2016年02月01日

全体(バランス)が大事1

ギックリ腰になってから10日が経とうとしているが少しずつ回復はしてきているオジサン。

活動も停滞しているが、まあ、腰痛は心身の疲れからも来るらしいので今は充電する時期かと焦らずにやれることをやっている

体重管理もそうであり、とにかく夜はやけ食いをしないよう気をつけ、できるだけ炭水化物をとらず、タンパク質を取るようにしているオジサン。
先日立ち食いステーキの話を載せたが、昨年堀北真希と結婚した山本耕一もステーキを食べ続けて太らないようにしているらしいので妙な連帯感を持ったオジサンであった(堀北真希はそんなに好きではないので許そう・・)。

充電期間も、ナンパに役立つよう潜在意識の勉強をしているオジサンだが、いつも紹介している潜在意識の大家(たいか)の言葉で新たな気づきがあり、役立ちそうなので例のごとくここに載せておこう。

以下その文章
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

恋愛でも仕事でも筋トレでも何でも、何か一つだけに入っていくとうまくいかない。

例えば、ビジネスがうまくいってほしいと思った時、「ビジネスさえできれば他はいい」、恋愛がうまくいってほしいと思った時、「恋愛だけうまくいけば他はいい」という風に意識の世界ではそれだけに意識が向かいがちである。
しかし、潜在意識というのは全体性であり、全体性だから全体に心を注いで、全部が変わってきた時に初めて
上のステップに成長するのである。

仕事でも恋愛でも1個だけ完璧にしたから健全に変わるということは潜在意識の世界ではありえない。
だから、仕事だけは一所懸命やるけど家庭を顧みないという人は絶対成功しない。
一時的にうまくいってるように見えても最終的にはその人は崩壊する。
基礎工事ができていない建物のように・・・

「そんなこと言っても仕事が忙しくて家族のことをかまっている時間なんかないよ」と言う意見があるかもしれないが潜在意識に時間は関係ないので、できないなりに僅かな時間でも家庭に心を込めてエネルギーを与えてあげれば良い。

お金に対する姿勢とか、心の豊かさに対する姿勢とか、自然の美しさを見て感動する姿勢とか、健康に対する姿勢とか、家族に対する姿勢とか全体に気を配り大切にして成長していかないといけない。
どこかに歪みがあると近いうちに潰れる。
そういう人をあなたもたくさん見ていると思う。
そういう人は全体を意識しなかったからだ。

(確かに、古くは金儲け主義だけに走った村上世彰ホリエモン。
 仕事さえできれば何をしても良いと考え、部下の人妻に手を出し夫にチンを切られた弁護士。
 最近では自分たちさえ良ければファンもスポンサーも関係ないと暴走し、今や魔女狩り状態のベッキー  
 etc・・)

お金だけ稼げば他はどうでも良いんだと思ってやっている人は絶対に失敗する。
全部が必要。経済的なもの、魂的なもの、知識、人に対する思いやりや優しさ、感謝する気持ち、友達、家族、恋人、親の面倒を見ること全部が必要

恋愛でもこの人だけ!この人が私の全て!あなたを愛することだけのために生きているんだと思いこんで、仕事はしない、健康に気を配らない、親の面倒も見ない。他をおざなりにしている人は魅力的でもなんでもなく
ただストーカーなだけでいずれふられる

自分のことは大好きなんだけど一方では自分の仕事を一所懸命やって、プライドを持って、夢を持って、家族を大切にして、健康にも気を配ってってなるから魅力的なわけであり何か一つだけに入っていくとうまくいかない。

全体に対してエネルギーを向けないと、一時的にはうまくいって、実現はするけども途中で崩れたり、実現はするけどもハッピーじゃなかったりする。
どうぞ、全体を大切にして周りに気を配り、周りを幸せにしてあげていってほしい。
しかしながら、自分にとって一番身近な存在は自分である。
だから自分自身を幸せにしてあげられない人は人をハッピーにしてあげられるわけがない。

自分自身が貧しいのに、人を豊にしてあげられることはない。
自分の心が貧しい人が、人の心を豊かにしてあげられることはない。
自分が笑えないのに、人を笑わせてあげることができるわけがない。

だから、自分がハッピーかどうか、笑えているかどうかを確認して目標に向かって取り組んでほしい。
笑えない時は何かが間違っているし、笑えない辛い状態で目標を達成しても心から喜びを感じられない。
我慢しながらやって達成した時は良かったなという風にはなかなかなりにくくて、我慢しながら憎みながら
目標を達成したステップって目標が実現しても「え、これだけのためにやってきたの?」という何か寂しい気持ちになってしまう。
今日一日のステップが本当に楽しいと思えたか、うれしいと思えたか辛いことがあっても喜びを感じられたかということを確認してほしい。
まず、自分が幸せかどうか。周りの人が笑顔かどうか?
自分の周りの人に気を配ってあげられるかどうかそれができて初めてまだ会ったことのない人にも伝えることができるし、幸せを与えることができるんだと思う。
まず、「自分がこの仕事で人を幸せにしてあげられるだろうか?」と思えたら多くの人に幸せを与えることができるはず。
あなた自身が悲しかったり、自分のやっていることを憎んでいたり、自分の家族を憎んだり疎ましがったり、
友達とけんかしてたり、職場の上司といさかいがあったりしたら、まだ会ったことのない遠くの人たちを幸せにしてあげることができるのでしょうか?
大事なことは日々のステップを楽しむということだと思う。
目標を心から楽しんで実現したいと思えるか?
うまくいこうがいくまいがそれに喜びを感じられるかどうか?

この話、次回に続く・・・
PAK7410I9A4767_TP_V.jpg

posted by しんさく at 13:43 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433270898

この記事へのトラックバック