2015年05月26日

3人の自分について

今回もナンパ理論編です。
ある恋愛商材を読んでいて、なるほどとナンパにも役立ちそうなことが
書かれていたのでここで紹介させていただきます。

行動を起こさないと何も始まらない。

当然わかっていることながら、どうしても行動が起こせない(ナンパできない)・・続かない・・

という人がたくさんいます。それは「ある概念を知らない」からだというのです。
それは「3人の自分を無視しているから」というのです。
自分の中には大まかにみて3つのタイプの自分が存在しているのです。
では、その3つの自分とはどんな自分なのか?

1人目は「変わりたい自分」(リーダー的、成長欲)
2人目は「安全主義な自分」(怖がり屋さん、現状維持)
3人目は「めんどうくさがりやの自分」(本能的、爬虫類脳)

この3人です。

ナンパは話しかけないといけない。そうしないと始まらない。
だから変わりたい自分はこういって決意するわけです。
「よし、今日は声をかけるぞ」
でも、他の2人が言うことを聞いてくれないのです。

2人目の自分
「そんなの怖いよ。無視されたら凹むじゃん。」

3人目の自分
「そうそう、そんな面倒くさいことやめて早く帰ってTV見ようぜ」

単純に考えて多数決で1対2で負けて多くの人は三日坊主で終わります。

では、どうするか?
「3人の意見をちゃんと聞く」

そして
「3人が納得できるアイデアを出してあげる。」

です。

例えば

1人目の自分が2人目の自分に説得します。
「声をかけるのが怖ければ「道を聞くふり」をして声をかけるのはどう?これだったら気まずくならないしやれるんじゃない」

そして1人目の自分が3人目の自分に説得します。
「確かに面倒くさいかもしれないけど、若い女性に声をかけるから何かあるかもよ。もしかしたら運よくムフフな展開になるかもよ!」

3人目の自分は短期的な快楽を求めるので、睡眠欲、性欲、食欲などを満たしてあげることで納得してくれます。

こんな風に3人が納得をして賛同をしてくれる案を考えてみれば、気持ちの葛藤は無くなり、行動を起こせない理由が無くなり、結果的に確実に行動を起こせるようになるというのです。

PAK85_shimaduuewomiageru20140823500.jpg








posted by しんさく at 15:48 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419620435

この記事へのトラックバック