2017年05月24日

駆け引きというのは、強者の論理

ブログの更新が遅れがちだが、オジサン仕事が忙しいのに加え、子供にうつされた風邪でここ1ヵ月近く苦しんでいる

かれこれGW前からずっと調子が悪く何をしてても気分が乗らない状態である

先週よりビタミンDを飲みだし、ようやく回復の兆しが見えてきた

睡眠不足だと風邪も長引くし、睡眠だけは意識して取るようにしないといけないな

さて、5月に入り、以前仕事の悩みを聞いてあげていたオタク系オナゴがオジサンの直属の部下として異動してきた

社内不倫について1
http://myozin4000.seesaa.net/article/448200688.html

社内不倫について2
http://myozin4000.seesaa.net/article/448953987.html

若いのでとりあえず一発やりたいところだが、社内不倫の危うさは先日も書いたように身を滅ぼしかねないので自重して行こう

まあ、今時の?オタク系オナゴが何に熱くなり、どんなことを考え、どのような行動をしているのか学ばしてもらうつもりで接し、この経験を秋葉原や池袋のアニメイトとかにいるオタク女子をナンパするのに活用させてもらおうかと思うオジサンである

そんな中、恋愛マスターより、今のオジサンの状況に相応しいタイムリーなレクチャーメールが来たので紹介しよう。

以下、本文

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「追いかけさせる駆け引き」というのは、オークションと同じです。
あなたがメチャクチャ欲しいモノがあったとします。
そうですね…
たとえば、あなたがゴジラのブリキのおもちゃのコレクターだったとして、それがついに、オークションに出品された。
ある人がそれを、

「8万円!」

って値段を付けたとしますよね。で、あなたが

「9万円!」

ってコールする。

すると、その瞬間、その商品は・一時的ではありますが、あなたのモノとなる。

しかも、それ以上コールする人間がしばらくいないと、

「よしっ! これでついに、どうしても欲しかった、ゴジラのブリキのおもちゃが手に入るっ!!」

と、ほぼ自分のモノになったかのような錯覚におちいる。
ところが、しばらくすると、

「10万円!」

と値段を付けてくる。

その瞬間、

1、一時的に自分のモノであったのがそうでなくなる

2、自分のもの確定と思っていたのがそうでなくなる。

・手にしたものが失われる恐怖

オークションっていうのは、この積み重ねと、繰り返しによって、8万円だったものが、9万、10万、11万、15万、20万・・・と、値段が青天井に吊り上がっていくシステムです。

男女の場合、ここにちょっとしたルールが加わります。それは、

・若くて美しい女性ほど、強力な魔法を持っている

こと。
若くて美しい女性ほど持つ、強力な魔法の正体は、

・セックス

です。

たとば、人間としての魅力が

レベル50の男性



レベル30の女性

がいたとするじゃないですか。

ところが、このレベル30の女性は、 セックスという名の魔法を持っています。
美人、巨乳、スタイルが良い、という魔法。

すると、それだけで

レベル30+(魔法レベル60)

で、

実質、レベル90になります。

レベル50の男性



レベル(30+60=90)の女性

だから、大抵の男は、若くて美しい女性の持つ、セックスという名の魔法に負けてしまう。

レベル50の男は、どうしてもレベル90の女が欲しい。
欲しくて欲しくて、たまらない。
このとき、レベル90の女性は、レベル50の男性に対して、

・夜遅くにキスをする

とか、

・男がセックスを求めたときに、「あなたの事が好き。大切だし特別。だからこそ、遊びにしたくない。もう少しだけまって」

とか、

・終電逃して一緒に飲みながら、ちょっとエロい雰囲気になりながら、いちゃいちゃするようでありながら、あと一歩、朝まで一線は超えないとか、

・2人きりで暗い所で体を触りあったりはするけれども、肝心なところではぐらかす。

とか、

そういう行動をとったとしますよね。

すると、大抵の男は、焦ります。

じれます。自分の欲求が押さえられなくなります。
だから、言いなりになります。

「よし。次はやれるっ!」

「あと一歩で、こいつはオレのものだっ!」

こう思ってしまっている男ほど、
手玉に取りやすいものはない。言いなり人形。
お財布男の出来あがり。
これが、一番簡単な、女性の駆け引き。

次。

若くて美しい女性ほど強力である、セックスという名の魔法には、解き方があります。
男からすると、これは呪いなので、呪いを解く方法。

それは、その女性とセックスをしてしまうことです。

2回〜3回もしてしまえば、たいていは、この呪いは完全に解けます。

レベル(30+60=90)の女性から、魔法ぶんの60が消えてしまうので、

レベル50の男性



レベル30の女性

という関係性になる。

すると、レベル50の男性は、レベル30の女性を

・物足りない

と感じます。
セックスする前は許せたことや、気にならなかったことが、急に気になり始める。

だから、女性に冷たくなる。

レベル30の女性は焦ります。

「どうして??もう私に魅力がなくなってしまったの?」

焦った女性は、なんとかして、失ってしまった男性の愛を取り戻そうとして、セックスをはじめ、時間もエネルギーもありとあらゆるものを、男性に差しだしはじめます。

電話で呼ばれたときにはすぐにかけつけて、言われるままに、体を許し、料理や弁当を作り、掃除をして、次から次へと、差し出し続ける。
これも、よく聞くパターンです。

セックスという魔法=呪い

を境界線として、男はする前に、必死に追いかけ、

女はした後に、必死に追いすがる。

・・・

これが、男女の駆け引きとか、追いかける、追いかけさせるといったモノの根底。

一番の根っこを支配する、仕組みです。

つまり、恋愛っていうのは、セックスをめぐる、男と女の駆け引きなんです。

だから、セックスにこだわらない男は本当にモテます。

そこに執着しなければ、最初から、

レベル50の男性



レベル30の女性

で戦えるのだから。

さてさて。

今回の話で一番重要な点を言いますね。
当たり前のことすぎて、逆に、気が付いていない人が多い、実に夢もロマンもない事実なんですが、ここまで読んでもらって分かるように、

・駆け引きというのは、強者の論理

だという事です。

強者が、

「自分の方が弱者であるという事に気が付いていない弱者に対して、その事実を思い知らせる」

という行為でしかありません。
オークションの話、思いだしてみてください。
あれって、そもそも、オークション参加者が、その商品を欲望している。

という前提がないと成り立ちませんよね。

最初から、欲しくもなんとも無いものが自分の手から失われようと、あと一歩で手に入りそうであろうとも、欲しくないものは、欲しくない。
興味すら、ない。

セックスをめぐる男女の駆け引きのお話も同じです。

最初に男を手玉にとれるのは

レベル50に対する、

レベル90の女だし、

次に、追いかけるのはセックスの魔法が消えて、

レベル30になってしまった女

であることが前提。
分かります?

これ。
つまり、男のレベルが20であったならば、女のレベルが90から30に下がろうとも、強いのはいつだって女だし、

男のレベルが100であったなら、女のレベルが魔法込みで90であろうとも、

最初から

「そんなのかんけーねー」

駆け引きとは、常に強者の論理である。
気がついていない相手に、その差を知らしめるだけ。

本来、こちらが優位であるのに、相手がそれに気が付かず、調子こいているから、思い知らせる、それが、

「追いかけさせる」

という駆け引きの正体です。
とても傲慢なテクニックなんですよ。
なんでこんな事を書くのかっていうと、けっこう

「どうしても欲しい女がいます。どうやったら追いかけさせることが出来ますか?」

って聞かれるからです。
で、今日のお話をちゃんと理解してくれた人は分かると思うんですが、

「どうしても欲しい女がいます。どうやったら追いかけさせることが出来ますか?」

っていう、この質問をしてくる時点で、絶対に無理ですよね(^_^;)

絶対に、強者からは出てこない質問です。
強いて言うなら、

「そんなにモノ欲しそうな目で彼女を見ないでやってください」

でしょうか…

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

以上


この内容を己の現状に当てはめて考えるとアラフィフのオジサンとアラサーのオナゴで、やりたいオジサンというシチュエーションから恋愛強者としてはオナゴに軍配が上がる
しかし、一発やるとこの立場も逆転しそうである
オジサンはこれまでに、一発やるまでは物凄く頑張っていたのが一発やって、急激に熱が冷めてもうオナゴと
会いたくなくなった例が三回ほどあったので「ちんころじー」には気をつけなければいけない

ちんころじーについて
http://myozin4000.seesaa.net/article/441950490.html

とは言うものの男としては「ちんころじー」には抗えない宿命的なものがあるので、せめてしがらみの無い外部(路上)で発散して行こうと思うオジサンであった

kawamura20160818270615_TP_V.jpg
posted by しんさく at 11:02 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック