた。

幸い、知り合いの後輩が先に転勤していたため、後輩に連れられていろいろ案内をしてもらい、引っ越しも無事済ませることができたのであった。

最寄り駅には比較的大きなマイカルイオンがあり、早速リサーチに行ったところ、店もそれなりにそろっていて映画鑑賞もできたが、人は少なく物悲しさが漂う。

しかし、そこにいる中高生のオナゴは都会のオナゴに勝るとも劣らないぐらいの綺麗な逸材が転がっており、地方の割には洗練された感じがしてナンパ講師の言うことは間違いではないなと感じさせられた

引っ越しが終わって初出勤日までに休みが1日あったため、N県の県庁所在地でオナゴの様子を伺おうと思い立ったオジサンであった。
(オジサンの頭の中には仕事のことなど1%も無く、とにかく、「オナゴ」、「オナゴ」、「オナゴ」とオナゴのことばかり考えており、盛りのついた犬のような状態であった。)

次回に続く・・・・

0I9A6524ISUMI_TP_V.jpg
posted by しんさく at 14:40 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする