2016年02月26日

人間ドックに行ったオジサン

当たり前のことではあるが人間、いつまでも若くはいられない。

10代、20代の頃はせいぜい風邪をひくぐらいで病気知らずであったが40も後半になってくると体のあちこちにガタが来て体形も崩れがちで調子が出なくなる

日本人の死亡順位ワースト3である「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」の危険も高くなり早期発見、早期予防が何より大事である。

ということで人間ドックにオジサンは行ってきたぞ!

受付をして早速、健診服に着替えさせられ、案内役のオバサンに言われるまま、まずは尿検査をする。
胸のレントゲンの後は視力・聴力・肺活量・心電図を取り、身長、体重を計る。

また、腹の超音波検査では検査技師のオナゴが若くて可愛く、オジサンのテンションも上がる
小柄で少し茶髪の大島優子タイプで、なかなかいい女である。
脱がせると良い体をしてそうだ。。。
などとエロい妄想ばかりしていると、健診服の股間がやばくなってきたので妄想を止めるオジサン。。
超音波検査をするのにこのオナゴに腹にローションを塗りたくられるのだが、これが風俗だったら最高なのになーとまたまた妄想が止まらないオジサンであった

このドックに行くのは10年ぶりだったのだが、10年前のデータが残っており、オジサンは否が応でも
加齢による体型の衰えや代謝の悪さを数字で思い知らされる
この10年の変化は以下のとおり

身  長 → 変化無し
体  重 → 3kg増
ウェスト → 7cm増

オジサン10年前も少し太り気味であったが、この頃は独身で散歩が好きであったため1日1、2時間は散歩をしていたのでまだ見られる体型であった。
しかし、結婚後の3〜4年前から自分の自由時間もなくなり歩く時間は30分程度となり、見た目も劣化するばかりである

10年前と比較して暴飲暴食もせず、睡眠も取っている方なのにこれだけ体型に差が出るのは歩く時間の減少と代謝が落ちたことによるものだな・・・
見た目はナンパの結果にも大きく響いてくる!
食事の制限は今以上は厳しいので、これからは出撃しない日でも仕事帰りに一駅前で降りて歩くようにしよう

春に向けて万全の体制で臨みたいと思うオジサンであった
KK150404188268-thumb-autox1500-20831.jpg


【ダイエットの最新記事】
posted by しんさく at 10:43 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434291017

この記事へのトラックバック