2017年03月21日

社内不倫について1

年度末が近付きオジサンの会社の業務の忙しさはピークに達しつつある

さて、今回は昨今世間を騒がせている不倫報道がある中で、社内不倫について特に語ろうかと思う

それというのも以前、オジサンの職場のアラサー女子の部下と食事会をした記事を載せたが、

http://myozin4000.seesaa.net/article/442386078.html

最近その部下から仕事の悩みに関する相談を受け、相談に乗っているうちにオナゴは泣き出して、オジサンは慰めているうちに妙な雰囲気が芽生え一歩間違うと危うい関係になりかねないなーと感じたからである

「社内不倫」という言葉には、甘美な響きと、それ相応のリスクを思い起こさせるものがある

会社に関係しない不倫であれば「離婚」や「慰謝料」などがそのリスクとなるが、会社に関係した不倫はここに「異動」や「社内での孤立」、最悪の場合「退職」といったさらなるリスクが追加される。

昨今は特に、擁護する人はほぼ見られない。
擁護すれば「もしかしてこの人も」と疑われること必至だから、致し方ないところだろう。

しかし実際のところ、家族や友人、同僚など知り合いに1人も「不倫経験者」がいない、という人はなかなかいないのではないだろうか。
何かの記事で読んだがアンケートを取ったところ、知り合いに不倫経験者がいると答えた人は半数を超えたという。
不倫は、少なくとも現代日本においては道徳的観点からいって悪であるし、リスクを考えれば余程の思いがないと踏み切れるものではない。

しかし人間の恋心や性欲というものは「余程の思い」といって差し支えのない強い衝動であり、いとも簡単に不倫という高い壁を乗り越えさせてしまう

社内不倫という言葉には、「秘密の恋愛」といった甘美な響きや、「バレたらおしまい」といった破滅的なニュアンスを想起させ、破滅の可能性は恋愛や性交を盛り上げるスパイスとして作用する節もあり、「社内恋愛」の甘美さをさらに高めている

思うに、オジサンの会社でも社内不倫をしていると噂の社員は1割程度いるように思うし、退職は無いまでも不倫が原因で離婚に追い込まれた人間も何人か見ている。

一番衝撃的なのは、妻子もある管理職男性が10年近く職場不倫を続け、最終的にはその相手と添え遂げようと、家族を捨てて離婚をしたまでは良いものの、アラフォーになった不倫相手の女性がその男の子供を出産することになり、出産時の負担が大きかったのか、出産3日後に亡くなり、産まれた女の子をその男が今でも一人で養っているケースである。

10年近く裏切られた前妻の恨みがその男にのしかかったのでは?と思わざるを得ないが、その妻子があった男にとって、抗うことのできないほどの不倫の魅力があったのだろうなと思う。。

オジサンが相談に乗っているオナゴも取り立て可愛いという訳ではない、世間で言う「腐女子」であるが、弱っているオナゴを見るとオジサンはついつい同情心が芽生えて守ってやりたくなり、不道徳ではあるが性欲まで芽生えてくる

しかし、社内不倫の顛末がどうなるか、ネットに載っていたある実例を紹介しながら語りたいと思う。。

次回に続く・・・

TSU852_onimotu_TP_V.jpg


posted by しんさく at 13:39 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

オナゴのウソを見破る

3月に入り、かみさんが戻ってきて、オジサンのパラダイスウィークは終わった

まあ、1年中、風俗や飲み会に行きまくって過ごしていても、しがないサラリーマンのオジサンにとっては
貯蓄が無くなりキリギリスになるだけであるから、アリのように貯める時は貯めて、キリギリスのように遊ぶ時は遊ぶという感じでメリハリをつけて行こうと思う

ちょうど仕事も年度末の忙しい時期に入り、出撃もしている余裕がない時であるので今は体調(体重)管理に気を付けて無理しないでおこう。

さて、本日も恋愛マスターからのためになるレクチャーメールが来たので紹介しておこう

以下、メール本分

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1か月くらい前に、「狙っている女性から、『男として見ることが出来ない』って言われたんですが、この後どうすれば良いでしょうか?」という相談を貰いました。

で、その前後の状況をよ〜く、聞いた僕は、「ガンガン押してください。部屋に連れ込んで、押し倒しちゃってください」

と、アドバイスしました。

で、彼はそのアドバイスに従って、少し強引に押し倒しました。
ちゃんとセっ○スして、その後、その女性との関係は良好なままです。

オナゴを口説いていくと、時々、「あなたは良いお友達だけれども、男として見る事が出来ない」って言われる事があります。
大抵の男は、これを言われると気持ちが萎えてしまって、「ああ、結局オレってただの『いい人』なんだ……」
って感じで落ち込んで、そこで諦めるのですが。
これ、女の子の言葉を信用し過ぎです。

女の子は嘘ツキです。
僕は今まで、何度も、

「○○君ってイイ人だけど、そういう感じじゃない」

とか、

「私にとって大切な人だけど、男としてって感じじゃない」

って言われてきました。でも、問題なく、セっ○スしてます。
何度もデートして、手をつないで、キスして盛り上がって、ホテルに入って、服を脱がしている、まさにその時に、

「まさか、○○君と、こうなるとは思いもしなかった。○○君にはそういう気持ちは無かったのに…」

って真顔で言われた事もあります。
向こうから積極的に、腕を組んできたのに、です。
本当に女の子は、嘘つきです。

「私、付き合っていない男とはぜったいにエッチしないから」

って女性と、何度も、付き合わないでセっ○スしました。

「最初はまったく、男としてナシだったのに全然、私のタイプじゃなかったのに、いつの間にか付き合っていた……」

そういう話をする女性って、いくらでもいます。
まったく、女の子は、嘘つきです。

ただし、本当の事も言います。

「どうしても男として、見れない」

って言って、本当に男として見ていない場合もあります。
じゃあ、こういった女の子の嘘ってどうやって見抜けば良いのでしょうか。
答えは、

・女の子の行動を見る

です。

今回、最初にお話した、僕がアドバイスしたという男性の場合、

1、こちらからハッキリとした好意を示した

2、女性は1度、「男として見れないと拒否した」

3、でも、その後も、女性の反応は悪くなかった

んです。
ここ、凄く重要ですよ。こちらが、女性に対して何らかの形で好意を示したとき、

女性の方から、

「ごめんね。男として見れないの」

みたいな反応があったとしますよね。その後、女性の方が、

・意図的に男性を避けるという行動に出た場合、

その女性は本気で、あなたの事を、

「男として見れない」

と認識しています。これは、女性の中の決定事項です。
でもそうじゃなくて、

「ごめんね。男として見れないの」

って言った後にも、全然、女性の方が、男性を避けなかったり、むしろ逆に、親密に寄ってくるようなら、
その時、女性が言った、

「ごめんね。男として見れないの」

は、嘘です。
厳密に言うと、その時は、そういう気分だっただけ。
自分の気持ちが整理できてなくて、混乱した頭のまま、過去の恋愛ピーク時の気持ちとか、ドラマや少女漫画のワンシーンなんかと比較して、

「男として見れない」

と、その瞬間は、そう思っただけです。
その時は、そういう気分だっただけ。
そう言えば、似た例なんですが、ちょっと前に、

「デートに誘ったら、まったくタイプじゃないといって断られました。

 なのにその後、

・チョコをもらいにダッシュで追いかけてくる(笑)
・違う部署にまで乗り込んで話しかけにくる
・パソコンの使い方がわからない、と一緒にやってくれるようせがんでくる

と、急に接近してくるようになりました。

この女性が何を考えているのか、まったく分かりません」
というような相談を受けました。これも、同じですね。
こういう女性に対して、押すのか、引くのか、それはまた、ケース・バイ・ケースなんですが、
いずれにせよ、

女の子の言葉は信じない方が良いです。

言ってる事と、やってる事が違った場合、

・やってる事を見るのが正しい!!

「私は恋愛をするまでに時間がかかるタイプなの」

「今は彼氏はいらないの」

「あなたはタイプじゃないし、私の場合、そこから逆転することは、絶対にない」

「○○君は、尊敬する先輩。だけど……」

「付き合って無い人とは、○○しない」




全部、どうでもよいです。

気にしない。

無視。

女性の『行動』だけ、信用してください。

           以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

本当にオナゴという生き物はウソつきであり、オナゴの言葉を信用せず行動を見れば、自ずとオナゴの気持ちもわかるというものである。

昔、年下の後輩のオナゴに好意を示して一度拒否され、オジサンはもう見込はゼロと思いこみ、避ける行動をしていたが、その後、後輩からは何度も誘われたり、相談されたりで冷静に考えれば全然チャンスがあったことを思い返す

http://myozin4000.seesaa.net/article/443033816.html?seesaa_related=category

・やってる事を見るのが正しい!!

それが真実であり、オナゴの行動を注意深く観察していかないとチャンスを取りこぼすこととなる

と深く感じたオジサンであった。

PAK85_lalaokuchibeniol20140321_TP_V.jpg















posted by しんさく at 12:57 | 神奈川 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

連れと出撃したオジサン

かみさんが里帰りし、仕事が繁忙期の谷間に入ったこともあり、重い腰を上げ、ようやく出撃を開始し始め出したオジサン

さて、オジサンの会社では全国の社員を集めての研修が度々あるのだが、今回オジサンが出席することとなった研修で昔の後輩も一緒に参加するので前日に飲みに行くこととなった

この後輩は関西方面に住んでいて、オジサンがナンパしていることを話せる数少ない悪友?である。

今から15年ほど前、お互い30代前半で独身の頃に出会ったのだが、当時の社内は女性社員がほとんどおらず、男連中の中で仕事に明け暮れ、家と職場を行き帰りする毎日でお互い性欲をもてあまし(笑)モンモンとした日々を過ごす毎日であった

お互いナンパしたくでもそんな度胸が無かった時代だが、あれから15年が経ち、見ず知らずの街ゆくオナゴにもようやく声をかけれるようになったオジサン

昔話に花が咲いたが、後輩はオジサンと声かけしたいというので居酒屋での再会を1時間程度で切り上げ、出撃することとしたぞー

場所はJRと東横線が交差しているM駅

そこそこ栄えていて、すみたい街ランキングの上位に来る駅であるが、いつものY駅と違って、ナンパするような人種は皆無といってもいいぐらい上品な?街である。

後輩はナンパの経験がほとんどなく、この場所で初対面のオナゴに声をかけれるという行為が信じられない様子であった。

オジサンは後輩の手前良いところを見せようと、すぐさま若いメガネ女子に声をかけた

この子は反応はあったものの、お茶の誘いに「いいです、いいです。」とフェイドアウトされた。

当たり前のように声をかけたオジサンの行為に驚いて興奮気味の後輩。

ああ、オジサンも昔は全く面識のなかった若いオナゴに声をかけるなど信じられなかったことだな〜と思い返す。

後輩とは駅の改札で出待ちして、乗客の中からターゲットを探すこととした

2人目、エロい雰囲気のOLに声かけ粘るも笑顔でフェイドアウト

3人目、きつめのオナゴにガンシカされる

4人目、可愛いオナゴでオジサンの褒め言葉に嬉しそうに喜ぶも美容院の予約があるとのことで立ち去られる

5人目、スレンダーな美女かと思って声をかけるが、顔は今一でオジサンのテンション下がったのが伝わったのか断られた

その後も続けて声をかけるが巨大Y駅と違って、オナゴの反応について良いものがある

やはり、オナゴもここで声をかけらるなどとは思わず油断して歩いているのだろうなというのがわかる。

結局、オジサンは5人、後輩は不審者扱いされながら(笑)も1人に声をかけ、翌日の研修に備えて上がることとした。

後輩は「いやー、金がかからずメチャ楽しいですねー!」と嬉しそうであり、楽しい時間を過ごすことができた。

野郎2人で飲んだ後は風俗に行くのも楽しいが、こういうナンパで性欲を発散するのも清々しいものがある

巨大駅ではない場所でのナンパの利点も感じたので、出撃場所の見直し今後の検討課題である。。

オジサンの挑戦はまだまだ続く…

SAYAPAKU53812_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする