2017年03月06日

連れと出撃したオジサン

かみさんが里帰りし、仕事が繁忙期の谷間に入ったこともあり、重い腰を上げ、ようやく出撃を開始し始め出したオジサン

さて、オジサンの会社では全国の社員を集めての研修が度々あるのだが、今回オジサンが出席することとなった研修で昔の後輩も一緒に参加するので前日に飲みに行くこととなった

この後輩は関西方面に住んでいて、オジサンがナンパしていることを話せる数少ない悪友?である。

今から15年ほど前、お互い30代前半で独身の頃に出会ったのだが、当時の社内は女性社員がほとんどおらず、男連中の中で仕事に明け暮れ、家と職場を行き帰りする毎日でお互い性欲をもてあまし(笑)モンモンとした日々を過ごす毎日であった

お互いナンパしたくでもそんな度胸が無かった時代だが、あれから15年が経ち、見ず知らずの街ゆくオナゴにもようやく声をかけれるようになったオジサン

昔話に花が咲いたが、後輩はオジサンと声かけしたいというので居酒屋での再会を1時間程度で切り上げ、出撃することとしたぞー

場所はJRと東横線が交差しているM駅

そこそこ栄えていて、すみたい街ランキングの上位に来る駅であるが、いつものY駅と違って、ナンパするような人種は皆無といってもいいぐらい上品な?街である。

後輩はナンパの経験がほとんどなく、この場所で初対面のオナゴに声をかけれるという行為が信じられない様子であった。

オジサンは後輩の手前良いところを見せようと、すぐさま若いメガネ女子に声をかけた

この子は反応はあったものの、お茶の誘いに「いいです、いいです。」とフェイドアウトされた。

当たり前のように声をかけたオジサンの行為に驚いて興奮気味の後輩。

ああ、オジサンも昔は全く面識のなかった若いオナゴに声をかけるなど信じられなかったことだな〜と思い返す。

後輩とは駅の改札で出待ちして、乗客の中からターゲットを探すこととした

2人目、エロい雰囲気のOLに声かけ粘るも笑顔でフェイドアウト

3人目、きつめのオナゴにガンシカされる

4人目、可愛いオナゴでオジサンの褒め言葉に嬉しそうに喜ぶも美容院の予約があるとのことで立ち去られる

5人目、スレンダーな美女かと思って声をかけるが、顔は今一でオジサンのテンション下がったのが伝わったのか断られた

その後も続けて声をかけるが巨大Y駅と違って、オナゴの反応について良いものがある

やはり、オナゴもここで声をかけらるなどとは思わず油断して歩いているのだろうなというのがわかる。

結局、オジサンは5人、後輩は不審者扱いされながら(笑)も1人に声をかけ、翌日の研修に備えて上がることとした。

後輩は「いやー、金がかからずメチャ楽しいですねー!」と嬉しそうであり、楽しい時間を過ごすことができた。

野郎2人で飲んだ後は風俗に行くのも楽しいが、こういうナンパで性欲を発散するのも清々しいものがある

巨大駅ではない場所でのナンパの利点も感じたので、出撃場所の見直し今後の検討課題である。。

オジサンの挑戦はまだまだ続く…

SAYAPAKU53812_TP_V.jpg
posted by しんさく at 13:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

休日ソロ出撃

前回、タケシさんと合流させていただき6人に声かけしたオジサン。
http://myozin4000.seesaa.net/article/447214677.html

今回は、3ヶ月ぶりの出撃を1人でどこまでできるか試すべく、日曜にソロ出撃してきたぞー

場所はいつものY駅

この日は午前中から意気込んで出撃したのだが、到着したら11時台でお昼にかかる微妙な時間となってしまった。。
DSC_1102.JPG


とにもかくにも、まずは1人目

オタクっぽい若い女子に声かけするも反応がいまいちでスルー

う-ん、ソロでも何とかいけそうである

そして2人目、10代のきつめギャルに行くもガンシカ・・・

3人目、瞳の大きい可愛い子で笑顔でフェードアウトされる。。

ここまで、トントン拍子で声かけするも、この後、地蔵モードに突入するオジサン

20分ほどしてようやくズングリ体系の厚化粧女子に声をかけれた。。

5人目可愛い10代に声かけするも待ち合わせしているとのことで放流。。

6人目は素朴そうな学生で笑顔でフェードアウト。

ここで、オジサンはヤル気が急失速し、急に帰りたくなってきた。

6人に断られて心が折れたのか?

まだまだ、ヘタレの領域からは抜け出せない。

オジサンは思うのだが、スゴ腕ナンパ師という人たちは、断られた女の記憶など頭の中からすぐにどこかへ
消え去っているのではないか?

だから断られたとしても、気にせず、次から次へと声をかけられるのかも知れないなと

一人一人の断りにも動ぜず躊躇せず、冷徹に任務を遂行するサイボーグのようになって、決まった立ち位置、決まったセリフ、決まった流れで一つ一つの作業を淡々とこなすように声かけをするマインドが必要なのかもしれない

そう考えると、現在オジサンがしているように、一人一人をメモに記録するのはあまり良くないのかもしれない。

メモしている間に、ターゲットになるオナゴが通りすぎるかもしれないしな…

今度はカウンターを買ってきて、数えるのをカウンターに任せてやってみて終わった後に確認する方式としてみるかな。

パラダイスウィークも後半戦

オジサンの誘いに乗るオナゴは果たしていつ現れるのか?

オジサンの挑戦はまだまだ続く…
HW20160708291516_TP_V.jpg
posted by しんさく at 10:48 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2017年なんと初出撃

ブログのタイトルとは裏腹に今年に入り出撃は全くできていないオジサン

気が付けばもう2月も後半

実に3か月ものブランクとなる中、オジサンは出撃に行ってきたぞ

久々の出撃ということもあり、ナンパ仲間のタケシさんに一緒に行っていただくこととなった

場所はいつものY駅

IMG_20170219_171302.jpg

いつもの場所ながら緊張するオジサン。

タケシさんと合流し、最初はお互い指名して行きましょうということとなった。。

オジサンの指名にタケシさんはすぐに声をかけられていた。

そして、オジサンの番となったのだが、タケシさんに指名していただいたキャメル色のコートを着たオナゴに恐る恐る声をかけるオジサン・・・

全く反応は無かったが、何とか行けたことに少し安堵するオジサン

そして2人目大人しそうなオナゴを指名していただき、これも何とか声かけできた。

この子はフェイドアウトされたが性格よさそうで可愛かったな

3人目指名していただいたアヒル口のオナゴは反応なし・・・

しかしながら、3人のオナゴに声をかけれたことにより、感覚が戻ってきたのかようやく自力でターゲットを見つける気になり、重かった腰を上げ、4人目の口紅鮮やかな若いオナゴに声をかけるオジサン。

反応はあったものの笑顔で去られた。。

タケシさんと一緒にいるといかにも高飛車そうなオナゴが歩いていたので、ここで怖気づいては男が廃るとダッシュで追いかけるオジサン。

5人目声をかけると案の定、高飛車で急いで逃げられた。

ああいう、高目のオナゴに対して、昔は手も足も出なかったオジサンだが、今では声をかけることができるようになっただけでも少しは成長しているのだろうな・・・

やっぱり、ナンパという行為はカッコいい!

街を歩く自分の好みのオナゴに対し、自分の気持ちに正直に声をかけれるというのは大半の男にとってできないことで、(以前のオジサンもそうであったように)ほとんどが平静を装いながらも指をくわえて眺めているだけなのであろうが、躊躇せずにアタックできるというのはオスとしてものすごくカッコいいことなのではないか??

22時近くなってきたので最後に1人声をかけるかということで、6人目これまたイケイケ風のギャルにアタックするオジサン

ギャルに愛の言葉をささやくとものすごく受けてくれて、大笑いしてくれた。
粘りたかったのだが、もう友達の待ち合わせ場所がそこだというので泣く泣くリリースするオジサン。

3ヶ月ぶりの出撃ながら、タケシさんのおかげで何とか6人声かけできた。

タケシさんありがとうございました。またよろしくお願いします

これから年度末、そして新年度と仕事はなかなか落ち着かないが、声かけ数を増やしていきたいと思うオジサンであった

YUKAPAKU3215_TP_V.jpg

posted by しんさく at 12:56 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

出撃するも体がついていけず・・

20年前好きだったオナゴとの再会も終え、かみさんも里帰りして、これで心置きなく遊びまくって出撃できるオジサン
しかし、オジサンまたまた自分で墓穴を掘り計算が狂ってしまった

まず、オナゴとの再会は予想外に体力を消耗した。

この日のために1ヶ月前から過酷な減量を続け食べれないストレスはマックスであった。
また、いざオナゴに再会すると思うと逃げ出したくなり、憂鬱になったり仕事への集中力がなくなったりと心労も重なり別れてからドッと疲れが出てきた。

その日からは食欲が止まらず毎日食いまくり腹の調子を悪くしてしまった。
次に久々の独身気分が味わえると胸が躍って調子に乗り、あろうことか翌日から飲み会を連続で2つも入れてしまった。。
飲み会が無ければ2回も出撃できたのに・・・成長しないオジサンである

1つ目の飲み会は21時に終わったものの、2つ目の飲み会は先輩に付き合って0時まで行ってしまい、これで生活のリズムが狂って体調を崩してしまった。

そして風邪気味で体がだるく気分の乗らないまま休みの日を迎えてしまった。。
頭が痛く、昼前に着替え、まずは出撃する街に出てクイックマッサージを受けるオジサン。

疲れのせいかマッサージチェアでうとうとしてしまい、起きてもボーっとしているオジサン。

それでも14時に何とかターミナル駅へ出撃開始
yokoshutu.JPG
体調不良もあり相変わらず地蔵気味のオジサン。

そして駅前広場で休憩していると、アンケート板を持った可愛いオナゴがオジサンに近づいてきた。
アンケートの依頼をされ快く引き受けるオジサン。
アンケートは簡単なものであったがこのままオナゴを手放すのも惜しく、「何かあったら連絡して」と名刺を渡すオジサン。
ここでも、「疲れているようだから気分転換にお茶でも?」といつものセリフを発するべきであった。。。

それからは街を回遊し、続けざまに声をかけるオジサン。
行けるところまで行こうとあまり記録をとらずにオナゴに声をかけていたのだが、1時間半程度たったところでどうも体がだるくなり失速しやる気を失ったオジサン。
咳も多くなり、こりゃ風邪だなと無念の撤退をしたのであった

一応記録を読み返すと10人まで声かけをしていたようで

1人目 アンケートの女(一応数に入れた)未だ返事なし
2人目 ツンとした女     (反応悪)
3人目 笑顔が素敵な娘    (反応良)
4人目 ガタイの良い娘    (反応良)
5人目 金髪だが感じが良い娘 (反応良)
6人目 ブサイクだが性格良い娘(反応良)
7人目 無視された娘     (反応悪)
8人目 結婚式帰りの美人  (反応あり)
9人目 不機嫌娘       (反応悪)
10人目高飛車娘       (反応悪)

という結果だった。

次回からはかみさんが里帰りのときでも羽目を外さず、飲み会は極力減らして、出撃に全てを注いでいこうと思う。

そして、今後はある恋愛マスターの唱える新しい切り口のナンパ(いずれ紹介する時が来るであろう)も試みて行きたいと企だてるオジサンであった

Max_EzakiDSC_0265_TP_V.jpg

posted by しんさく at 11:46 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

出撃!そして・・・再会

前回の記事で、20年前にふられた後輩のオナゴと再会する話を書いたが、20年前のこととはいえ、かつて好きだったオナゴに会うと思うとソワソワとして落ち着かず、妙に緊張するオジサンであった。

オナゴのことを考え、悶々としていても仕方ないのでこういう時は声かけで気分を変えるに限ると思い、再会前日に街に出撃してきたぞー

2ヶ月ぶりの出撃で勘が鈍り30分地蔵になるオジサン。
そんな中、ゆっくり歩くガウチョパンツを履いた若いオナゴを発見し声をかけるオジサン
久々のせいか声にも元気が無く、ガウチョのオナゴを褒めるも、ガンシカで逃げられた。

気を取り直して2人目の背の高いアゴのしゃくれた若いオナゴに声をかけるオジサン
しかし、こちらもガンシカだけで逃げられたのであった。。

久々の声かけで何か吹っ切れたおじさんは、翌日に会社の研修会で後輩のオナゴに会ってきた。

朝の受付の時点でそのオナゴに声をかけられ、20年ぶりに感動の対面をするオジサン
20年ぶりに会ったオナゴは相変わらずスレンダーで肌が綺麗であった

しかし20年の歳月がたち2人の子供を出産したせいか髪の量は少なくなり、当たり前であるが、あの頃より雰囲気も少しオバサンになっていた。

懐かしさや照れ臭さもありながら仕事や子供の話で近況報告で当たり障りの無い会話をしながら、間を持たせる感じの2人であった。

お互い40代となり家庭を持ち、いまさら艶っぽい話もあろうはずが無いが、それでも一度は恋焦がれたオナゴであったからか、時々あの頃の切ない気持ちがフラッシュバックしてくる

しかし、20年前にオナゴはあの頃のオジサンの気持ちを薄々気づきながら、先輩としてもオジサンを慕って懐いてきていたのだが、この日はそんな思い出も忘れたのか元々あっさりとした性格のせいか、距離感を感じさせる態度であった。

今さら、過ぎた時間を取り戻せるはずもないが、今となってはあの頃に一度ふられたものの、その後はものすごくチャンスがあって、オジサンはそのチャンスを自らみすみすと見逃していた大馬鹿野郎なのでは?と思う

そう思ったのは恋愛マスターのレクチャーメールに当時のおじさんと同じ様な状況のことが書かれていたからだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もしあなたが1回告白をし、フラれ、それでもなお、彼女の前で冷静かつ明るく自然体で接することができるのであれば。

そしてその状況を彼女も受け入れ、すぐに連絡が取れるような状態であるとしたら。

実は、その女性を口説くうえでかなり有利な立場と言えます。

これは、彼氏がいる女性を口説く方法にも通じるのですが。

1回、こちらから

「女として好きである」

という好意を伝えたうえで、フラれ、それでも仲の良い関係が維持できているのであれば、彼女の中で、あなたは

「あと1歩」

であったと言えます。

嫌いではない。むしろ好き。でも、付き合うには決め手に欠ける。

そうは言っても人間的にも好きなわけだし、これで関係が悪くなるのはイヤ。

女性側がこういう気持ちであれば、この状態は維持すべきです。

彼女にとって「決め手」が何であったのか、それは、今後、彼女との会話の中で探っていく必要があります。

ただ、それはそれとして。

「決め手」が別の要因で勝手に降って湧いてくることもあるんです。

それは何か?

彼女側の事情で彼女が落ち込んだ時。

です。

例えば、
・彼女が他の男性にフラれた
・人間関係でひどく傷ついた
・仕事で大変な失敗をした。
・環境が変わり、むしょうに寂しい。
等。

彼女が弱っている時です。

こういった、彼女側の事情で彼女が弱ったとき、一番近くの男性としてあなたがいてあげることができるか。

フと落ち込む彼女。
寂しさや辛さに耐えられず、あなたに連絡を取ってしまう。

そこで快く彼女を受け入れ、余計なアドバイスなどせず、ただ彼女の話を聞き、共感する。

これで、落ちます。

ポイントは、あなたが彼女にとって、一番最初に連絡を取る男性

であるということです。

彼氏ではないが、男友達の中ではナンバー1

このポジションを外さないでください。
                              以上
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

当時、オナゴにふられたと思い込み、ショックで抜け殻のようになったオジサンはオナゴに接するのが辛くて、あえて距離を置いて逃げていった。

その後、オナゴも転勤となり新しい職場で苦労して悩んでオジサンにも相談の手紙を送ってきてくれたりしていたのにオジサン的には、ふられてもう終わったことだし何をいまさら・・と会いにも行かなかった。
(一度だけ「苦しかったらこっちに来い」と中途半端な励ましを手紙に書いたがオナゴが来る事は無かった。。。)

あの頃、この考え方を知っていて今のナンパスキルと恋愛テクニックを身につけていたら、少しは違った結果になっていたのであろうか?

繰り返しになるが、あれから20年がたち、今更時計を戻せるはずも無いが、地方出身の純朴な雰囲気もあり、20代前半で光り輝いていたオナゴの姿が今でも鮮明に思い出されるオジサンにとっては切なくも大事な思い出である

オナゴとはほぼ一目ぼれで出会ってから、ずっと恋焦がれ、若気の至りで勝手に大失恋をして、己のエゴと執着を嫌というほど思い知らされ、オジサンはボロボロになりながら新天地で一から出直そうともがき続けた。
そしてお見合いやパーティ参加を続け、ナンパ塾に参加したりして多くのオナゴとの出会いを繰り返し、人生経験を積み、今の自分となっているのだが、その時に出会ったさほど印象の残らないオナゴたちと違って、強烈な印象を残しオジサンの人生にドラマを与えてくれたこのオナゴには感謝しなければならない

この日、オナゴと別れてからどっと疲れが出てきて、フラフラになりながら最寄り駅で降りると募金活動をしている女子大生グループがいた。

普段はしない募金をこの日はなぜか柄にも無くしたオジサンだが、女子大生たちに「ありがとうございます」と純朴な笑顔で感謝されると、「ああ、あの頃初めてあったオナゴもこんなぐらいの年だったよなー」と時間の流れを感じ胸が痛くなった

また、この日の夜はなぜか「ありあまるほど時間のあった20代になぜもっとナンパをしておかなかったのだろう」という思いがふと込み上げてきた。

逆を言えば「20代にナンパしまくって女の扱いに慣れていればそのオナゴともうまくいったかもしれないのに」ということなのだろうか。。

今となっては、そのオナゴとは「縁が無かった」という言葉で結論づけられることを改めて気づかされたオジサンだが、だからと言って現役のオスを引退するつもりは無い。

青かったあの頃の自分とは決別するべく、オナゴを魅了するための技術をもっともっと磨いて前を向いて生きていこうと思うオジサンであった

YUUSEI75_dakiaugekisya15214626_TP_V.jpg


posted by しんさく at 13:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

平成28年 残暑出撃

オジサン相変わらず仕事に終われる日々である。。

家に帰らなければいけない時間(かみさんが怪しまない時間)は決まっているので、普段仕事が終わってから出撃する時間はなかなか取れない

取れるとしたら有給を取るか、早退するかであるが仕事が立て込んでくるとそれもなかなかできないでいる。

そんなこんなで一ヶ月近く出撃できず、焦りも感じてきたので先週の金曜日は16時に早退して、2時間半の出撃時間を確保することとした

いつもより少し良いシャツ、良い靴で出かけたのでかみさんに気づかれてなければ良いのだがと気にするオジサン。

ところが会社で15時から会議が急に始まり、終了次第、早退するはずが会議が長引きイライラするオジサン

つまらない仕事なのに、よくこれだけみんなで、あーでもないこーでもないと議論できるなと一歩引いて呆れるオジサンであった。

結局、会議が終わって会社を出たのが16時45分。かなりの時間ロスだ!

戦場の横浜に着いたのが17時30分

IMG_20160830_125244.jpg

また、この日は蒸し暑く汗がダラダラ出るのでカラオケに行って涼みながら身支度をしようと決めたオジサン。

カラオケのクーラーは快適で1週間の疲れもあり、思わず長居してしまった。。

結局、再び街に出たのが18時30分で残された活動時間は45分ぐらいか・・・・

一ヶ月ぶりのそして一人での出撃のため地蔵が抜けないオジサン。。。

20分ぐらい地蔵したところで薄手のチェック柄のワンピースを着た、カワイイ清楚系オナゴを発見し、後をつけるオジサン。

このオナゴは絶対声をかけようと決心したが石鹸・入浴剤などを扱う小洒落た店に入っていった。

「その入浴剤でその体を丹念に洗ってやろうか!!」と思いながら店の外で虎視眈々と獲物を狙うオジサン。

するとここで、いつも合流させていただいているタケシさんと偶然遭遇

タケシさんも早めに会社を出て出撃されていたようで、そのまま合流したかったのだが、ただでさえ、かみさんに怪しまれていて帰りの時間があるのでご挨拶までにさせていただいた。。

しかし、仲間と会って元気づいたオジサンは、このテンションが残っているうちに行動をと思い清楚系オナゴ
は一旦放っておいて、別の獲物を見つけに出かけた

そして視界に入った北川景子似の強めオナゴに声をかけるが、振り返りもせずに立ち去られた。

続いてやはり意識高い系の綺麗目オナゴに声をかけるが、こちらも全く反応無しでスタスタと立ち去られる・・

急いで石鹸屋に戻るが、2人声かけに10分程度時間をかけたので、清楚系オナゴはもう店を出ていなくなったか?と思ったらちょうど会計を済ませて店を出るところを発見

うんざりするほどの人ごみを掻き分け、ようやく本命のオナゴにたどり着き、声をかけるオジサン。

オナゴは最初、驚いた様子であったがオジサンのセリフに笑顔で答えてくれる優しい子であった。

間近で見ると垢抜けない感じであったが、笑顔が素敵で性格のよさは伝わってくる。

お茶連れ出しも連絡先交換も断られたが、気持ちの良い子でこの日は締めることとした。。

8月ももう終わりであるが、限られた時間の中、何とか出撃と声かけができた

しかし、このペースでは本当に成果は上げられない!

次回、恋愛の大家の話でも書くが、あと4ヶ月しかない2016年のペースを見直さないといけない!と思うオジサンであった
YUKA160322000I9A4287_TP_V.jpg



posted by しんさく at 13:54 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

2ヶ月ぶりの出撃

先週より日本でも「ポケモンGO」の配信が始まり、街のあちこちでゲームに興じている人たちをよく見かける

オジサンも流行りに飛びつき、やってみたが、実際の街や建物にモンスターが現れるという設定がこれまでになかった点でモンスターやポケスポット(モンスターを捕まえるためのボールをゲットするポイント)を求めてついつい歩いてしまっている自分に気づく。

若者だけでなくオジサン、オバサンも結構ハマっているようで、会社でも20歳近く年の離れたオナゴとも「ポケモンやってる?」の会話でお互いの距離が縮まっているのを感じる。

そうだ!これはナンパにも使えそうだと思って「ポケモンGO ナンパ」でネット検索してみたら、
出るわ出るわで、思わず笑ってしまった。。

https://www.google.co.jp/#q=%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3go%E3%80%80%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%91

考えることは同じだな・・・

さて、先週からかみさんが実家に里帰りしたため、オジサン実に2ヶ月ぶりの出撃に行ってきたぞー

2ヶ月もブランクがあくと地蔵の恐怖を感じてしまうのだが、この日はいつも合流させていただいているタケシさんと一緒に出撃させてもらうこととなり、心強いオジサン。

仕事が結構長引き、横浜に着いたのが20時過ぎでタケシさんと合流し、まずはマックに行って久々に近況報告をしあった。

そして、21時過ぎに声かけを開始!

一人目の声かけにお互い躊躇しており、まずはオジサンがタケシさんに指名することになった。

気だるく歩く学生をタケシさんに指名したところ、声かけ後は、立ち止まって長いこと話し込んでいたので「すごい!」と驚くオジサン
最後はライン交換をされていたようであった。

勇気付けられたオジサンは、やる気スイッチが入り、早速リクルート風の1人目のオナゴに声をかける!

「あの、失礼ですがー」の声かけに反応してくれ、歩きながら会話を続けるオジサン

リクルートかと思ったら普通のOLで、お茶、連絡先交換を打診するも立ち去られた。

続いて、2人目今いち垢抜けない学生風に声かけ!

このオナゴも反応ありだが、下からにらみつけるようなひねた視線で、お茶、連絡先交換を打診するも「あーいいです」と逃げられた。

気を取り直して3人目、こちらは優しそうな笑顔が素敵な20代オナゴで「少しお疲れのようですが・・」の定型セリフに「あー仕事帰りなので・・・」とのことであった。
場所的に横浜ジョアイナスで店員をしている感じである。
お茶、連絡先交換を打診するも素敵な笑顔で丁重にお断りされた。

若くて可愛くて性格の良いオナゴと話ができたのでテンションが上がるオジサン

調子に乗ったオジサンは、なんと背の高いヒップの形が綺麗なモデル風の金髪外人に出撃!!
ろくに英語を話せないが

「アイ シンク ユーアー ビューティフル! ユーアー プリティ!」

とひたすら好意を伝えるオジサン。。
オジサンの熱意だけは伝わったのか満面の笑みで

「サンキュー!」

と返してくれた!
以前、何かの記事で読んだが、日本に来た外人女性に日本男性の印象を聞いたら

「日本男性はおとなしくて面白くない!全然ナンパをしてこない!」

と答えていたので、オジサンいつかは外人にもナンパをして日本男子の気概を見せてやろうと心に決めていた!
この女性はドイツから来ていて仕事帰りだったが、お茶、連絡先交換を打診するも笑顔でフェードアウトされた。
しかし、このオナゴはこの夜「日本人にナンパされた!」という出来事を思い出し、きっと嬉しく思ってくれているとオジサンは確信している

実はオジサン15年も前に若いオナゴとの出会い目的で英会話教室に通っていたことがあった。

英語は嫌いではないし、気分転換にもなって楽しかったが彼女はできないうえに、会話のほうもモノにならなかった。。。

外人ナンパ用に特化して英語を覚えていればもう少し、上達していたかもしれないな。。。
(当時のオジサンはナンパをしている自分の姿など想像もできず、地蔵どころか化石状態であった。。)

5人目、大きなキャリーバックを引いている若いオナゴを見つけ、出撃するオジサン

京都から来ているらしく、関西人のおじさんは「俺も関西」と共通点をアピールするも薄い反応でフェードアウトされた。

しかし、この日の横浜は怪しい店のチラシを配っているバイトの兄ちゃんがやたらいたな。。。

妹.JPG


そして、6人目も性格よさそうなオナゴであったが、立ち去られ、7人目のオナゴに声をかけるも声が聞こえなかったのか店の中に入っていかれた。

22時半になり、そろそろあがることとしたオジサン。。
たけしさん合流ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

この日は外人女性は別として6人中5人に反応があり、会話が成立していた

その要因としては、別に見た目を変えたとかではなく、

・第一声を「あ、すみません」から「あの、失礼ですけど」に

・第一声からつなげる言葉を「素敵な人だなと思って」から「雰囲気がチ○○○○○○だなと思って」に

変えたことかもしれない。。

オジサンはいつも活用させてもらっている「ナンパの台本」という恋愛商材があるのだが、これを読むとナンパはメンタルセットも大事だが、度胸だけで挑戦しても効率が悪く、戦略が大事であるなとつくづく感じる。。。

〜 ナンパの台本〈3つのキャラクター別〉 〜オファーと切り返しのナンパフレーズ・テンプレート集〜 〜
http://www.infotop.jp/click.php?aid=291154&iid=66648

今週はキャバクラでも、前回行った時から改良したセリフとフレーズとテクニックを試してみたい!

挑戦と失敗と改善を繰り返し、少しずつでも進化していこうと思うオジサンであった

PASONA_22_TP_V.jpg







posted by しんさく at 11:54 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

ボチボチ出撃

5月になり、日中は汗ばむ陽気となってきた。。。

GWはどこに行っても人ばかりで、うんざりしそうになったが、オジサンは関西の実家に帰ってリフレッシュしてきたぞー!

東京もそうだが、関西方面も中国人の爆買い旋風が吹き荒れており、あちこちで我が物顔で歩く中国人の姿を見るし、中国語が聞こえてくる。。。

オジサン京都の宇治に行ったが、ここはまだ中国人も少なくのんびりとした良い雰囲気であった。
宇治川の土手に腰掛けて、気持ちの良い風を感じながら、喫茶店でテイクアウトして食べたタマゴサンドは格別であった。

久々にオカンと一緒の時間を5日間過ごしたが、オジサンも人の親となった今となっては、親のありがたみが色々と身にしみて感じてくる。

覚せい剤で逮捕された清原も、引退を決心したときは、身体が不自由になってきたオカンを背負って歩いているときに引退を告げ、2人して号泣していたらしい(心の中でお互いに感謝していたのであろう・・)

現在、清原のオカンは認知症になっているという噂だが、こうなってしまって一番悲しんでいるのは痛い思いをしてまで息子を産んで育てあげたオカンかもしれないな・・・

そして、オジサンはGW最終日にようやく出撃のチャンスがやってきた

11時に自宅を出て、ナンパの聖地である渋谷へ向かうオジサン

GWに入ってからも、新しい職場での疲れが抜けず5月の陽気のせいもあるのか、どうも体が気だるくて電車内でうたた寝をして不覚にも一駅乗り過ごしてしまったオジサン
焦って一駅戻って降り立った渋谷駅は夏の暑さを感じさせていた。

そして、人、人、人

IMG_20160508_180146.jpg


IMG_20160508_180204.jpg


まずは腹ごしらえを!と、センター街でうまい立ち食い寿司屋に入り千円の握りランチセットを頼んだが
ここは目の前で握りたてのすしを提供してくれるので、ネタの良さに満足するオジサンであった!

IMG_20160508_180220.jpg


そして、少し昼寝をしてから出撃するかと同じセンター街の漫画喫茶に入ったオジサン
しかし、電車内での昼寝でも疲れが取れなかったオジサンは、漫画を読んでダラダラと時間を過ごしてしまい
気がつくともう16時になっていた


ようやく重い腰を上げ、渋谷109の右横を歩き、ヤマダ電機からドンキホーテに向かうオジサン
GW最終日ということもあり、獲物にはこと欠かない状況であったが4月はまるまる出撃できなかったことも
あり、勘が戻らず地蔵になるオジサン

グルグル街を歩きながらようやく1人目の神田沙也加に似た茶髪ギャルに声をかけるオジサン
この子はオジサンの顔を見ようともせず無言で立ち去った。。。

さすが渋谷!声をかけてくる男の数も山ほどいるのだろうと思わせるような冷たい反応であった。。

そして、なかなか勘が戻らないオジサンであったがしばらくして、2人目、小西真奈美似の清楚系に声をかける。
この子は、オジサンの方を見て、反応してくれたが、笑顔もなく立ち去る。。。

しばらく歩いて3人目、美人女子大生風に声をかけるが、最初からナンパと見抜かれて全く無視で立ち去られる。

ナンパをしていて思うが、ターミナル駅などは獲物が多く、探すのには困らないが、反応が冷たい。
一方、ローカル駅などでは、人がまばらになったりして獲物を探すのに苦労するが、反応は良い。
この2つのどちらを選択するかなのだが、祝日の渋谷などは人の多さで声かけのスペース確保にも苦労したので平日だけにしたほうが賢明であろう・・・
祝日などは横浜で声かけしたほうがまだマシか・・
また、もう少しローカルでも良いかもしれないな・・

さて、歩き回って、渋谷の地理に詳しくなってきたオジサン。

4人目のスタイル抜群ミニスカハイヒールの女子学生に声をかけるが、2人目と同じ反応で立ち去られる。

たった4人の声かけながら、疲れてきたおじさんは、せめて5人はいこう!と血走った目を走らせながら
後姿だけでオナゴに声をかけたが、肌の荒れた30代のオナゴで、こちらも笑顔も無く立ち去られた。

この日は結局5人までで、いつもより反応も悪かった。。。
しかしながら、3月以来の久々の声かけができたことで、清清しさを感じつつ、
熊本ラーメンを食すこととした

IMG_20160508_180122.jpg

最初にここのラーメンを食べた時(20年前?)は美味しさに感動したが、今ではどのラーメンもどこかで食べた味で感動も少なくなっているオジサン(年をとったということか)

今回、ターゲットは山のようにいながら、1時間半で5人の声かけであったが、次回は声かけの人数もそうだが、もっと長い時間、街に出ているようにしよう!

少しずつでも自分自身の壁を破っていこうと思ったオジサンであった



posted by しんさく at 17:07 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

ヘタレ出撃

都心では桜の開花宣言がされ、春の到来が感じられるようになってきた

そういえば最近、年末に行った昼キャバクラのあやなから珍しくメールが来ていた。
アナウンサーになることは諦めて興味のある企業への就職活動をすることとしたらしい。
まあ、それが現実的だと思うが、「OLの経験が何かもっと大きな夢につながるかもしれないよ」とオジサン優しく返事を返しておいた。
まあ、営業攻撃の無いメールなのでオジサンに興味があるというか弱っているので慰めて欲しいのだろうなとは思う。

ハイスペック女と言いオナゴとの縁は一応あるんだよな〜
縁はあるものの、ゲットまでできないのは、オジサン良い人から抜け出せていないからだろうか
金と時間があればまた会いに行っても良いが、今のオジサンは果たしてどれだけの力量があるのだろうか??
或いは力量を試すために行くべきであろうか??
悩むオジサンである。

さて、オジサンは先日の3連休のうち珍しく1日がフリーとなったので出撃することとしてきた
横浜は天気も良く人も溢れかえっていたな。
しかしそれまでの飲み会疲れがたたったのか、どうも気力がわかない
オジサン、こういう疲れているような時はうまくセリフが出てこないなーというのを何となく感じるものである。
街をブラブラ歩き回りめぼしいオナゴは5人ほどいたもののスルーしてしまい、ドンキホーテ前で大きなバックを持った黒髪のスリムなアラサー女に近寄り声をかける。

アラサー女は
「大丈夫です」
と反応はあるものの明らかに近寄るなオーラを出している。

疲れているオジサンは
「ああ、ちょうど良かった、僕も急いでいるので・・」
とトンチンカンな返事をしてスルーしてしまった。

オジサン、油が切れた状態で本当に言葉が出てこない
その後、東口の地下街に移動したオジサンはこれまた大きなバックを持ってゆっくり歩いているアゴの長い若いオナゴを発見
しばらく尾行しながら全く人通りの無くなった所で声をかけるオジサン。
この子も
「大丈夫です」
と照れながら今まで向かっていたのと反対方向に逃げていった
ここまでされるとしゃあないなという感じである。

この日は結局2声かけに終わり、帰ってぐったりと横になるオジサンであった。。
先週は22時までの疲れる飲み会が3つもあったのが原因だな・・
オジサン年のせいもあり、夜遅いのが本当に弱くなった・・
あらかじめ出撃できる日が前もって分かっていたらその日に向けて体調管理を万全にしておこうと思うオジサンであった

さて、また恋愛の大家によるためになる話があったのでここで載せておくこととする。

以下、その文章
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1人で街に出ると地蔵になってしまう、というご相談をいくつか受けましたので、この場でシェアしたく思います。

僕も声かけを始めた当初は、地蔵王でしたが、かといってプロに習う勇気もなかったため、自力でなんとかするしかなく、いろいろ試してきました。

教材では、声かけ当日の動きを詳述してませんので、ここで補足しておきます。

具体的には、声かけ当日に、以下のステップを機械的にこなしていきます。

(ステップ1)男性に道を聞く
(ステップ2)女性なら誰でもいいので道を聞く
(ステップ3)ターゲット女性に道だけ聞いて離脱する
(ステップ4)ターゲット女性に「こんにちは」「あ、間違えました」だけ言ってすぐに離脱する
(ステップ5)ターゲット女性にテンプレートを使って声かけする(最終目標)

道を聞く場合、最後に「ありがとうございました」とお礼を言います。

この細分化のメリットは、

・路上で知らない人と話すことに脳を慣れさせる
・ステップを確実にクリアしていく達成感を味わえる
・ステップ3の時点で、「ありがとう」を3回言っているため、気持ちがポジティブになってくる

ことです。

声かけする場所に到着したら、いきなり声かけしようとしないで、ステップ1~5を1人ずつ、順番にこなしていきます。
声かけする場所に到着したら、5分以内に、ステップ1から始めます。
ステップ5までいったら、あとはずっと声かけすればいいです。
もしステップ5までいったが、また地蔵気味になってしまった場合は、再びステップ4に戻ります。
ステップ4も厳しいようなら、ステップ3に戻ります。
一番マズいのが、長時間、知らない人と誰とも話さないことです。
信じられないかもしれませんが、極端な話、1時間に10人声かけるのと、1時間に1人声かけるのとでは、10人声かけるほうが、肉体的にも精神的にも圧倒的に楽です。
声をかければかけるほど疲れるんじゃないか、と思われるかもしれませんが、逆です。
声をかけないと、疲れてきます。
疲れるから、声をかけれなくなります。
この悪循環を防ぐために、上記のステップ方式をオススメします。
また、上記のステップ1〜5は、声かけの日ごとに、毎回行います。
「声かけの日ごとに毎回ステップ1からやるのは面倒だなー」
と思われるかもしれません。
しかし、最初のうちは、
ある日に声かけできる状態に達することができても、日が変わるとまた地蔵状態にリセットされるため、毎回ステップ1からやることをオススメします。

また、そもそも

「男に道を聞くなんてバカバカしくてやってやれない!」

と思われるかもしれません。

しかし、そのバカバカしいことをいかに実直に継続できるかが地蔵脱出のカギになります。
みんな、このバカバカしいことをやらないため、声かけをやめていってしまいます。

その他の技術的コツとしては、

・ターゲットの顔を確認しないまま、声をかけてしまう、

という手段もあります。
顔を確認してから声をかけようとするとびびってしまう可能性があるためです。

その他のメンタル的コツとしては、

・ターゲット女性を、「男」だと思う、

という手段もあります。


なお、お酒を飲んでテンションを上げるという手段もありますが、僕はオススメしません。
飲酒して仮に声をかけれたとしても、それがクセになってしまい、お酒がないと声をかけれなくなるからです。

以上

SAYA160105352465_TP_V.jpg

posted by しんさく at 17:53 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

声かけとキャバクラとドタキャン

以前からブログに書いているハイスペック女との食事の日がいよいよやってきた

準備に余念のないオジサンはこの日のために2kg減量し出ていた腹を少しでも凹ませ、カップル席で座れる店の予約をし、入店から2軒目、そして最終的にはホテルに誘う会話の流れを考え、前日にはキャバクラでのシュミレーションまでしてきたぞー

さらに、キャバクラへ行く前に景気づけで声かけもしてきたぞー
横浜駅でパンを食べ歩きしながらウィンドウショッピングをする、すれて無さそうな学生らしきオナゴがを発見!

すかさず後をつけるオジサン・・・

しかし、パンを食べながら雑貨屋に入っていくオナゴ。

店の外で様子を窺いながら(不審者!?)しばらく待って店から出てきたのを見計らいすぐさま声をかけるオジサン。
しばらく会話のやり取りはあったものの笑顔でフェードアウトされた。

そしてキャバクラへ出撃
ここは女子大生だけを雇っているキャバクラで、いかにもというキャバ嬢ではない若い女子大生がいるので通には?たまらない店である。
オジサンについたオナゴはあやな(どこかで聞いたような?)という名前で笑顔が可愛い肉感的なオナゴであった
最初はバイトの話から入り、よくいる変なお客さんの話題で盛り上がるそして、ストレス解消法から趣味の話や家族の話に展開していく。
あやなはよくしゃべる子で姉、兄のいる末っ子らしい。。。
某私立大学の経済学部と言っていたので頭は普通に良い子のようだ・・・

やがて性格の話から恋愛の話に持っていき、会話の空気を艶っぽいものにしていく

SかMかの心理テストでは「ドMだね」という話で盛り上がり、オジサン得意の運命を感じさせるマジックネタで驚くあやな。
「やばい!」「やばい!」を連発していたな。

ここでオジサンはすかさず必殺口説きセリフを発すると

「すごく女性にもてそうですね。私、恋をしてしまいそうだわ

と言われたぞー。

今回シュミレーションと言うことで初対面から恋愛モードにさせる会話を60分の間に一気にやったのだが、まあ不自然さは少ないもののこの流れを2回か3回に分けてやった方がオナゴの気持ちも盛り上がり成功(性交)率は上がる気がした。

なんといっても野郎の発情ペースとオナゴの発情ペースは異なるからな・・
野郎にとっては「出会って4秒で即合体!」というAVがあるように見た瞬間タイプであればすぐヤレる生き物である。
しかし、オナゴの場合、レディースコミックを見てると分かるが時間と手間をかけてジワジワと雰囲気を盛り上がていくことで発情する生き物である。
その点を念頭に置いて行動しないと「急いては事をし損じる」恐れがある。。


そして、いよいよ迎えた当日!








・・オジサンはドタキャンされた



「一昨日より体調不良で・・」とのことであり、真偽のほどは定かではない。

しかしドタキャンされたことで、オジサン少し冷静になり目の前の女にムキになっていた自分がひどく滑稽に思えてきたぞ。
いくら見た目がハイスペックとはいえ、もうアラフォーの訳あり物件であるし、前日に声をかけた食べ歩き女性や女子大生キャバ嬢あやななど、もっと若くて魅力のある女性は他にもたくさんいるではないか・・・

ただ、一つ言えるのは、女にとっては妻帯者との密会はリスクであり、そのリスクを上回るだけの己の魅力が無いとゲットは難しくはある。。

まあ、本番で試せなかったとはいえ、入店からホテルに誘導するまでの会話やペース配分、行動、お店選びについて全力で真剣に考え、恋愛の大家にもコンサルしてもらい、勉強になったのは事実である

本番での実践報告をできなくて申し訳ないが、オジサンさらに一つ成長できたので、この経験を今後のナンパへも生かしたいと思う

そして今回、恋愛の大家に相談して厳しく指摘された点はオジサンのナンパに対する姿勢、考え方である。

それは、

・あと数年で50歳で既婚なので、ナンパに使える時間も限られるはずであること。
・即に直結すること、しないことを明確に区別して行動しないと、いつまでたってもオジサンの理想(若い女を即って、後腐れなく次の女を狙う)に到達することができないこと。
・まして、月に1〜2回の声かけだけでは、少なすぎること。
(1回当たり50人ぐらい声かけできるのであれば別とのことである。)

ということであった。

そしてオジサンの理想に到達するには、少なくとも週に1〜2回のペースで声かけすることをオススメされた。
やはり、声かけ数の少なさがネックだな

週に1〜2回の声かけor月に1回で50人声かけのどちらかを次回から実践していこう。。

落ち込んでいる暇はない
オジサンの挑戦は続く

0I9A7044_TP_V.jpg
posted by しんさく at 10:05 | 神奈川 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ナンパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする