2016年10月12日

やはり重要、会話について5

今月は体育の日が土日に重なり3連休があったが、今年もおじさんは故郷である関西に家族を連れ旅行をしてきたぞー

金曜の午後に家を出たのだが、10月だというのにまだまだ暑い。。
ただ、列車で弁当を食べていると旅行気分で楽しくなってくるし、昨年もそうであったが、京都から奈良方面に電車で向かうのどかな景色が車窓から見えてくると、せちがらい都会生活ですさんだ心も癒されるな
奈良駅はゴミゴミしたビジネス街と違って観光メインの都市で、昔の家屋と寺院やらが共存していて昔ながらのゆったりとした時間が流れている感じであった


ならまち.JPG



こちら南都七大寺の1つに数えられ世界遺産にもなっている元興寺

がんこうじ.JPG

にわ.JPG


こちらなんと飛鳥時代から残っている瓦だそうである

かわら.JPG


鹿の親子にも癒されながら、リフレッシュできたオジサン

シカ.JPG

そして故郷では親と一緒に出かけたりもしたが、親の老いや体の衰えもつくづく感じさせられ、オジサンもそろそろ心の準備をしておかなければいけないなーと思った。

さて、今月後半のかみさんの里帰りに向け、オジサン準備に余念がない

今回も会話の勉強、続きの「からかい」についてである。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会話術「からかう」 その1

「からかう」ことは、非常に重要な恋愛心理学のテクニックです。
モテる会話術の中でも、「からかう」ことは、特に重要であると言えます。
恋愛においては、女性に優しくしたり、ほめたりするだけではダメなのです。
普通の男性は女性には優しくするべきだ、という認識が強すぎて、誰もかれも皆、女性に優しくしてしまうのです(特に美人に対して)。
すると、女性にとってはどの男も同じに見えてしまうのです。
「イイ人なんだけど、付き合うのはちょっと・・・・」と言われてしまう原因は、ここにあるのです。
そのため、「ほめる・優しくする」だけでなく、「からかう」が必要になるのです。

女性を「からかう」ことができるかどうかが、モテる男と、モテない男の一番の違いと言っても過言ではありません。

モテる男は、「女性のからかい方」が本当に上手いです。
女性経験に乏しい人は、女性から嫌われないようにしよう、嫌われないようにしよう、として、過度に女性のご機嫌取りばかりしてしまいます。
その結果、女性心理はあなたを格下の雑魚な男とみなすのです。

女性はからかわれることで、あなたを他の男とは違う格上の男に感じるのです。

ほめる男はいくらでもいますが、からかってくる男はほとんどいません。
からかうことは、女性心理には表面上、気に入られようとしているようには思われません。
モテる男のマインドのところにも書きましたが、からかうことで他の男と違う、と思わせることができるのです。

会話術「からかう」 その2
女性をからかう方法は、女性の外見、発言、性格などで、女性自身をからかう以外にも、

・女性からの質問に真面目に答えない

という方法があります。
女性からの質問に毎回、真面目に答えていては、面白くなく、女性の心理は揺さぶられません。
適度に、女性からの質問に真面目に答えないことで、からかいましょう。
例えば、定番の、「仕事なにしてるんですか?」という質問に対して、
に対しては、

「してるわけないじゃん、そんなの(笑)」

「昨日、リストラされてさ・・・」

といった感じでウィットの効いた返しをしてください。
このような、ふざけた回答を適度に入れて、女性をからかいましょう。

以下、からかう会話術を使用する際の注意点を解説していきます。

・からかいっ放しにはしない

注意点としては、からかいっ放しにはしない、ということがあります。
からかうだけでなく、優しい言葉をかけてあげたりして、フォローを入れてあげることが大切です。
例えば相手が「最近転んだ」という話しをしたとします。

「昨日ね、雨降ってて転んじゃったんだ」

「ドジそうだもんね(笑)(軽い感じで)」

「ひどーい

「でも、怪我してなくて良かったよ」(真面目な感じで)

のような感じです。
「ほめる」+「からかう」をセットで行うことで、下心を悟られず、女性の気を引くことができるのです。
ある程度会話をコンスタントに盛り上げられる力がつくまでは、「ほめる」+「からかう」を常にセットで使うようにすると、安全です。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

前回紹介した、オナゴと話すときのオジサンの会話テンプレートであるが、そこにも「からかう」そして「持ち上げる」という要素は取り入れている
一例を挙げると

「でも、○○って無駄にカワイイよね。」
「何よ無駄って(笑)」
「いや違うなカワイイじゃないな。俺の好みだな。」

といったものがある。
また、

「例えば、北川景子とアンジェリーナジョリーとどちらかの顔になれるとしたらどっちが良い?」
「うーん、北川景子かな・・」
「そうなんだ、結構ずうずうしいよね」
「ひどーい(笑)」

という感じで、これを入れるとオナゴは「調子に乗った自分が恥ずかしい」と思うと同時に、場の雰囲気が砕けたものになり一気にオジサンとの距離が縮まることを実感している・・

この後さらに

「じゃあ、もっと失礼なこと言っていい?俺が好きだって言ったら怒る?じゃあ、お前のこと勝手に好きでいて良いかな?」

というセリフを続ければ、ギラつきにも使えるしキスに持っていくことも可能では?と考える
次回で会話についての内容は一旦終わりとするがオジサンの勉強はまだまだ続く

to be continue
PASONA_32_TP_V.jpg
posted by しんさく at 17:09 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック