2015年07月27日

目標設定変更の意義

オジサンのぎっくり腰の方はずいぶん良くなってきた。

立ったり座ったりが手の補助なしにできるようになったきた。
以前は手で支えながらゆっくりゆっくりと立ち上がっており、いつも行く床屋の20歳の女性店員(秋田県出身の美人ではないが愛嬌があって可愛い)からは
「まだ、そんな年じゃないんじゃないですか(笑)?」
などとからかわれていたのだが、今ではすっと立ち上がって痛みもすぐ落ち着く。
ただ、歩いているときにスタートダッシュができず、ナンパで声をかける状態にはまだ完璧ではない。。

以前のブログにも書いた体重1ヶ月1kg減目標であるが、現在79.4kgでこのままでは7月末目標の77.8kgには届きそうもない。。

若いころと違って代謝の悪いオジサンにとって、現状維持しようとする体の仕組みに抗うことはかなり困難である。

潜在意識の大家は
「まずは確実に達成できる目標を掲げること」
「目標はその都度変更してもかまわない」
「目標が義務になり目標を憎むようになってはいけない」
と言っていることや、自分に甘甘、、、大甘ちゃんのオジサンは1ヶ月0.2kg減に目標を切り替えた!!
それでも1年で2.4kg減で76.6kgなのだから76kg台などここ3年近く見たことない数字である。

3年前は春雨ヌードルと魚肉ソーセージのみという超どMダイエットで76kg台を達成したがすぐ、リバウンドしてしまった・・・・

7月末には体重78.6kgと勇気ある目標設定変更!?を敢行することとする。

ちなみに現在、毎日取り組んでいる絶対達成できる目標は以下のとおりである。

1 夕食を大盛りにせず、腹8分目とする

2 ファイナンシャルプランナー3級合格を目指し1日1問は解く。
  (これは割と楽で2週間続いている。。)
PAK88_agemonokuuu15160336-thumb-1000xauto-18466.jpg
posted by しんさく at 19:31 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック