2017年01月30日

前提が大事

早いもので平成29年ももう1ヶ月が経とうとしている

オジサンの職場の仕事も取りあえずひと山目を越えて、次のふた山目を越える前の谷間のような感じで少し落ち着いてきたかなという感じである

また、近々かみさんの里帰りも待っており、オジサンのパラダイスウィークがやってくる

オジサンはかみさんが居ぬ間に、前回載せた同じ会社のアラフォー独身女性とハイスペックオナゴに声をかけ
てみようかと思っている。

そして、かなりお休みしていた出撃もしつつ、キャバクラ修行も同時並行していきたいと企むオジサンであった

さて、今回も恋愛マスターより非常に役立つ内容のレクチャーメールが届いた!

この内容はハイスペックオナゴ対策にもかなり役立つタイムリーなものだと感じているオジサンである。

以下、メール本文

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
狙っている女性に対して、

「僕はあなたとエッ●がしたいです」

と正直にいったら、女性と連絡が取れなくなったという男性から相談を受けました。

逆にスガスガしくて思わず笑ってしまったのですが、さて、このセリフの何がいけなかったのか?

ここには、とても重要な問題が含まれています。

まず、大前提としておさえて欲しいのは、

「僕はあなたとエッ●がしたい」

という意思表示には決定的に欠けているものがあるという事です。

一方で、誤解して欲しくないのですが、この意思表示は、たしかにどこかの段階でしないとダメです。

この意思を隠したまま、突然に「ガバっ!」って襲うのは怖すぎますし、この意思を伝えないから、

「どうやってせっ○スに持ち込めば良いのか分からない」

という状況が生まれます。

なので、実は、けっこうおしいです。

あと一歩。

決定的に欠けているものがあります。

それは、

・せっ○スがしたい理由

です。
説明のため、あえて極論をいいますが、

「僕はあなたとエッ●がしたい」

だけだと、どこまでいってもぶっ飛ばされます(笑)  が、

「あなたが好きだから、あなたが好きで好きでたまらないから、あなたを愛しているから

「だから」

「僕はあなたとエッ●がしたいです」

だと、

タイミングさえ間違わなければめちゃくちゃ喜ばれます。

この差は決定的です。

結局のところ、男と女ってのは、せっ○スで成り立つような一面がありますので、どこかのタイミングで必ず、

「僕はあなたとエッ●がしたいです」

って、伝えないとダメなんですよ。

でも、そこには

・好きだから

という理由が必要なんです。
男っていう生き物は、別に女性を愛してはいなくても、性的な欲望を感じられてしまいます。
女性の人格とか無関係に、顔と体さえ好みなら、抱けてしまうのが男です。
女性を、

・単なる性の対象

として扱えてしまうのが男という生き物です。
そして女性は、その事実をよく知っています。
知ったうえで、一般的に、多くの女性は

・単なる性の対象

だと、納得できません。

自分を納得させるだけの

「私の心も含めた存在を求めているからだよね?」

が必要です。

なので、

例えば、週に3回はせっ○スしていたカップルが、週に1回とか、やがてそれが、月に1回とか、せっ○スの回数が減っていくときに、

女性は、たまらなく不安を感じてしまいます。

「あれ。もう、私に対する気持ちが冷めてしまったのでは?」

って。せっ○スと心が直結しているぶん、

せっ○スの減少=心の減少

と考えることがあるんです。
また仮に、その場限りの一瞬の恋であっても、男女の友達の間に起こる、疑似的な恋愛っぽいものであっても、あるいは、女性だって、本当は、目の前の男性が自分を愛してなんかいないんだ、って分かっていたとしても、それでも、女性にとっては、単なる欲望のはけ口ではない、という納得感が必要です。ですので、
女性を口説くというのは、

・あなたのことが好きだからせっ○スがしたいんだ

・体だけが目当てじゃあないんだ

という意思を、あの手この手で、受け入れさせる作業である、と言えます。なかなかね、

・あなたのことが好きだから

って、信じさせ、受け入れさせるのって難しいんですよ。いくら、

「おまえが好きだ」

って言ってみても、それを伝えるタイミングがあまりにも早かったら、

「でもあなた、私とほとんど 話したことないじゃん。それで『好き』って、絶対にそれ、勘違いだよね」

とか、

「私の何を知っているの?私の外見が好きなだけでしょ?本当の私を知らないじゃん」

とか。

「体が目当てなんじゃないの?」

とか。

男がフラれる8割くらいは、そのパターンな気がします。

実際、その女性の内面を何一つ理解せず、また、理解するつもりもなく、自分に都合の良い幻想を押し付けたまま、

「好きで好きでたまらない」

って言っている男性が多すぎますので。

女性からすると、

「本当の私ではない」

「社交用の顔」

だけを見て、

「好きです」

って言われても、その「社交用」の仮面を今後もずっとかぶり続けなければならないのか、って思うと、それだけでうんざりです。
その『好き』は私の外見と、私の社交用の笑顔に対する『好き』であって、そんなもの、知人関係だから、押し通せるが、プライベートまでは無理だし、うっかり、違う一面とか見せようものなら、絶対に、

ガッカリされるか、

コントロールしようとされるか、

性格に文句を言われるか、

そんなの目に見えているし、なら、そういう面倒なことになる前に、この男とは、距離を置いたほうがよいな…

と。

要するに、あなたの『好き』が信じられていないし、受け入れられていない。納得されていない。

『好き』をちゃんと伝えるって凄く難しいんですよ。


逆にいえばですね、例えば、カップルなんかで

「せっ○スしたいな」

というセリフだけで相手が喜ぶのは、このセリフには表れていないだけで、女性にしてみれば、暗黙の了解として、

「(君のことを愛しているから)せっ○スしたいな」

だし、付き合っていなくても、盛り上がった2人が、

「じゃあ、移動しようか」

でホテルまで行けるのは、

(君のことが好きだからもっと君を知りたいし、もっと君と深い関係になりたいし、もっと君と一緒にいたいし、)

・だから

「じゃあ、(ホテルまで)移動しようか」

なんです。

「じゃあ、移動しようか」

の一言には、これだけの要素が詰まっていて、これだけの要素をまるごと理解させるような『文脈』をそれまでに作っているから、女性は、あなたを受け入れるんです。納得感の問題ですね。



で、女性心理のこの部分の話をよく理解できていると、逆に、女性が気になる男性に抱かれたがる理由も分かってきます。
それはつまり、仮にこちらが、相手の女性を性の対象としか思っていなくとも、女性としては、

抱いてもらった=好きになってもらった

えっちしてもらえた=女として認めてもらえた

と、

頭のどこかでは、それが勘違いだと分かっていたとしても、それでも、そういう幻想に酔っぱらってみたくなることも、あったりするからです。
こういう、根っこの部分を知っておいてください。
                                    以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


さすが恋愛マスター!あらためて「なるほどなー」と考えさせられる話である

前回のハイスペックオナゴとの対戦ではこちらの好意も伝えず、敬語を使い、ただやりたいだけで距離が近づかないオジサンの完全敗北であった
http://myozin4000.seesaa.net/article/436235680.html

うまくやるためには

・いかに男女の艶っぽい会話をして、そしてこちらの好意を伝えるか。

・そして、それはどれだけ自然な流れで伝えられるか。

が大事であると考える。

まずは、好意を伝えることである。
前回の対戦で、好意自体は伝えることは伝えていたが

・●●さん、前に会った時より何だか雰囲気が良くなった

・●●さんは今のままで十分素敵だから

という位までにとどまり、安全圏からの攻撃でインパクトを与えることができずに疲労困憊で家路についた。

レクチャーメールにもあるとおり、やりたいなら次回は

・●●さんのことが好きです

と言わなければいけないだろう

しかし、当たり障りのない会話から敬語を使って告白してもドン引きされるだけである。

レクチャーメールにもあるとおり、やはり前提、そして自然な流れが大事なのだ。。
(男の方がオナゴとやるために事前にいかに計算をしつくしていたとしても、自然の流れでそうなったと思わせる雰囲気作り)

実際は練りに練った戦略とセリフであっても自然な流れで好意を伝えていこう
オジサンが今考えている概要をざっと話すと

1 オナゴを褒める

2 オナゴに共感する

3 コールドリーディングを使う

4 艶っぽい会話をするため恋愛やセックスに関する話を理知的に話す

5 相手にを告白する (でも俺が勝手に好きになっているだけだから見返りは求めないと伝える)

6 相手の反応を見て行けそうならスキンシップに進む!

まずは、いかに自然な流れで5につなげることができるかが重要となってくる。

たとえうまくいかなかったとしても失うものは何もない。むしろ失敗は成功の母として得るものの方が大きい

テクニックの成果を試しつつ改良を重ねながら、日々進化していくのだ

SAYA0I9A8798_TP_V.jpg
posted by しんさく at 12:53 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

腹を凹ますために

1月も後半戦に入り、オジサンの職場の仕事もピークを迎えてきた。
この山を乗り越えれば、2月は少し落ち着くかなと勝手に考えているのだが

オジサン妻子持ちながら同じ会社のアラフォー独身女性から今度食事に行きましょう♪と再三誘われている
このオナゴは容姿的には石田ゆり子似のキレイ目なのだが、いかんせん自己主張が強く気が強いので、一発やると面倒くさそうでオジサンはやんわりと誘いをかわしている。
まあ、今後の女心の勉強や店の新規開拓として利用するために、1回ぐらい飯でも食いに行くかという感じである。(万が一誘われたら「おおきに」といただくかもしれないが

さて、前回前々回とブログで、ダイエット関係の記事を書いているが、
今日の記事は、いよいよ今年の抱負でもある「腹を凹ます」についてである。

「パレオな男」の記事では、まず腹筋を割るための前提として

・割れた腹筋を作るには腹筋運動だけをしてもムダなので、絶対にカロリー制限が必要

・目標の体脂肪率は10%以下(女性は15%以下)。これぐらい体脂肪を減らせば、ちゃんと腹筋が見えてくるはず。(まずはウェストを減らすこと。体脂肪率10%以下というのは、まだ先の目標だな)

・現在の体脂肪が15%以上(女性は20%以上)の人は、腹筋を割るよりも、まずは(人工甘味料、加工物をやめる)食事報酬のレベルを減らして自然に痩せることを優先されたし

とのことである。オジサンも以前は誤解していたのだが、

・腹筋を厳しく鍛えると腹周りの脂肪が溶け出し、ウェストが細くなっていく

などの誤解があると、いつまでたっても腹を凹ますことにつながっていかない。そう

・割れた腹筋を作るのに腹筋運動は必要ない

という事実がまずはあるのだ
それを考えると、以前にオジサンも買いかけた「倒れるだけで腹筋ワンダーコア♪」などというトレーニング器具の利用がいかに遠回りであるかに気付く
(爽やかな剛力彩芽の笑顔にだまされることろであったぞー

そして、オススメする食事法として、

・加工食品はいっさい食べない
・緑黄色野菜を食いまくる
・脱水状態には気をつける
・断食をする

といったことが挙げられている。
まぁ、そりゃあ断食をすればカロリーが減るから、体脂肪も減って当然なんじゃない?と思われるが有名ボディビルダーであるトム・ベニュートの「Burn the Fat, Feed the Muscle」によれば、プチ断食には、腹まわりのしつこい脂肪をそぎ落とすちゃんとした理由があるらしい

ざっくり言うと、そもそも腹まわりの脂肪(特に下っ腹)は脂肪が分解されにくいんだそうで。
このエリアはアドレナリンの受け皿が少なく、脂肪をとかすHSL(ホルモン感受性リパーゼ)が活性しないとのこと。

と、ここで登場するのがプチ断食で、一定の期間だけカロリーを絶つと、びっくりした体はアドレナリンや
ドーパミンといったストレスホルモンを出すらしい。
これらのホルモンが血液に乗って腹まわりまで行くと、HSLが活性化して脂肪の分解が進むというのだ。

まとめると、

1.プチ断食でアドレナリンが出る

2.全身の血流が良くなり下っ腹にアドレナリンが達する

3.HSLが活性化する

4.しつこい脂肪が燃える

といった感じらしい。
この作用は、だいたい食事をストップしてから12〜18時間で理想的な状態に達するとのことで、およそ16時間の断食をくり返せば良いとのこと。

そんなわけで、オジサンは腹まわりのしつこい脂肪を減らすため

・毎週2回は13時から翌朝8時までの19時間のプチ断食を実行する

・断食中は水、お茶、コーヒーのみを原則とするが、筋肉量が落ちるのも困るのでしばらくは、プロテインは摂る

といった取組みをしたいと思う。。

今後のオナゴとの対戦等に備え、身だしなみを含めた見た目(肉体改造含)には気を使って行きたいオジサンであった

161117105854YUKA9V9A7603-thumb-autox1600-28726.jpg
posted by しんさく at 10:47 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

最も楽な?タンパク質ダイエット

かなり寒くなってきたが、職場でも風邪やインフルエンザに罹る人が続出しており、オジサンもビクビクしている

オジサンは11月に風邪にかかって苦しんで抗体ができているせいか、何とか耐え忍んでいるが、仕事が山場のこの時期、気をつけなければいけない。


11月に苦しんだブログ記事↓

http://myozin4000.seesaa.net/article/443941624.html


この時期を乗り越えれば、2月に少しは落ち着いてかみさんの里帰りもあり、パラダイスがやってくるでな

さて、前回のブログで「パレオな男」を紹介し、ダイエット関係の記事を書いたが、今日はその続きでタンパク質(プロテイン)ダイエットである。

タンパク質ダイエットに関する「パレオな男」の記事の内容をまとめると

・とにかく体重を落としたいだけなら、毎日のタンパク質の摂取量をカウントするのが一番ラクなんじゃないかい?

・タンパク質(プロテイン)を取る以外は特に禁止の食材はなく、糖質もカロリーも気にしなくてOKというダイエット法である

というのだ。

そして、その理由として、

・タンパク質の食欲抑制効果が凄い
 → タンパク質が食欲をおさえてくれるのは間違いなく、有名な論文では、日常のタンパク質の摂取量を15%  から30%に増やすだけで「顕著な体重の減少が見られた」との報告が出ているらしい。
 (プロテインパウダーだけでも十分に体重を減らす効果があるらしい)

・タンパク質だけに気を配るほうがストレスが少ない
 → 糖質制限食やパレオダイエットは効果的だが、とにかく禁止事項が多いのが難点。
   特に糖質が好きなかたは、最初の数週間は禁断症状に悩むことが多いと言われている。
   その点、タンパク質をカウントするだけなら炭水化物を食べてもOKなので、ストレス食いに発展する
   確率が少なくなるはず。

といったところ。要は、

タンパク質を増やす → 食欲が押さえられる → 全体の糖質摂取量も減る →痩せる!

という仕組みらしいのだ。

実はオジサンこれまでプロテインを口にしたことが無かった。

これまでスポーツジムに通っていたことはあったが、プロテインを飲むのはボディビルダー等のナルシストがやることという偏見があったのだ。
しかし、前回のセットポイント理論や加工物を摂らないなど、きちんと理屈づけられた説明を理解すればプロテインを飲むことも抵抗が無くなる。

そこでオジサンはコンビニや薬局に走り、早速いろいろなプロテインを揃えてみたぞ

市販のやつはバニラ、チョコ、ココア、レモンと色々な味があるので、自分に合った味を選べば良いかと思う。

ケチなオジサンはホエイープロテインという徳用サイズのプロテインを飲むことにしたが、確かに食欲が押さえられる効果が感じられる

そして、ここ最近は長年続けていた風呂上がりのジュースや仕事中のチョコ食いや外食での大盛り注文がしなくても済む体になっており驚いている。。

前回も書いた

・清涼飲料水を飲まずお茶や水を飲む

・朝の菓子パンや食パン(マーガリン含む)を止めて全粒粉のパンとオリーブオイルにする

・チョコを止めて、甘栗、レーズン、ドライフルーツ(砂糖少)、ナッツをおやつにする

・マックのハンバーガなどジャンクフード、加工食品をできるだけ食べない

・できるだけ味付けの薄い、だしの効いた料理を摂るようにする。

といった取組みに、

・プロテインを毎日取る。

という項目もつけ加え、ダイエットの苦しみを紛れさせつつ効果的に進めていくこととしたい

そして、腹を凹ませるため、さらに上のステージに行くための取組みを次回載せることとしよう!

この5年間、様々なダイエットに挑戦、失敗を繰り返してきたオジサンだが、苦しみが少なく頭で理解して体に覚えさせるこのパレオダイエットが果たしてどれほどのものなのか?

メタボなアラフィフオジサンの体を使った人体実験するつもりで今後の経過について報告していこうと思う

YUKA9V9A8732-thumb-autox1600-28361.jpg
posted by しんさく at 12:16 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

パレオな男

年も明けて10日近く経つが、正月気分もすっかり吹っ飛んで日々の仕事に追われるオジサン

前回のブログで今年の抱負を「腹を凹ます」と書いたが、オジサンがそんな風に決意したのはあるブログを読んだからである

そのブログは「パレオな男」という題名でアラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログである。

http://yuchrszk.blogspot.jp/


内容としては食事、睡眠、運動、健康とアンチエイジングに関する記事が書かれているのだが。このブログの最大の特徴は、記事の内容が全て、

「最新の論文を根拠にしている」

ことである。

これは非常に説得力がありそれでいて、文章は固くなく、読みやすい内容となっている

その中でダイエットに関する新しい気づきがあったので、詳細を知りたい方はブログを見ていただくとして、ブログの内容でオジサンなりに簡単にまとめたものを紹介すると


・長期にわたって摂取カロリーを減らすと体は脂肪を貯めやすくなる
 →オジサンもこれまで何回ダイエットをやってもまた元の体重に戻っている(リバウンドの原因)

・しかしながら、そもそも本来人間は太らないようにできていて、自然にやせた状態をキープできるはずなのである。
 (中年になると代謝も悪くなり厳しいと思っていたがこれは新たな発見であった!)

・その健康的でスリムな体型・体重を維持しようとするしくみを「セットポイント」という
 (健康的でスリムな体型・体重となる地点という意味か?)

・ではなぜセットポイントが乱れる(上がる)かであるが、それは現代人の食事やリズムも含めた生活が乱れているからである。

それでは具体的にセットポイントが上がる原因だが

 @加工食品、ジャンクフード、人工甘味料の摂りすぎ
  (ハム、サラミ、ソーセージ、ベーコン含む)

 A別腹、バイキング

 B睡眠不足

 Cトランス脂肪酸の摂取

 D過食 → インスリンの増大

 Eカロリー制限 → 代謝、筋肉の低下

 F栄養不足 → 過度の糖質制限、ベジタリアン

 G座りすぎ → デスクワーク、運動不足

というのである。

メタボのオジサンにとっては耳の痛くなるような内容ばかりである。

逆にこれらの要素を一つ一つ取り除いていけば、セットポイントに近づくということなので、これらの原因をできるだけ発生しないようにするため、オジサンが先月より取り組んでいるのが、

・清涼飲料水を飲まずお茶や水を飲む

・朝の菓子パンや食パン(マーガリン含む)を止めて全粒粉のパンとオリーブオイルにする

・チョコを止めて、甘栗、レーズン、ドライフルーツ(砂糖少)、ナッツをおやつにする

・マックのハンバーガなどジャンクフード、加工食品をできるだけ食べない

・できるだけ味付けの薄い、だしの効いた料理を摂るようにする。

である。
これらの取り組みで体重はさほど変わらないものの、カロリーメイトダイエット、ハンバーガーダイエットがいかに体に悪く効果が上がらなかったかに気付くことができ意識改革がなされた。

そして、これらに加え、さらにオジサンが取組んでいる事項について次回の記事で掲載したい。

何だかナンパブログではなく健康オタクブログになってきている気がするが、ダイエット・アンチエイジングの話題はオナゴとの会話でオールマイティに盛り上がり役立つことと思われる

さらに、最近気づいたのだが、統計的なデータを示すと人は耳を傾ける気になることから、オナゴとの関係を深めるために恋愛の話題をする時にも、このブログのように統計的なデータやウンチクをからませて話すとネタが尽きずに有効と考える

もちろん、ナンパで成功(性交)率をあげるためにも見た目は大事であり、中年オジサンにとっては腹を凹ませることは非常に重要になってくるとは思うので、この話題についてはしばし我慢してお付き合いいただきたい
(オジサンが行っていたFナンパ塾の塾長は服を着てても隠せないほどのタイコ腹で、ナンパの実績についてももともと怪しいものがあったが、師事を仰ぎながらも自分がオナゴだったらこの人には抱かれたくないな〜と常々思っていたからな

PASONA160306470I9A2061_TP_V.jpg


posted by しんさく at 11:24 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2017年

あけましておめでとうございます

平成29年がやってきた!

平成に入って29年も経つとは歳月の流れの速さを感じる。

オジサンなかなか新規ゲットができないでいるが、オナゴ関係に関しては手を変え品を変え試行錯誤しながら、さらに邁進していく所存である

オジサンの会社は4日から始業で、今日から働いているが満員電車にゆられ、忙しい職場に放り込まれると正月気分もすっ飛んでしまう。。。

年末年始は6日間家族とゆっくり?過ごしたが、1年の疲れがドッと出たのか、寝ても寝ても正月明けまで体がだるく、体のどこかで痛みを感じる年になったのだなとつくづく感じる

それでも出勤のストレスがないせいか、風邪も回復し元気も出てきたぞー

オジサンの今年の抱負は「新規ゲット」に加え「腹を凹ます」である

それについては1月に実験的に試してみたいことがあるので次回のブログにでもまた載せよう。

それでは、本年もよろしくお願いします

KC150922207342-thumb-autox1600-20326.jpg
posted by しんさく at 13:04 | 神奈川 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする