2016年09月28日

やはり重要、会話について2

9月最終週になりまたまた夏の陽気がやってきた。。。
果てして秋は来るのであろうか??
気温の上下が激しいせいか、オジサンまたまた体調不良である

昨年のブログを見ていても1年で一番体調が悪いのが秋だったことがわかる(昨年はぎっくり腰も併発した(><))

10月は果たしてかみさんが実家に里帰りするかどうかだが(これによりオジサンのプライベートは大きく変わる)、いつどうなっても良いように極力体調管理だけはしっかりしていこう

さて、今回は会話の重要性の続きである。

実はオジサン、近いうちに職場のアラサー女子2人とオジサンの3人で食事会に行くこととなっている

女子のうち一人は広瀬すず似の既婚、もう一人は独身であるが20歳近く年の離れたオナゴと食事を行くのに会話をいかに盛り上げるかに余念がない
職場関係の付き合いとはいえ、オジサンにとってはストリートで若いオナゴをゲットするための格好の修行の場であることに変わりはない。

最近、女バブル芸人平野ノラが人気でTVに出ずっぱりだが、オジサンもバブルの時期に少し重なっている世代として若いオナゴを喜ばせるべく、イタメシ屋(言い方が古い!)を予約してきたぞー!
大人の男の余裕を見せつけ、アラサー女子との楽しい時間を期待するオジサンであった。

そのためにも前回に続き今回も会話の記事である。。

つづき

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


まず、恋愛で女性にモテる会話術の原則について解説します。

女性にモテる会話の基本は、

「相手に関係のある話しだけをする」

ということです。

人それぞれ、食いつきのいい話題は異なりますが、人間、誰もが興味のあることは、「自分自身」です。
絶対これはウケるだろうという会話ネタなら、話しても良いですが、「女性自身」に関係した話題が話しが盛り上がる
「確率」が一番高いです。
女性に全く関係ない話題を出して、盛り上がることもあるかも知れませんが、盛り上がらない確率が圧倒的に高いです。
あなたの話したいことではなく、女性の話したいことを話させてあげることが大切です。

女性自身に関係することは、女性の内部情報と女性の外部情報に分けることができます。

女性の内部情報とは

「女性の脳内にある情報」

で、女性の知識や、思考などで、女性の外部情報とは

「女性が今、認識できる事柄」

で、女性に現在見えているもの、見えるものなどです。

これらを意識して、女性に関係のある話題で話を展開させていくことがモテる会話術の原則です。

そして、その中で、できるだけ二人に共通の話題を探していくことが大切です。

共通の話題について意見を交わすことで、打ち解けるスピードがアップします。

女性に関係のない話題、あなた自身のことについて話す場合(作り話の場合でも)は、

・女性から訊かれた場合

・女性への質問の伏線を張る場合

以外は、原則として話さないでください。

これらの行動が女性から見られたら、「あなた」に関心を持ち始めている、ということです。

女性への質問の伏線の場合とは、女性に関係する話題・女性が興味を持ちそうな話題について、
あなたが先に話して、女性に話させやすくするということです。

例えば、会話で「女性が犬を飼っている」という話が出たら、彼女が犬好きで、犬の話題が盛り上がる可能性が高いので、
「犬って動きがかわいくて見てると癒されるよね〜。飼ってる犬のこういうところが癒される、ってのある?」
のような感じです。

伏線を張ることで、会話がスムーズに流れます。

あなたを主役にして会話するのではなく、「女性を主役にして話す」、ということです。

モテない男は、自分の話したいこと、自分に関係する話、つまり「内輪話」しかしません。

自分が知らない内輪話がどれほどつまらないか、あなたも体験したことがあると思います。

女性にモテる会話術の原則として、相手に関係のある話だけをするというのは本当に大事なので、
常に意識してください。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

以上

確かに、世間のおじさんがやりがちなのが、

・ついつい、自分の話(自慢)をしてしまうことである。

女性中心の「あなた主義」については、オジサンはキャバクラ修行でも練習して体に叩き込んでいるところである。

今回の食事会でもあくまでも女性を主役に盛り上げていこうと心に誓うオジサンであった

to be continue.

FCFG100120514-thumb-autox1600-23836.jpg
posted by しんさく at 13:06 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック