2016年09月30日

やはり重要、会話について3

さて、前回書いたようにオジサン、職場のアラサー女子2人と食事会に行ってきたぞー

女子のうち一人は広瀬すず似の既婚、もう一人は独身であるが20歳近く年の離れたオナゴということで都内のこじんまりとしたイタリア料理屋を予約して行ってきた。

会社から徒歩5分ほどでなかなか雰囲気の良いお店であった

結果からいうと、女子に自分の話しをさせて気分良くさせるという意識はかなり守れたのではないかと思われる

そして、会話ネタに困らぬよう会話のきっかけとなる画像をスマホに入れて持っていったが、これはなかなか使える作戦であった

一例を挙げると

スカイツリーの画像 → 中盛り上がりだが、会話のとっかかりに用いる

パンケーキの画像  → クリームの量が半端なく盛り上がる

見かけた芸能人の画像→ アラサー芸能人のためオナゴと芸能話で盛り上がる

今回感じたのがオナゴはいくつになってもイケメンが大好きでジャニーズネタには本当に食いついてくる。

オジサン、実はジャニネタにそれなりについてはいけるのだが、平成ジャンプとキスマイとセクシーゾーンぐらいになると区別が付かず今後の課題であると感じた。。。

広瀬すず似もジャニタレ好きで共に盛り上がり、オジサンの意外性も見せることができた。。

そして若いオナゴと3時間近く楽しい時間を過ごしたオジサンは気前良く1万円強を支払ってご馳走した(かみさんには言えないな・・)。。
独身オナゴの方とは帰りの満員電車で密着し、オジサン、ドキッとしたが職場のオナゴには手を出すまいと自重した

相手に自分の話ばかりをさせるという行為は疲れるものがあるが、若いオナゴとの会話は脳の刺激にもなり、毎日家と会社の行き帰りだけに終わるのではなく、やはり定期的に若いオナゴと接して慣れておかないといけないなと感じさせられた

さて、本日も会話の話の続きである
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

では次に

共感する・理解を示す

ほめる

からかう

の3つの女性にモテる会話術を解説しています。

この3つは、女性にモテる会話をするために非常に重要な3つで、会話のテクニックは、無限と言っていいほどありますが、まずは、この3つを使いこなせるようになることが優先です。
その後で、その他の細かい会話術のテクニック身に着けていきましょう。

会話術「共感・理解」 その1

女性は相手に話しを聴いてもらって、相手に共感されることを求めています。
「女心が分からない」という男性は多くいるでしょうが、その主な原因はこの「共感」というところにあります。
男性の会話の目的は「情報交換」ですが、女性の会話の目的は「共感」なのです。
女性にモテる会話術を習得するためには、この女性の会話目的は基本的には共感である、ということを胸に刻んでおくことが大切です。
恋愛心理学的に、女性は自分に共感してくれる相手を望んでいるのです。
あなたが女性に共感してあげることで、女性はあなたを「仲間・理解者」と思うようになります。
女性は自分が肯定されていると感じると、あなたに好意を抱くようになるのです。

共感だけでなく、女性心理に「理解を示す」ということも大切です。
あなたに異なる意見がある場合は、共感せずに「理解を示す」のが効果的です。
嘘をついて、「わかる、わかる」と適当に言うよりは、相手の気持ちや考えを理解しているということを示す方が良いです。
相手がそう主張する理由を訊き、「俺はAだと思うけど、〜という理由でBと思うんだね」
という感じで、女性の心理、女性の意見に理解を示してあげるのです。
以上のような共感の仕方・理解の示し方をすれば、自分の意見をしっかりと持ちつつも、共感・理解してくれるレベルの高い男として見られ、評価が高くなります。

会話術「共感・理解」 その2
恋愛心理学的に、女性への共感や理解が特に効果があるのが、「嫌いなもの」と「悩み」についてです。

女性は、友人たちとウザイ友達の話とか、しつこく誘ってくるキモイ男の話だとか、嫌いな上司や先輩の話などで毎日のように賑わっています。
あなたも目撃したことがあるのではないでしょうか?
人間、嫌いなものについて共感してくれる相手には、心理的に親しみを感じやすいです。
嫌いなものについて理解・共感する時の注意点は、一時的に嫌いになっている人については批判しない、ということです。
共感や理解を示す話術を使う際には、この点は特に気を付けてください。

次に、「悩み」についてです。
悩みに共感してあげると、女性はあなたに一気に心を開いてくれます。
あなたから自分の悩みについて話し、女性に悩みはないかを振ると、スムーズに悩みを聞き出すことができると思います。
悩みを訊くというのは、恋愛心理学としてはかなり有名なので、知っている人も多いでしょう。
悩みに共感・理解する際に注意すべきことは、アドバイスは求められない限りしない、ということです。
女性に悩みについての解決法などのアドバイスを求められたら、してもいいですが、基本的にしてはいけません。
なお、アドバイスを求められてする際も、相手がどのレベルまで要求しているかを正しく読み取って、必要以上にアドバイスし過ぎないようにしてください。
女性が求めているのは、女性にモテる会話術の冒頭でも述べたように、自分の悩みに共感してくれることです。
「〜すれば良いんじゃない?」などとアドバイスしても女性の心理的は動かすことはできません。

共感する・理解するは、女性相手だけでなく、人間関係一般においても心理学的に有効なテクニックですので、しっかりと理解して実践して下さい。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

確かに男、特におやじという生き物は、女に対してアドバイスして自分が上に立ちたいと思う傾向があり、相手が望んでないのにも関わらずついついアドバイスして煙たがられる存在にある

そして、共感する・理解するはコミュニケーションの基本である。

今回食事をした独身のオナゴの方は、タレントや漫画収集にはまるようなかなりマニアックな女子であったが、普通の男なら何を馬鹿なことをやってるんだと思うところを、敢えて相手に共感・理解していることを示してあげれば、相手の心を開くことができる

「やっぱり人間って現実だけを見て生きていくのは辛すぎるんだよ
 だからそうやって自分が夢中になれるもの、追いかけられるものを持っている人って素敵だと思う。
 良いんじゃない、俺はそういう人のほうが正直で好きだよ

と言ってあげればオナゴも心を、そしていずれは股も開くのではないかと考える
オジサンの会話の勉強はまだまだ続くのであった

to be continue

YUSEIacchida_TP_V.jpg
posted by しんさく at 10:02 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック