2015年05月27日

ナンパと自転車

あるサイトでナンパに書かれていた記事がマインドセットに役立ちそうなので、出撃前に読み返し己を奮い立たせようと思います。

以下、記事

ナンパは本来誰にでも成果が出るものです。
しかし、実際に経験したことがない人にとって半信半疑なのは仕方ありません。
さてナンパという得たいのしれないものではなくて、自転車を例にしてみましょう。
あなたは、自転車に乗ることが出来ますか??
また、乗れない人は練習しても乗れないと思いますか?
ほとんどの人が、乗れない人も練習すれば乗れるようになると思うはずです。
実はナンパも同じです。
実際に乗った経験から誰でも自転車を乗りこなせることを知っているのです。
乗れるまでの時間に個人差は勿論あります。
運動神経があったり、飲み込みが早い人は、転んで痛いという経験をせずにすぐ乗れるようになります。
どんくさかったり、何度も膝にすり傷を負った人でも、いつかは乗れるようになったはずです。
自転車でいう、運動神経やセンスはナンパでいう、イケメンや頭の回転が速いなどに該当すると思います。
しかし、そういった能力が劣っていると感じる人でも自転車は乗りこなせるようになるのです。
経験がないから分からないだけで、
ナンパは東大に合格しろという無理難題な行為ではなく、努力すれば成果が出る行為などである。
ナンパはナンパ師と競技したり対戦するものではありません。
なので、イケメンだととかブサイクだとか比べるものでもないのです。
しかし、女性も格好悪い人と格好良い人どっちが好き?
と尋ねれば、格好良い人に決まってます。(男性だってそうですよね笑)
なので、自分の許容範囲内で魅力を高めることは大切です。
自転車を例に出せば、運動神経を上げるのには限界がある。
ならば、自転車自体を良いものにする(ファションの向上)。
自転車の漕ぎ方やコツを磨く(トークの向上)。
ナンパという成果の経験を踏めばきっと理解していただけると思います。

これを読むと勇気が出てきます!

YOTA82_yossya15122540-thumb-1000xauto-14190.jpg

※ 写真の人物は本文とは関係ありません

posted by しんさく at 11:01 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック