2017年04月24日

逆に考えよう

先々週に、ようやく更新らしい更新ができたオジサンだが、相変わらず仕事に追われている

しかしながら、大きな仕事の山場を越え、これからはソフトランディングで落ち着きに入る予定である

滞っていた恋愛考察についても再開していこうと思う(出撃もな・・)

さて、本日は恋愛マスターからの地蔵にならないためのレクチャーメール「発想の転換」について書いてみよう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
声かけといえばどうしても連れ出しやゲットを目標にしてしまいがちである。

だが、この目標だと、連れ出しやゲットがなかなかできないと辛くなってくる。

なので、発想を逆転させて目標設定するという手段があるというのである。

例えば、

「10人に無視(ガンシカ)されるまで声をかける

とか。

拒絶されることを目標にして声をかけていく方法である。

もちろん、拒絶を目標にするからと言っても、声かけの手を抜いてはいけない。

ファッションやセリフなど万全に準備をしたうえで、拒絶を求めるというメンタルである。

最初から成功を求めずに肩の力を抜いて拒絶を求めていくと、かえって成功に近づくケースもあったりする。

もともと声かけの上手い人と下手な人の違いの1つは、拒絶された数だというのだ。

どれだけ拒絶されたかが、スト師としての価値であるといっても過言ではないという。

10倍成功したかったら、10倍拒絶されなければなりません。

それだけの考えでやっていこう

拒絶を受け入れられる人は、挑戦する勇気のある人だけである

                以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

確かに声かけをうまくやってやろうと思うと肩に力が入り、結果とのギャップに落胆することが多い。。

失敗(拒絶)を目的に声掛けをするのであれば、結果がガンシカでも目的は達成されるのでやり遂げた感がある

ナンパはとにかく声をかけてナンボである。

そのためにも発想の転換を取り入れ、数をこなしていこう!と思うオジサンであった

PAK85_lalaokuchibeniol20140321_TP_V.jpg




posted by しんさく at 13:14 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

「メタ認知」を鍛える!

いよいよ2月がやってきた

かみさんの里帰りのめどが立ち、オジサンのパラダイスウィークがやってくる

しかしながら1月の残業続きでオジサンは心身ともにすっかり疲弊してしまった

連日の納期との戦いで1日中緊張を強いられて、常に体に力が入っていたため力を抜く方法を忘れ、ヘトヘトである

若いころは徹夜明けで翌日仕事をしても平気だったのが、アラフィフになった今、22時過ぎの残業をすると疲労が蓄積していき、明らかに回復力が衰えている

まずは体調を立て直そう

そうしないとオナゴ遊びにもベストを尽くせない

ちなみに同じ会社の石田ゆり子似アラフォー独身女性に誘いをかけてみたが、反対に向こうは2月が忙しいらしく、予定のめどが立たないらしい

仕方ないので向こうからの連絡待ちとなった。。

さて、今回は心理学で話題となっているらしい「メタ認知」というものを鍛える質問というものが、ナンパを続けていく上で結構役立つかと思われたので、「ナンパのモチベーションと効率アップに効く「46の質問」」という内容で載せさせてもらおう
(乃木坂46と同じ数だが、オジサンは乃木坂の中で生駒ちゃんしか知らない・・・)

少しとっつきにくい話かもしれないが、オジサンは今後この考えを忘れないようにブログに掲載させていただく。

まず、「メタ認知」とは「自分の思考についての思考」のことで、自分の状態をモニタリングしたり、現状を評価したりといった時に使う能力らしい。

つまり、「メタ認知」が低いと、なにが現在の問題なのかすらわからないので、まともな計画が立てられず、羅針盤のない海のなかでもがき続ける船のようなるとのことである。

例えば初対面のタイプのオナゴといきなり話さなければならなくなり、緊張しまくってパニックになり「どうしたらいいのか、何に困っているのかわからない!」って感じがするが、こういうのがメタ認知が効いてない状態らしい。

そこで「メタ認知」を鍛えるために具体的には、まず以下の4つのステップで問題に取り組むのが基本になるとのことである

•ステップ1.事前評価:「新しいことを学ぶにあたって、自分はすでにこのトピックについて何を知っているだろう?」
といった質問で、自分の「現在の思考」を深掘りするように働きかける。
•ステップ2.混乱ポイント:「今日学んだことのなかで、もっとも自分にとって意味不明だった点はどこだろう?」」
といった質問で、「何がわからないのかがわからない!」状態を抜け出す。
•ステップ3.「事前評価」の評価:事前評価の段階と現在で、自分の考え方がどう変わったかを深掘りする。
「ナンパを始める前は◯◯だと思ってたけど、いまは◯◯だと思っている」「自分の考え方の、このポイントが変化したな…」
みたいな感じ。
•ステップ4.思考の記録:ステップ1〜3までを記録に残しておく。「自分がナンパのために準備したことは◯◯で、次には何をすべきかを考えた。事前の準備でうまくいったのは◯◯で、次に変えるべきポイントは…」みたいな感じ。

何やら難しい理論話になってきているが、ナンパと同じく「習うより慣れろ!」で「メタ認知」をアップさせるためのセルフ質問を自分にすることが有効である!とオジサンは考える
では、いよいよその質問を紹介しよう!!

▼ナンパを始める前に使う質問

1  このナンパの具体的なゴールはなんだろう?
2  このナンパについて、現時点で何を知っているだろう?
3  このナンパをこなすためにできる準備はなんだろう?
4  このナンパを行う最適な場所はどこだろう?ナンパ中にしてはいけないことはなんだろう?
5  目の前のナンパについて、現時点でどんな疑問があるだろう?
6  このナンパをうまく達成するのに必要な要素はなんだろう?
7  ナンパを達成するのに必要なリソースはなんだろう?自分がそのリソースを持っていると確認する手段はあるだろうか?
8  ナンパの達成にかかる時間はどれぐらいだろう?
9  (以前にもナンパをしたことがある場合)どれぐらい以前のナンパよりも上手くできるだろうか?
10 具体的にどんな戦術が使えるだろうか?
11 ナンパの計画についてどれだけの時間を使っただろうか?
12 ナンパのどの部分にもっと時間を使うべきか?逆に時間を使わなくてもいいところはどこか?
13 そもそも、なぜこのナンパをするのが重要なのか?
14 このナンパを達成することで、自分のより大きな目標は進展するのか?
15 ナンパの進捗状況をモニタリングする方法はあるか?
16 このナンパから何を得たいのか?
17 このナンパを達成することで、自分のどのスキルを伸ばしたいのか?

▼ナンパしてる途中で使う質問
18 このナンパを行っている自分は、どんな知見を得ているのか?どんな経験をしているのか?
19 (前に進まないときは)自分は何に対して混乱しているのか?
20 ナンパ中にどんな疑問が浮かんだだろうか?その疑問を、どこかに記録しただろうか?
21 ナンパを楽しめているだろうか? 答えが「いいえ」の場合、ナンパが「他人事」から「我が事」に変える方法はないだろうか?
22 いま使っている戦術は上手く機能しているだろうか?
23 ナンパを達成するために、他のリソースは使えないだろうか? そのリソースを得るために何ができるだろうか?
24 このナンパでもっとも困難なポイントはどこだろう? もっとも理解ができないポイントはどこだろう?
25 困難なポイントに対して、違うアプローチはできないだろうか?
26 どこまでナンパの手順をシステム化できているだろうか?
27 どこまで他者のサポートを受けられるだろうか?
28 モチベーションは維持できているだろうか? 答えが「いいえ」の場合、「自分がこのナンパをしているそもそもの理由」を考えてみよう
29 自分が悩んでいるポイントは明確になっているか? 答えが「いいえ」の場合、どうすれば明確にできるか?
30 いまの時点で残っている「悩み」はどれか? 「自分の悩み」を明確にする方法は?
31 いまのナンパにもっと興味を持つ方法はないだろうか? どれぐらい自信をもって遂行できているだろうか?

▼ナンパが終わった後に使う質問
32 今日は具体的にどんなナンパをしたのか?
33 今日やったナンパは、以前の自分の理解と食い違っていないか?
34 今日のナンパで得たアイデアは、これまでのナンパにどう関係があるのか?
35 自分がナンパについて抱いた疑問や難点を解決、または明確化するにはどうすればいいだろうか?
36 今日のナンパでもっとも興味が持てたポイントはどこだろう?
37 今日のナンパでどれだけゴールに近づいただろうか?
38 今日のナンパでどれだけリソースを使っただろうか?
39 もし同じナンパをするときが来たら、次はどこを変えるべきだろう? 変えないでもよい点はどこだろう?
40 事前の計画でうまくいったのは何だろう?
41 事前の計画でうまくいかなかったのは何だろう?
42 うまくいかなかったポイントはどこだろう? なぜうまくいかなかったのだろう? 正しい方法とくらべて、自分が取った行動はどうだっただろう?
43 まだよく理解できていないポイントないだろうか? そのポイントを明確化する方法はあるだろうか?
44 このナンパから学んだことで、5年後にも覚えておくべきポイントはどこだろう?
45 友人が似たようなナンパをすると想像して、どんなアドバイスをしてあげられるだろう?
46 このナンパから学んだことで、自分の未来や大きな目標に活かせるポイントはどこだろう?

というわけで、これでもかというぐらい自分への質問をすることにより、自分がやる行動に対して頭の整理ができそうである
(オジサンは昔勉強していた「コーチング」という手法と似ているなと感じた)
実際、「できるだけタスクのルールとゴールをハッキリさせようね!」ってのがポイントになっているらしくメタ的な質問を自分に投げかけてると、怖気づいて地蔵になりそうなナンパでも頭の整理ができて、モチベーションがわいてやる気が出てきそうである

次回の出撃の際には実践してみてどれだけの違いが現れるかを紹介したい

心理学を含めたあらゆる要素を取り入れて、よりテクニックを磨いていこうと思うオジサンであった

N811_hartwotukurujyosei-thumb-autox1600-14746.jpg

posted by しんさく at 16:53 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

良い習慣を身につける

8月に入り、寝苦しく暑い日が続く。。
かみさんと息子も里帰りから帰ってきていつもの3人の生活が戻ってきた。。
久々に会ったせいか息子はすごく喜んでくれていたな

なかなか動きが取れないオジサンであるが、来週あたりには半日でもいいから早退をして出撃したいと考えている

さて、先週一人でいたときに、オジサンは独身時代によく行ってた本屋のビジネスコーナーで立ち読みしていたのだが、東レの取締役になった佐々木常夫氏が著者の「40歳からの人生が劇的に変わる習慣」という本を読んで「良い習慣を身につける」という内容が気に入って思わず買ってしまった。

これは、ナンパにも応用できる考え方だ!と思ったのでここで紹介しておこう。

以下、本文
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

40代は非常に忙しく、時間の流れが速い。

その一方で管理職として人を動かす力も鍛えなくてはいけない。

大量の仕事をこなしつつ、限られた時間の中で新たな能力やスキルを身につけるには、どうすればいいか。

答えはただ一つ。「良い習慣」を身につけることである。

「習慣」とは同じことを何度も繰り返すことだ。

だから、その行動や思考を完璧に自分のものにできる。

そして習慣になってしまえば、たいした努力や苦労もなく、ずっと続けることができる。これが習慣のメリットだ。

最初はつらいことや大変なことも多い。

例えば私は健康のために毎日1万5千歩歩くことにしている。
日常生活で歩くだけでは足りないので、毎朝1時間のウォーキングを欠かさない。
始めはなかなかしんどかった。だが毎日続けるうちに、今では何の苦もなく1時間歩けるようになった。
大変だったことがいとも簡単にできるようになったわけだ。

このように、良い習慣をつければ、自分をどんどん変えていける。

もともとの才能や資質を超えて、自分を成長させていけるのだ。

良い習慣は、才能を超える。これは私が長年の経験から確信した事実だ。

もちろん仕事においても同様だ。とくに40代からは、良い習慣をつけるかどうかで、管理職としての能力は大きく変わる。

だから若い頃は自分より優秀だと思っていたライバルを追い抜くことも不可能ではない。

私の同期にも、東大法学部卒の非常に優秀な男がいた。
受験に失敗して2浪した私などよりはるかに頭がよく、「彼のような人が社長になるのだろう」と思っていたほどだ。
ところが結果的には私のほうが先に部長になり、事務系の同期トップで取締役に就任した。
自分が彼ほど優秀な人物を追い抜いたのはなぜかと考えると、やはり習慣の差だったのではないかと思う。
彼は持って生まれた才能や資質で勝負すればいいと考え、「それで通用しなければ仕方ない」と早々に諦めてしまう傾向があった。
だが私は、会社の期待にこたえて目標を達成することが第一と考え、決して諦めずに多少の無理をしてでも様々な習慣を自分に課してきた。
その積み重ねが、いつしか彼の才能を超えたということだろう。

30代までは才能で何とかなっても、40代以降は良い習慣を身につけたものが勝つ。

40代こそ、自分の習慣を見直す好機なのだ!

                                       以上

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

この中でオジサンが気に入ったのは

「良い習慣は、才能を超える。」

「40代以降は良い習慣を身につけたものが勝つ」

という部分だ。

良い習慣の定義は人それぞれで色々あるとは思うが、オジサンは別に今の仕事で偉くなろうという意欲はないので、この考えを仕事に役立てようとは思わないが、仕事より優先順位の高いナンパ(笑)ではこの考えを役立てたい

そう、見ず知らずのオナゴに声をかけ、己の精神力と会話力、コミュニケーション能力を鍛えるというナンパという良い習慣(?)を諦めずにこつこつと積み重ねて力を身につけていけば、イケメンという才能だけで勝負している奴に勝つことも夢ではない

天才的な天賦の才能を持っていた清原も野球人生が無冠に終わって落ちぶれていったのは才能に溺れて努力を怠り、慢心していたのが原因かもしれない。

努力をしているイケメンにはかなわないかもしれないが、努力をしないイケメンには負けたくない!と負けん気だけは強いオジサンであった

0I9A4984ISUMI_TP_V.jpg





posted by しんさく at 11:42 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

使えそうなフレーズ

7月に入って夏らしく暑くなってきた

オジサン相変わらず仕事が忙しく、ブログの更新も遅くなった。

近況ではなかなか出撃は行けてないが、子供の風邪が大人にも移り、オジサンのどが痛くて苦しんでいるぞー

綾瀬はるかがCMをやっている銀のベンザブロックL錠を飲んで何とか少し改善したが、これから暑くなる時期で夏バテもせぬよう体調管理に気をつけて過ごしたいものである。
(しかし、綾瀬はるかは30過ぎても可愛いな〜。女性からも嫌われなそうだし、ナンパしてもガンシカ・無視とかはされなさそうである

さて!本日も恋愛の大家によるオナゴを落とすためのレクチャーと使えそうなフレーズを紹介していこう。

以下、本文

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

告白というのは、女性を言葉で落としてゆく行為です。

時には、グレーゾーンで、

時には、冗談っぽく、

時には、ストレートに、

「好意を伝える」

という一手を、いかにして効果的に、致命傷を避けながら、行うのか?

NOという結論を回避しながら、いかに、「好意」の弾丸をぶちこんで行くのか?

ですので、

女性に「YES」か「NO」かの結論を求めるような、言葉を避けるのが基本です。

が、人によっては、

どの段階で、どこまで言って良いのか、そのバランス感覚が分かりません、

ってなって、結局、ズルズルとチャンスを逃して終わってしまう、という事があるようです。

ので、そうならないためにも、1つの基準と、そこで行うべき具体的な行動を提案します。

まず、グレーなのか、ストレートなのか、冗談なのか、それらを、いつ、どのくらい行えば良いのか、イマイチ分からない、という男性は、
狙っている女性と、3回デートする所を目指してみてください。
それまでは、「ライト」に。
で、3回目のデートの時に、以下を実行してみてください。

ステップ1:
オシャレなバーとか、ラグジュアリーな景色とかで雰囲気作り。

ステップ2:
手をつないでみる(←テスト)

ステップ3:
ステップ2をクリアしたら、つまり、拒絶されなかったならば、

ストレートに、まっすぐに、好きだと好意を伝える(←テスト)

ステップ4:
女性の反応を見ながら、素直にこちらの好意を受け止められたならば、当然、そのまま付き合う。

もし女性がそのまま素直に、「うん」と言わなかったならば、

「結婚しようぜ」と、冗談の路線に変更する。(←テスト)

ステップ5:

当然、断られるので、

「じゃあ、付き合おうか」(←テスト)

ステップ6:

相手の反応を見ながら、

「じゃあ、試しに3か月でどう(笑)」(←テスト)

ステップ7:

相手の反応を見ながら、

「わがままだな(笑)しょーがない。(←テスト)
 1週間で妥協してやる」

ステップ8:

ここまで、

「絶対オレら合うから」
「相性良いから」
「オレがその気にさせてあげるから」

のような言葉を挟みつつ、

「3日でどう?」
「じゃあ、3時間!」
「3分!!」

と、冗談のニオイを強くしてゆく。

冗談と本気のバランスを取り、ちゃんとコントラストを付けて、相手を揺さぶってゆくためにも、

ステップ3と、ステップ5はなるべく真面目に。

後は、ちゃんと冗談として。

で、最後は、

「色々いったけど、困らせる気はない。ただ、伝えたかっただけ」

と、まじめにしめて終わり。

・・・

以上の流れでやってみてください。

これなら、最後までやりきっても気まずくならないし、途中でオッケーが出たらラッキーってスタンスで。

ひとつのやり方として。
                    以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


この考えはナンパでの連れ出し後にも応用できそうである
あと、断られたときに気まずくならないように使う冗談のフレーズとして

・じゃあ、これから婚姻届を取りに行くから

・じゃあ、この後、ご両親に挨拶に行くから。

・じゃあ、君んちの養子に入るから

・じゃあ、来週結納できるようにスケジュール空けておくから

なども、取り入れてみよう!

最近のオジサンはなかなか連れ出しもうまくできない状況であるが、いざ連れ出しがうまく行ったときのためにキャバクラでのシュミレーションで試してまた報告する

とにかく、早く風邪を治しますわ〜

FCFG100124417_TP_V.jpg
posted by しんさく at 14:34 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

明日のために

6月も半ばとなりスッキリしない天気が続く・・・

天気だけでなくオジサンもデスクワークの疲れか肩がこり、腰が痛く、目も疲れてスッキリしない状態が続いていたので昨日は早退してマッサージに70分行ってきたぞー
(以前、マッサージの達人で神の手を持つ伊藤さんの話(http://myozin4000.seesaa.net/article/427886467.html)をしたが、伊藤さんは4月から別のお店に行ってしまい、もう通えなくなったのだ(涙))

昨日行ったお店は良心的な価格でしっかりマッサージをしてくれる「みんなのてもみん」というお店で、久々のマッサージだったので、身体の奥に溜まっていた疲労が一気に表に出てきた感じで、オジサン家に帰ってからぐったりとなった。

来月にはかみさんも実家に里帰りする予定なので、オナゴ関係にはしゃげるようオジサンも体調を整えていこうと思う
なかなか出撃できないが、恋愛の大家からのレクチャーメールが何通か届いているので、オジサンのコメント付でここにまとめて載せておこう。。

           (以下、本文)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1 地蔵脱出のコツ

それは・・・
「声かけのためだけに、わざわざ何かをする」
ということです。

より具体的には、

・声かけのためだけに、スーツに着替える
・声かけのためだけに、コンタクトレンズを着用する
・声かけのためだけに、伊達メガネを着用する
・声かけのためだけに、街に出る
・これらの組合せ

などなど。
このような行為をすると、
「わざわざ声かけのためにここまでやったのだから、声かけなきゃもったいない」
という動機が湧いてきます。

オジサンのコメント

「オジサンもナンパのときはコンタクトをして軽くクマ取りメイクもして行ってるぞー!確かに別人になれる気がする」

2 女性を立ち止まらせるべきか?

歩いてる女性に声をかけた後、女性を立ち止まらせたほうがいいのか?
僕は、女性を立ち止まらせる必要はないと考えてます。
理由は、

・立ち止まらせなきゃ、ということを考えなくてすむ
・できるだけ自然に会話をしたい(立ち止まると目立つ)
・僕が歩きながら話すほうが楽
・その場で立ち止まらせると、通行人の邪魔になる場合がある

ためです。
ただし、連絡先交換する、となった場合は、通行人の邪魔にならない場所で立ち止まって連絡先交換をするようにしてます。
あとは、暑い日なら日陰に入るとか。
なお、僕の場合ですが、外で声かけ後、並行トークしてて女性が建物の中や駅の改札に入ろうとした場合、無理に立ち止まらせることはしません。
声かけした女性が建物の中に入るとか改札に入るとか、という行為は、拒絶の意思表示だと思います。
なので、それ以上は追いかけません。
(電車の中やお店の中まで粘って一緒に入ったこともあるのですが、こっちがストレスを感じるだけでした)

オジサンのコメント

「昔、オジサンも一度無理やりオナゴを立ち止まらせたことがあったが、結局結果は同じか、より悪くなった と感じたぞー!」

3 今できることをやるしかない

僕は高校生のころ陸上部でした。
長距離走者です。
夏休みになると、田舎に合宿しに行ってました。
もともと田舎の高校だったのですが、さらに田舎まで合宿遠征してました。
道路を走るので、ほとんど車の通らないような田舎が合宿地として選ばれてました。
夏休みの間、4箔5日の合宿を3〜4回してました。
強制参加です。
ふだんの練習もキツいんですが、この合宿は格段にハードです。
朝7時から25km走、夕方4時から25km走、
を毎日やるような日程です。
僕らが集団で走りながら、怖い監督が後ろから車で追尾してくるスタイルです。
さぼることなど、できません。
いまでも、「合宿」という言葉が若干トラウマになってます笑
そんな厳しい合宿でしたので、いちど合宿所から後輩が脱走(脱獄?)したことがあります。
電車で自宅まで帰ったとのこと。
でも結局、その後輩は、合宿所まで連れ戻されました。
その後輩のお父さんが警官で、パトカーに乗って合宿所まで連れ戻されました・・・
そのときに感じたのが、
(ああ、俺らは逃げれないんだ・・・)
ということです。
今いる現状を耐え抜くしかないことを痛感しました。
声かけでも恋愛活動でもそうですが、僕らは常に今現在の自分で勝負していかねばなりません。
年齢は変えられないし、体格、住んでる場所、職業なども、すぐには変えることができません。
変えれないものに関して、考え込んだり悩んだりすることはムダに疲れてしまいます。
自分に今できることを積み上げていくしかないのかな、と思います。

オジサンのコメント

「先日、ブログに書いた記事「逆境をバネに」と同じ内容のことであるな。。
 (http://myozin4000.seesaa.net/article/437305254.html
 (ちなみにオジサンは学生時代、合気道クラブに入っていたこともあるが、合宿は死ぬほど嫌で入部したことを死ぬほど後悔した)」

4 成功者の体験談

今日は、私の恋愛商材を購入していただいたAさんからの体験談をご紹介します。

・・・・・ここから・・・・・

先日運良くギャル系の子を即日GETできました。
台本のユーモア系の
"疲れてそうですよね?"
"肩車しましょうか?"
という声かけから入り、明らかに他の女性とは違った反応でした。
他の子は声かけても壁があるのに、この子だけはそういった壁が有りませんでした。
カラオケ→ホテルの流れで行ったんですが
・カラオケ連れ出しもすんなり了承
・ジントニックのレモンを絞ってと言う
・やたら距離が近い
・やたらこっちを見てくる
・私のお酒も飲んでいいよと言う
・手つなぎOK
これはいけると直感して、、思い切ってホテル直打診も即OK
今までナンパで即なんかしたこと無かったので、なんだか拍子抜けしてしまいました。
美人局か何かとメッチャ疑ってましたw

・・・・・・ここまで・・・・・・・・

Aさん、ありがとうございました^^
僕としても、このような報告を受けるととても嬉しいです!!!!!!
Aさんは、「運良く」と書かれていますが、思い切った行動の連続が成果に結びついたのだと思います。

オジサンのコメント

「Aさんうらやましいぞー!!確かに私の師匠の一人であるナンパの達人さんも「ナンパでうまく行く時はアホみたいに簡単!」と言っている。達人さんが言っている例と同じであろうな・・・」

5 直接法と間接法

声かけの論点としてよく取り上げられる直接法と間接法について書いておきます。
直接法は、最初から好意を伝える声かけの仕方です。
間接法は、道聞きなどの声かけから入って連れ出しや連絡先交換に移行する方法です。
僕は、直接法メインです。
教材にも書きましたが、初心者であればあるほど、最初に要件を伝えてしまうほうがあとが楽になります。
「あなたに好意があるんで、お茶して話しませんか?」
という表現は、自然な流れです。
そもそも、好意があるから声をかけるわけですし、あなたの言動に説得力が出てきます。
また、
僕らの最終的な目標は、連れ出すこと自体や、連絡先交換自体ではありません。
その先にあります。
手をつないだり、スキンシップしたり、身体を重ねたり。
声かけの段階から好意を示しておけば、これらの行為を行うことが自然になります。
間接法の場合、例えば、道聞きの場合、道を聞いたとして、
「じゃあ、お礼にお茶おごるんで」
という言い方をしたら、女性は、あなたのことがよっぽどタイプでない限り、
(なんでそうなるの?)
(最初からお茶が目的?)
などと思ってしまいます。
道を聞いたお礼にお茶に誘う、という文化が一般的ではないためです。
このように、間接法の場合は、声かけのハードルが下がるぶん、連れ出しや連絡先交換に移行するのが難しい、と思います。
なので、間接法で声かけした場合は、どこかの段階で、女性を異性として認識している、これも1つの出会い、縁である、ことをハッキリと示して、直接法への切り替えを行う必要があると思います。
より具体的には、例えば、道聞きの場合、道を聞いたあとに、何らかの雑談などで空気を和ませたあと、「話してて楽しいし、こうゆう出会いも縁だと思うんで、念のためラインだけ交換しときません?」
のような形です。
ただ、この
「何らかの雑談などで空気を和ませる」
のが、初心者にとっては難しいと思います。
このへんもテンプレ化できれば面白いのかな、と考えています。

オジサンのコメント

「直接法を選ぶか?間接法を選ぶか?・・・は、ナンパ師自身が選ぶことであろうが、結果的に直接法の方が より効率的だと思う・・」

6 声かけ時に周囲の目が気になる人へ

新宿のアルタ近くで友人と2人で飲んだときの話・・・
(この友人は声かけしない人です)
夜の10時か11時前だったでしょうか。
お店を出て、JR新宿駅に向かう途中、路上で女性に声かけしている男性がいました。
僕からしたら、どこからどう見ても、キャッチやスカウトではなく、一般男性が女性に個人的に声かけしているのがわかりました。
そして僕は
「お、あれ声かけしとるで!」
と、友人に伝えました。
すると、
「そうなの?」
というような感じで、まったくわかってない様子でした。
声かけをしている最中の模様を見ても、声かけをしていると認識していない様子。
というか、それ以前にあまり興味がないようでした。
その後、さらに駅の構内でも別の男性が女性に声かけしてるのを見かけました。
そしてまた僕は、
「お、また声かけしとるで!!」
と、友人に伝えました。
すると、やはり、友人はまったく気づいておらず、こう言われました。
「よく分かるね」
声かけしてるって、よく分かるね、という意味です。
僕からしたら、
(なんで分からんのん??)
っていう感じでした・・・
声かけしない人にとっては、声かけしてる様子がこんなに分からないものなのか、と感じました。
おそらく、この声かけの模様が友人の視界には入ってるものの、脳が認識してないのでは、と思います。
僕らは声かけをする側なので、自分と同じ挙動をする人がすぐにわかるんだと思います。
ある程度の人通りがあれば、よほど目立つ声かけをしない限り、通行人は、あなたが声かけしてることさえ認識することが困難です。
仮に、声かけしてることが分かったとしても、それをずっと目で追ったりはしません。
上述の友人も、声かけしてる模様を目で追ったりしてませんでした。
(僕は、学ぶものがないかどうか、ついつい目で追ってしまいますが・・・)
もし、あなたが、声かけ時に周囲の目が気になることがあれば、今回のエピソードはお役に立てるかもしれません。

オジサンのコメント

「この話は共感できるな!ナンパをするようになって、他のナンパ師の存在をすぐ感じれるようになった。
 そして、ナンパは迷惑と感じる子もいれば、迷惑そうにしつつも内心は喜んでいる子もいる。
 だからどうだというのだ。「新聞の勧誘」とか「飛び込み営業」とか「キャバクラへの客引き」とか「居酒 屋の客引き」とかと同じレベルなんだーと考えれば気が楽である

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

以上、今日は長くなったのでまた別の日に

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:57 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

温故知新

本日は10数年前の話をしよう。

当時、まだ30代半ばで独身だったオジサン、仕事はそれなりに忙しかったが会社はブラックではなかったし、自分の自由に使えるお金があり、平日は同僚と飲みに行ったり、土日は好きなときに寝て、好きなときに起きて、多摩川を散歩に行ったり、映画を見たり、風俗に行ったり、食べ歩きをしたり、マッサージに行ったりと日々それなりに楽しかった

しかし、当時性欲も盛んだったオジサンだが、見事なほど、本当に情けないほど、Hできる素人オナゴとの縁は無かった

職場に同年代のオナゴはいて、たまに飲みに行ったり2人だけで食事に行ったりする子も2人ほどいたが、大卒で男性と対等に仕事をすることを求められている彼女らは恋愛対象でもありながら、どこかで仕事上でのライバルの部分もあった。。。
そのせいか、なかなか色恋沙汰には発展せず、毎晩仕事が終わって一人の家に帰ることに虚しさを感じていたオジサンはこれではイカン、俺の青春(!?)が終わってしまう!と新たな出会いを求め意を決して某Fナンパ塾の門を叩いた
(ナンパ塾の前に結婚相談所にも行ったが、相談所のシステムは本当にダメだと思った。この話はまた後日)

このナンパ塾の講師はその業界では有名な当時アラフィフ独身で、頭も禿げ上がってズラを被っており絶対モテない類の人種で、ナンパの腕も疑わしいものだったが、毎週末のようにモテない男のためにモテるための講座を開き、この時に呼ぶ臨時講師の面々が実に多彩な顔ぶれで個性豊かであった

学生時代に不良にもなりきれず、運動音痴のため帰宅部で、ほどほどの勉強をして、ほどほどの進学をして、ほどほどの会社に入ったオジサンだが、入った会社も堅くてマジメな職場で、マジメな社員に囲まれ、退屈な毎日を送っていたので、その時の臨時講師の方々は今までに見たことも会ったことも無い人種で、怖いもの見たさもあって講師との出会いと講義を聞くのがとても新鮮で刺激的であった

一例を挙げると

・モテる男のためのファッション講座

・モテる男のためのマジック講座

・モテる男のためのカウンセリングカードの使い方講座

・モテる男のためのタロット講座

・モテる男のための催眠術講座

・モテる男のためのマッサージ講座

・モテる男のためのSEX技術講座

・ナンパの達人によるモテるための講座

・プロのヒモ師によるモテるための講座

・ホストクラブ経営者によるモテるための講座

・プロの心理カウンセラーによる女性を魅惑する講座(通称「魅惑術」)


等々・・・
講座は都内のカラオケ店の地下の一室で開催され、むさ苦しい野郎共が10何人も膝と膝がぶつかるぐらいに押し込まれ、講師の講義をノートにメモを取りながら皆、真剣な眼差しで聞き入るのだが、参加しているオジサン自身が、オナゴにモテるために、男共はここまで苦労して努力して情熱を注がなければいけないのかーーといった思いであった
オジサンは毎週末に開催されるこれらの講座をこまめに参加し、お金も結構使ったが様々なスキルも身につけることができて決して無駄ではなかったと思う。。
(同じくオナゴ関係に苦労しているたくさんの同士と知り合い、交流させていただいた)

そして、そこで学んだスキルをキャバ嬢やデリヘル嬢や出会い系やパーティーで会うオナゴどもに積極的に実践してわかったことは

・ファッションはプロに同行コーディネートしてもらうとすごく楽で効果抜群

・マジックやカウンセリングカードはオナゴの興味を引くことができる
 (どうでもいいその他大勢から、最低限「面白い奴として好意を持ってもらう」目標は達成できる)
 (ただし、自分が魅力的になったのではなくマジック等が魅力なのだということを勘違いしてはいけない)

・催眠術は実際にやってみるとオナゴが気だるいと感じる軽トランス状態に持っていくことができる

・オナゴを惚れさせてセッ○スに持ち込むというモテない野郎の考え方を改め、セッ○スしたらオナゴが惚れるというモテる野郎の意識改革をしなければいけない!

・そして、これも意識改革だが
 
 3回程度会ってからセッ○スに持ち込むという世間一般的な考え方を改め、その日のうちに行ける所まで行かなければならない!!
 (→これでついてこなけりゃ捨てるという精神。次のチャンスはやってこないかもしれないのだ!!)

ということであった。
この塾に行ったおかげで成果があったと思われる事例を挙げると

・出会い系
 27歳エステティシャンに初回で催眠をかけ、乳もみ、キス、3回目H達成
 29歳可愛いピアノ講師と2回目マッサージからのキス、3回目マ○コ触り、4回目H達成
 30歳介護士と初回でH達成
   
・パーティ
 28歳OLと初回でキス
 28歳可愛いOLと2回目マッサージからのキス
 29歳可愛いOLと初回でキス
 35歳OLと2回目キス、3回目H達成
 
・出会い喫茶
 オプションの金を払わずにキス、乳モミできたのが10人程度
 (ナンパ塾でスキルを学んでなければキス、乳モミまで持ち込めなかったであろう)

・・・・こうしてみると少しは成果を残せていたのかなと思われる・・・・・

やがて、今のカミさんと出会い結婚が決まると、オナゴに対するオジサンのチャレンジも勢いが止まってしまった。
やがてこのナンパ塾もナンパ&婚活塾と名前を変え、講師も60近く(未だ独身)となり、臨時講師もどんどん離れていってあんなに楽しかった講座も魅力の無いものばかりになってしまった。(講座を開催していた講師も働き盛りを過ぎて感性が衰えてしまったように感じる・・)

なぜ、今日はこのような昔話をしたかというと4月のハイスペックオナゴとの勝負に敗北したこと(いまだに尾を引いている)を振り返り、

・結婚前は敵陣の前まで行って大砲をぶっ放すような攻めに出て少しは成果を残せていたオジサンなのに、結婚後は敵陣からはるか後方の安全な良い人ポジションから石を投げる程度の攻撃で、完全に守りに入りろくに勝負もせずに過ごしていた

ことが影響しているのではないかと感じたからだ。。
(それまで大自然で獲物を狩っていた腹ペコ状態の野生のライオンが、動物園の檻に入れられ3食与えられ、死んだ目になっている状態か?

もちろん、勝負をして断られたケースも多々あるが、それに関してはやるだけやったということで後悔は全く無い。。

ハイスペックオナゴに対して未だに敗北感を感じ引きずっていることに関しては、失うものが無く隙あらば唇を奪ってやるとギラギラしていたあの頃のハングリースピリッツに解決の鍵があるのかもしれない??

どういった流れがいいのか、もう一度検証しなおし、このブログにも載せていきたい。。

温故知新(前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりし て、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること)の精神でもう一度出直そう!と思ったオジサンであった

amaG0I9A8314045135013_TP_V.jpg
posted by しんさく at 09:47 | 神奈川 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

見た目草食系男子のモテ方

(前回からの続き)

良い人でのキャラ設定が自分に合っていると思いながら、それを極めようと思い込んでいたオジサン。

そんななか、恋愛の大家からレクチャーメールを受け取りハッとさせられたのであった

(以下、そのレクチャーメール本文)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

僕はセッ●スした後、女性から、

「実は肉食系だよね」
「全然、そんなふうには見えなかった」
「無害な人だと思ってたのに〜」
「●●君とこうなるとは、全然思わなかった」

とか、それ系のことを、よく言われます。
他にも、

「ウソツキだよね〜」
「ほんと、詐欺師だよね〜」
「くち上手いよね〜」

みたいな事をよく言われるんですが、根本は同じだと思います。 最近も、

「●●君ってツンデレ(?)とはちょっと違うけど、全然そんなふうに見えないのに、急にドキドキさせるよね」

と言われました。要するに、僕の外見は、草食系です。

・優しくて誠実で無害な男

これが僕の外見的特徴です。
草食系男子がモテるとは、まったく思いませんが、でも一方で、いかにもオラオラした感じの外見だったり、ちゃらいイケメンであったり、ダンディなおじさまであったり、ホストっぽい妖艶なイケメンであったり、そんなんじゃなくても、優しそう、真面目そう、無害そうな外見でも、女性を口説く上ではまったく困りません。
ということを、身を持って理解しています。

要は『演出』の問題じゃないでしょうか。
ヤクザっぽい、怖い外見の男が、ちょっと優しい一面を見せただけで

怖い+でも本当は優しい

という

二面性=人間としての深み

が生まれ、モテます。
怖いだけの男はモテないです。
そういえば、最近よく言われる

『ツンデレ』

も同じですよね。

冷たい+でも本当は甘える

これが魅力をぐっと演出しています。

すごく強くて頼もしいと思ってた男がふとした瞬間にチラっとだけ見せる、弱さ、

とか、

あまり冴えないと思ってた男が、ある瞬間に見せる男らしさ、

とか、

いつもバカな事だけ言っていて、頭が 空っぽだと思ってた男が、ふっと、キレ味の鋭い一言を発したとき、

とか、

逆に、すっごい頭いいと思われてた人のめちゃくちゃ天然な一面、

とか、

ただ面白いだけ
ただかっこいいだけ
ただ凄いだけ
ただ強いだけ
ただ頭がいいだけ

だと、実はあんまり魅力ってありません。
そういえば、ただイケメンなだけ、の男がすぐに女性に捨てられて、僕のところに相談に、よく来ます。
『ギャップ』と表現する人が多いようですが、要するに、どうやって違う自分を見せるのか。
1つの面しか見せないと、簡単に飽きられます。

「ああ、こういう人ね」

と、分かった気になられてしまうんです。

・優しくて、誠実で、真面目で、無害、

そういう外見にコンプレックスを持っている男って多いみたいなんで、じゃあ、僕の場合はどうやって、ここから二面性を演出してゆくかって話なんですが、たぶん、僕、かなり手が早いんだと思います。

とりあえずの目標は、1回目のデートで唇にキスをする

ここをゴールに設定しています。

もちろん、そのときの空気次第で、最後まで行っちゃうこともあれば、一切、体に触れないこともありますよ。

でも、ひとまずの目標は、唇にキス。

そしてその時、女性の胸やお尻に触ったりはしません。
女性にとって、キスというのは特別な意味があるので、あえて、キスまでに留めます。
ここで胸とか触ると、とたんに

「特別なドキドキ」

ではなく、

「体が目当て」

になるからです。

逆の立場でイメージすると、優しくて真面目そうな女の子が、たとえば、学級委員長みたいなコがふとした瞬間にキスだけして、何も言わず別れたとしたら、
やっぱ、気になりませんか?

「え、あのキスの意味って何??」

って。
1人の時に、キスの意味を考えさせる。
こうやって、会っていない時間を使って、相手の恋愛感情を高めます。
当然、これをやるには守るべき前提があって

・男として無しでないこと

のうえ、2人で食事したり歩いたりしているとき、こちらが体を近づけても、無意識のうちに相手がそれを受け入れること

などの条件が求められるんですが、ともかく僕は、見た目がかなり

優しくて真面目で無害

な感じなんで、その印象のままデートの回数を繰り返してしまうと、相手の中にその印象が固定しちゃってますます攻めづらくなるうえ時間が経てばたつほど、

・ただのイイ人

になりやすいので、かなり意識的に、

「肉食の一面」

を見せるようにしています。

自分の二面性を演出しましょう。

というお話でした。
                         以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


確かに、優しくて良い人だけに凝り固まるのではなく、性的な香りのする危険な男の面も見せなければ男と女の関係には進めない
過去の恋愛商材等を読み返し、使えるテクニックがあればここに載せていこう!!
草食系に見える外見とは裏腹に肉食系という意外なギャップを生かしつつ、オナゴを落とすことに精進して行こうと思うオジサンであった

YUKA160322010I9A4289_TP_V.jpg

posted by しんさく at 11:42 | 神奈川 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

自分を差別化するには?


前回までキャバクラでの修行体験をのっけてみたが、あの時のオジサンの職業は心理カウンセラーという設定であった。。

また、4月のハイスペックオナゴとの食事でも優しくて居心地のいい人のキャラ設定での立ち居振る舞いであり、日頃はマジメ(!?)なサラリーマンを演じているオジサンにしてみればあまり違和感の無い言わば楽チンなポジションでのチャレンジであった。

そして、この優しくて良い人キャラのスキルを磨いて磨いて、とことん極めていけばオナゴは自然と心を開き、そこから勝手に股を開いてくれるのでは??

という思い込みの考えが最近のオジサンのトレンドであったが、ここへきて、またまた恋愛の大家から来たレクチャーメールを読み一つのキャラ設定にこだわるのは危険なのではないか?と思うようになった。。

それが、今回載せる1つ目の「他人との差別化」という内容である

(以下、そのレクチャーメール本文)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女の子の憧れ。
少女漫画に出てくるような、王子様のような男性像。
これってメチャクチャ使えます。
あなたが王子様ではなくても、使えるんです。
たとえば僕は、金持ちでもなければイケメンでもない、どこかの御曹司でもないんだけれど、けっこう平気で、歯の浮くようなキザなセリフを言います。
ベタですが、夜景とか花なんかを一緒に見て、女の子が

「綺麗〜 ^^ 」

って感動していると、

「君の方が綺麗だよ」

とか、

「ここにある花は全て君の引き立役だよ」

とか。
女の子が、テレビやポスターを見て

「あの子すごく可愛い」

とか

「あの子すごく素敵」

みたいな事言ったら、すかさず

「でも、○ちゃんより素敵な女性って世界中どこを探しても、いないよね」

とか。他にも、その子ため何かをやってあげて、感謝されれば

「君が喜んでくれるなら、いつでも何度でもしてあげる」

とか。
たいての日本人男性は、こう照れて言えないので、それだけに、効果あります。
コツとしては、最初冗談半分に言ってみてください。

こっちも、冗談で言ているんだよ ^^っていう、スタンスです。

すると、相手もちゃんとそれが分かるんですが、

・冗談と分かっていても嬉しい

・軽い冗談っぽいから、むしろ受け入れやすいという状態になります。

女の子の中には、照れて笑っちゃたり「歯が浮いてますよ〜(笑)」

とか、

「バカでしょ(笑)」

とか、

そんな反応も、けっこうあるのですがでもバカにしつつ、内心けっこうまんざらでも無かったりします。
そういう独特の雰囲気が生まれます。

これを極めていくと、

「今夜の君は、誰よりも輝いてる」

とか、

「いま一瞬、羽の無い天使が舞い降りて来たかと思ったよ」

とか、

「僕はきっと、君に会うために生まれてきたんだよ」

とか、そんな事まで言えちゃうようになります。

照れ隠しに爆笑する女性、

顔を真っ赤にする女性、

マジでウットリする女性、

色んな反応があります、空気感で押し切ります。

こういうのを言える男って、すごく少ないんで、これがやれちゃうだけで、ものすごい強烈な武器になります。

あと、

言葉ではないんですが公園など、外で座るよう機会があったら、さっとハンカチを敷いてあげる、とか。
女性がミニスカートでイスに座るような時に、スカートの中が見えちゃわないように、ハンカチを貸してあげる、

とか。(綺麗なハンカチはとっても便利)

簡単ですが、こういうのを当たり前のように出来る男ってほとんどいません。
女性も、ドラマとか少女漫画の世界にしかいないと思ってます。
だからこそ、当たり前の顔をしてこういう台詞や動作が出来るととてつもない破壊力を発揮します。
この話をすると、決まって

「自分はそういキャラでありません」

って言われるんですが、それ言っちゃうと、

「いや。僕だって、もとはそういうキャラじゃないですから ^^; 」

って思います。
でもね、キャラとかって関係無いんですよ。
女の子からしたら

「それは、あなたの事情でしょ?」

って話です。
みんなと同じ事しか出来ないから、その他大勢、風景と同化しちゃうじゃないですか。
だから、つい周囲の誰もがつまり、多くの日本人男性が

「いや。自分は、そういうキャラではありませんから…」

って言うようなところを、あえてやって見せ、自分を差別化しないと。際立てさせないと。

・その他大勢

これが、もっとも避けたい選択肢です。

                以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

オジサンこの文章を読みハッとさせられた

良い人でのキャラ設定が自分に合っていると思いながら、知らず知らずに自分が楽なポジションへ逃げていただけではないのか

マジメで誠実な男よりもキザでチャラい男が好きなオナゴもいるし、「男は視覚で興奮するが女は言葉で欲情する」という格言もある。
優しいだけの男ならゴマンといるこの世の中でオジサンは「その他大勢」の中に埋没する危険があったのではないか???
また、一つのキャラ設定だけにこだわって他の面を捨ててしまっていると応用力がなくなって危険である。

そう!優しくて良い人という面も大事であるが、いざという時に性的な香りのする危険な男の面も使えるよう持ち合わせておくべきである

そして、この問題提起は次回のブログで載せる「2面性について」という内容へつながっていくのであった(つづく)

SAYA160312110I9A3798-thumb-autox1500-22018.jpg


posted by しんさく at 10:58 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

継続するために・・・

前回のブログでは

「余計なエネルギーを消費しないよう、事前にやれることは事前に済ませて無駄な行動はそぎ落とし、ナンパに必要な行動だけを抽出して実行いこう!」

と書いたが

「声かけを継続するためには声かけの場所に行かなきゃいけない理由を作る」

ことは悪くないらしい・・・

一見、相容れないようだが、恋愛の大家が言うところの内容を読めばなるほどと思える。。。



以下、その本文である。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

声かけを継続するためのコツはあるのか?

ということですが、例えば、

「声かけの場所に行かなきゃいけない理由を作る」

ことです。

声かけするためには、まず声かけする場所に行かないといけません。

これがけっこう面倒じゃないですか?

しかも定期的に行くとなると、なおさらです。

僕の場合は、週1でスポーツ系の習い事をしてたので、その行き帰りに声かけをしてました。

習い事以外では、

・友達と会う予定を入れる、

・美容院や買い物は声かけの場所でする、

・声かけの場所にあるTSUTAYAでDVDを借りる(返しに行かないといけないため)、

などが挙げられます。

一番よくないのが、「気分が乗ったら行く」です。

「今日は気分が乗らないから、次でいいや」

となりがちです。

とにかく理由をつけて、声かけの場所に行ってしまったほうが、気分が乗ってきます。

例えば、掃除も、やり始めるのはダルいですが、いちど始めるとだんだん気分が乗ってくることありませんか?

「気分が乗る」という状態は、脳の「側坐核」という場所で作られます。

そして、側坐核を活動させるためには、ある程度の刺激が必要ということがわかっています。

この、ある程度の刺激というのが、「とりあえず行動する」ことです。

掃除なら、掃除を始める、

声かけなら、声かけの場所に行く、

という行動です。

以上


要は、声かけを継続するために声かけの場所に行くための理由があることは良いが、そのためにエネルギーを費やし過ぎることは声かけに支障をきたすため良くないということか

つまり

「それほど手間隙かからずに済むような出撃場所に行く理由を考えろ

ということだな

とにかく理由をつけて、声かけの場所に行ってしまうことが大事で、気分は後からついてくるよという理屈である。

さて、オジサンの現在の出撃場所は渋谷、横浜であるが、ここへ行くための理由として何かあるだろうか???

・渋谷であれば、ナンパに役立ちそうな服を見に行く、若いギャルを観察しに行く

・横浜であれば、行ったことのあるカラオケ「ビッグエコー」に行って一人カラオケを歌ってテンションを上げたり、 美味しいパン屋(ベイシェラトンや浅野屋)でパンを買う

というところであろうか・・・

「自分、パンが大好きで今日は有名な美味しいパンを買いに来たんですけど・・」というセリフもナンパで使えるかな・・・

takebekaeru_TP_V.jpg









posted by しんさく at 13:32 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

余計なエネルギーを使わない!

オジサン4月から新しい職場に異動し、ドタバタの毎日であるが、前回のブログ記事で、来週ぐらいには忙しい合間にも出撃できるチャンスが訪れそうと書いたが、そのチャンスも急な仕事でことごとく潰れ、4月は出撃できそうにも無い・・・

今月は新入学生、新入社員、就活大学生と街には初々しいオナゴで溢れ返っているのに、ハイレベルオナゴとの食事以降はなかなか身動き取れないオジサンであった

GWあたりには少しは活動の機会が出てくるかとは思うが、また報告することとしたい


さて、

オジサン、ナンパをやってみて、つくづく感じることがある。

それは、声かけは、声をかける、かけないの判断の連続で、この判断が非常に大変でエネルギーを多く使うということである。

これについては、恋愛の大家も余計なエネルギーを消費しないよう書いていたのでここに載せておこう。


以下、本文

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

声かけする日は、声かけの判断に直接関係ないことにエネルギーをできるだけ使わないことをオススメします。

オバマ、ジョブス、ザッカーバーク(フェイスブックのCEO)の共通点は、何だかわかりますか?

「いつも同じ服をきている」

です。

ジョブズは、黒色のタートルネック、デニム

オバマは、グレーか青のスーツ

ザッカーバークは、グレーのTシャツ

彼らは、仕事で重要な決断をいくつもしなければなりません。

なので、「服を選ぶ」という意思決定のエネルギーをゼロにするために、いつも同じ服を選んでるそうです。

「服を選ぶ」という、ささいな選択でも、脳は多くのエネルギーを使うため、重要な仕事の決断にさいして判断が鈍るためだそうです。

あと、単純に時間を消耗します。

僕がスーツを推奨する理由は色々ありますが、

「服のコーディネートを考えなくてすむ」

という理由もあります。

また、以前のメルマガでも私服のお話もしましたが、店員に全部決めてもらうのも、同じ理由です。

ですので、声かける、かけないに直接関係ないこと、例えば、

「声かけ当日の服は何を着るか」
「声かけ当日の食事は何を食べるか」
「どこで声かけするのか」
「何時から声かけするのか」
「どうゆうルートで歩きながら声をかけるのか」
「どのテンプレートを使って話すのか」
・・・・など

事前に決めれることは、決めてしまいましょう。

以上


この大家の話を聞いてオジサン、今まで休みの日にナンパをするときは、事前にオナゴになれるためライトな風俗に行ったり、街に出たついでにあの店で買い物をして・・あの名店に行ってあの料理を食べて・・と良かれと思っていた行動が実はナンパの声かけに制約をかけていたのだと気づいた。。。

今も4月から新しい職場に移り、新しい仕事、新しい人間関係でエネルギーを消耗し、ナンパに向けるエネルギーが枯渇していることを嫌というほど感じる。。

声かけ自体ものすごいエネルギーを使うのであるから、ナンパする当日は声かけ以外に必要の無い行動は極力控えて、その分を一人でも多くのオナゴに声かけするほうが良いに決まっている!!

事前にやれることは事前に済ませて無駄な行動はそぎ落とし、ナンパに必要な行動だけを抽出して実行いこう!と思うオジサンであった

SAYA160312550I9A3361_TP_V.jpg




posted by しんさく at 11:43 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする