2017年04月24日

逆に考えよう

先々週に、ようやく更新らしい更新ができたオジサンだが、相変わらず仕事に追われている

しかしながら、大きな仕事の山場を越え、これからはソフトランディングで落ち着きに入る予定である

滞っていた恋愛考察についても再開していこうと思う(出撃もな・・)

さて、本日は恋愛マスターからの地蔵にならないためのレクチャーメール「発想の転換」について書いてみよう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
声かけといえばどうしても連れ出しやゲットを目標にしてしまいがちである。

だが、この目標だと、連れ出しやゲットがなかなかできないと辛くなってくる。

なので、発想を逆転させて目標設定するという手段があるというのである。

例えば、

「10人に無視(ガンシカ)されるまで声をかける

とか。

拒絶されることを目標にして声をかけていく方法である。

もちろん、拒絶を目標にするからと言っても、声かけの手を抜いてはいけない。

ファッションやセリフなど万全に準備をしたうえで、拒絶を求めるというメンタルである。

最初から成功を求めずに肩の力を抜いて拒絶を求めていくと、かえって成功に近づくケースもあったりする。

もともと声かけの上手い人と下手な人の違いの1つは、拒絶された数だというのだ。

どれだけ拒絶されたかが、スト師としての価値であるといっても過言ではないという。

10倍成功したかったら、10倍拒絶されなければなりません。

それだけの考えでやっていこう

拒絶を受け入れられる人は、挑戦する勇気のある人だけである

                以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

確かに声かけをうまくやってやろうと思うと肩に力が入り、結果とのギャップに落胆することが多い。。

失敗(拒絶)を目的に声掛けをするのであれば、結果がガンシカでも目的は達成されるのでやり遂げた感がある

ナンパはとにかく声をかけてナンボである。

そのためにも発想の転換を取り入れ、数をこなしていこう!と思うオジサンであった

PAK85_lalaokuchibeniol20140321_TP_V.jpg




posted by しんさく at 13:14 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック