2016年06月13日

温故知新

本日は10数年前の話をしよう。

当時、まだ30代半ばで独身だったオジサン、仕事はそれなりに忙しかったが会社はブラックではなかったし、自分の自由に使えるお金があり、平日は同僚と飲みに行ったり、土日は好きなときに寝て、好きなときに起きて、多摩川を散歩に行ったり、映画を見たり、風俗に行ったり、食べ歩きをしたり、マッサージに行ったりと日々それなりに楽しかった

しかし、当時性欲も盛んだったオジサンだが、見事なほど、本当に情けないほど、Hできる素人オナゴとの縁は無かった

職場に同年代のオナゴはいて、たまに飲みに行ったり2人だけで食事に行ったりする子も2人ほどいたが、大卒で男性と対等に仕事をすることを求められている彼女らは恋愛対象でもありながら、どこかで仕事上でのライバルの部分もあった。。。
そのせいか、なかなか色恋沙汰には発展せず、毎晩仕事が終わって一人の家に帰ることに虚しさを感じていたオジサンはこれではイカン、俺の青春(!?)が終わってしまう!と新たな出会いを求め意を決して某Fナンパ塾の門を叩いた
(ナンパ塾の前に結婚相談所にも行ったが、相談所のシステムは本当にダメだと思った。この話はまた後日)

このナンパ塾の講師はその業界では有名な当時アラフィフ独身で、頭も禿げ上がってズラを被っており絶対モテない類の人種で、ナンパの腕も疑わしいものだったが、毎週末のようにモテない男のためにモテるための講座を開き、この時に呼ぶ臨時講師の面々が実に多彩な顔ぶれで個性豊かであった

学生時代に不良にもなりきれず、運動音痴のため帰宅部で、ほどほどの勉強をして、ほどほどの進学をして、ほどほどの会社に入ったオジサンだが、入った会社も堅くてマジメな職場で、マジメな社員に囲まれ、退屈な毎日を送っていたので、その時の臨時講師の方々は今までに見たことも会ったことも無い人種で、怖いもの見たさもあって講師との出会いと講義を聞くのがとても新鮮で刺激的であった

一例を挙げると

・モテる男のためのファッション講座

・モテる男のためのマジック講座

・モテる男のためのカウンセリングカードの使い方講座

・モテる男のためのタロット講座

・モテる男のための催眠術講座

・モテる男のためのマッサージ講座

・モテる男のためのSEX技術講座

・ナンパの達人によるモテるための講座

・プロのヒモ師によるモテるための講座

・ホストクラブ経営者によるモテるための講座

・プロの心理カウンセラーによる女性を魅惑する講座(通称「魅惑術」)


等々・・・
講座は都内のカラオケ店の地下の一室で開催され、むさ苦しい野郎共が10何人も膝と膝がぶつかるぐらいに押し込まれ、講師の講義をノートにメモを取りながら皆、真剣な眼差しで聞き入るのだが、参加しているオジサン自身が、オナゴにモテるために、男共はここまで苦労して努力して情熱を注がなければいけないのかーーといった思いであった
オジサンは毎週末に開催されるこれらの講座をこまめに参加し、お金も結構使ったが様々なスキルも身につけることができて決して無駄ではなかったと思う。。
(同じくオナゴ関係に苦労しているたくさんの同士と知り合い、交流させていただいた)

そして、そこで学んだスキルをキャバ嬢やデリヘル嬢や出会い系やパーティーで会うオナゴどもに積極的に実践してわかったことは

・ファッションはプロに同行コーディネートしてもらうとすごく楽で効果抜群

・マジックやカウンセリングカードはオナゴの興味を引くことができる
 (どうでもいいその他大勢から、最低限「面白い奴として好意を持ってもらう」目標は達成できる)
 (ただし、自分が魅力的になったのではなくマジック等が魅力なのだということを勘違いしてはいけない)

・催眠術は実際にやってみるとオナゴが気だるいと感じる軽トランス状態に持っていくことができる

・オナゴを惚れさせてセッ○スに持ち込むというモテない野郎の考え方を改め、セッ○スしたらオナゴが惚れるというモテる野郎の意識改革をしなければいけない!

・そして、これも意識改革だが
 
 3回程度会ってからセッ○スに持ち込むという世間一般的な考え方を改め、その日のうちに行ける所まで行かなければならない!!
 (→これでついてこなけりゃ捨てるという精神。次のチャンスはやってこないかもしれないのだ!!)

ということであった。
この塾に行ったおかげで成果があったと思われる事例を挙げると

・出会い系
 27歳エステティシャンに初回で催眠をかけ、乳もみ、キス、3回目H達成
 29歳可愛いピアノ講師と2回目マッサージからのキス、3回目マ○コ触り、4回目H達成
 30歳介護士と初回でH達成
   
・パーティ
 28歳OLと初回でキス
 28歳可愛いOLと2回目マッサージからのキス
 29歳可愛いOLと初回でキス
 35歳OLと2回目キス、3回目H達成
 
・出会い喫茶
 オプションの金を払わずにキス、乳モミできたのが10人程度
 (ナンパ塾でスキルを学んでなければキス、乳モミまで持ち込めなかったであろう)

・・・・こうしてみると少しは成果を残せていたのかなと思われる・・・・・

やがて、今のカミさんと出会い結婚が決まると、オナゴに対するオジサンのチャレンジも勢いが止まってしまった。
やがてこのナンパ塾もナンパ&婚活塾と名前を変え、講師も60近く(未だ独身)となり、臨時講師もどんどん離れていってあんなに楽しかった講座も魅力の無いものばかりになってしまった。(講座を開催していた講師も働き盛りを過ぎて感性が衰えてしまったように感じる・・)

なぜ、今日はこのような昔話をしたかというと4月のハイスペックオナゴとの勝負に敗北したこと(いまだに尾を引いている)を振り返り、

・結婚前は敵陣の前まで行って大砲をぶっ放すような攻めに出て少しは成果を残せていたオジサンなのに、結婚後は敵陣からはるか後方の安全な良い人ポジションから石を投げる程度の攻撃で、完全に守りに入りろくに勝負もせずに過ごしていた

ことが影響しているのではないかと感じたからだ。。
(それまで大自然で獲物を狩っていた腹ペコ状態の野生のライオンが、動物園の檻に入れられ3食与えられ、死んだ目になっている状態か?

もちろん、勝負をして断られたケースも多々あるが、それに関してはやるだけやったということで後悔は全く無い。。

ハイスペックオナゴに対して未だに敗北感を感じ引きずっていることに関しては、失うものが無く隙あらば唇を奪ってやるとギラギラしていたあの頃のハングリースピリッツに解決の鍵があるのかもしれない??

どういった流れがいいのか、もう一度検証しなおし、このブログにも載せていきたい。。

温故知新(前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりし て、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること)の精神でもう一度出直そう!と思ったオジサンであった

amaG0I9A8314045135013_TP_V.jpg
posted by しんさく at 09:47 | 神奈川 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
記事面白く読ませてもらってます。
パーティーで知り合った子とキスしたり、エッチしたりと羨ましいかぎりです。
ところで、この頃車って持っていましたか?
後、奥さんとはどちらで知り合ったのですか?
こちらは38才で後がなく少し焦ってます。
食い付きがいい子と中々出会えなくて。
Posted by 匿名希望 at 2016年08月14日 09:11
コメントおおきにです!
そうですな、10年前は地方転勤が多かったので車が無いと生活できず中古で買いましたわ〜
かみさんとは40を過ぎたこの地方転勤のときに職場で出会いました。
ナンパでの出会いではなかったですが、ナンパ塾やナンパで学んだスキルとスピリットはかみさんを射止めるのに役立ちましたわ。。
婚活は都会の方が人が多く有利に思えますが、オジサンは10年近く都会でもがいても自分に合うオナゴと出会えませんでしたわ
男女の出会いについては最近面白い本を見つけましたので、またブログに載せますね(^^)/
Posted by しんさく at 2016年08月15日 16:15
返信ありがとうこざいます。
一つ聞きたいのですが、エッチした後どうやって関係を切ったのですか。徐々にフェードアウトって感じでしょうか。
彼女いない歴イコール年齢なので、あまり可愛くなくても食いつきが良ければ、ギラついて上手くいけばエッチしたいので。経験を積むためと彼女を作る練習みたいな感じで。
女と付き合ったことのある男と比べると、経験値が足りないので。
昔デリ○ル嬢で可愛いから』ってエッチさせてくれた娘がいたから、素人童貞?って訳でもないですが。
Posted by 匿名希望 at 2016年09月12日 23:45
コメントおおきにです。

エッチした後の関係の切り方ですね・・・
相手が勝手に離れていってくれれば良いのですが、オジサンそうもいかないケースも3回ほどありましたわ。

1つは仕事が忙しくて時間が取れないと逃げたのですが最後はメールで罵倒されました(苦笑)

2つ目はギャンブラーであることを告白してパチンコで5万円負けたと伝えたら呆れて連絡こなくなりました(笑)

3つ目はメンタルになったふりをして何とか逃げれましたわ。

ストーカーされるのは男冥利に尽きますが、家や職場はばれない様に気をつけないといけないですね!
Posted by しんさく at 2016年09月21日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック