2017年02月13日

出会い喫茶に行ったオジサン

先週よりかみさんが実家に里がえりしてオジサンのパラダイスウィークがやってきた

昨年末より仕事に追われていたこともあり、オナゴ関係の行動は実に3ヶ月ぶりとなる

まずはナンパ出撃の前に会話術の成果を試すためキャバクラでも行こうかと思ったのだがU駅に面白そうな店、出会い喫茶を見つけたオジサン。

最近は素人の男女が店で相席になる相席屋がブームのようだが、実は10年ぐらい前から出会い喫茶なるものがあって男が店に入るとマジックミラー越しに待機しているオナゴを見て、好みを指名し別室で話してフィーリングが合えば店外デートするというシステムなのだが、来てるオナゴはセミプロで、見返りにカラオケ5千円、パコパコ2万円を要求するなどとても婚活とは言えない風俗まがいのものであった

オジサンはこのシステムで店外デート代とカラオケ代を払ったり場所を変えるのが嫌であったが、U駅のこの店は時間課金はされるものの店内の個室でずっと会話してても良くて、いわばキャバクラの個室版といったところか…

このシステムの良いところは己の会話と実力次第で人目を気にせず個室でオナゴにイチャつけるという点である

オジサンは

・ハイスペックオナゴ用の褒めあげ会話パターン

・コールドリーディングで相手の懐に入る会話パターン

・チャラい会話・キャラでスキンシップ、キスに速攻で持ち込む会話パターン

の3種類の会話パターンをこの間磨いてきたが今回はコールドリーディングパターンで攻めることとした。

そして着いたU駅

DSC_1098.JPG


人で賑わい、店も多く、ラブホも至近距離にあるのだが、今ひとつ声かけする気にならないのはお洒落なイメージではないからだろうか?

そして出会い喫茶に着いたオジサンであったが順番待ちしている間に見た他の客はどう見ても女っ毛のないむさ苦しい男どもであった。
アイドルの追っかけをしている野郎どもと似たようなイメージである。
自分のことはさておき日曜の真昼間からこんなところで金払ってまでしないとオナゴと会話できないのか!という感じである。(オジサンはあくまで会話術を磨くために実戦の場として選んだまでである)
順番待ちをしている間は緊張で逃げたくもなるが、ここは前回のブログで載せたメタ認知を鍛える質問をして少し落ち着いてきたオジサン
http://myozin4000.seesaa.net/article/446718364.html

そして順番が回ってきたので個室に入り、横並びのソファーでオナゴを待つオジサン
動物園が近いこともありゴリラやオらウータンやカバのようなメスが出てきたらどうしようか(笑)と思ったが、しばらくして来たのは27歳の清水富美加をギャルっぽくした感じのアパレル店員であった。

初対面同士で最初はぎこちない会話から入るオジサンとオナゴ。

若作りしているせいか、お世辞なのか、オナゴからはオジサンは30代半ばに見られた。

スレンダーで表情豊かでやりたいタイプだが、今日は会話の練習のため来たので早速本題に入るオジサン。

コールドリーディングで性格話を盛り上げていき、深い会話に入っているのを感じる。
(最初は距離を置いて話していたのが最後のほうは自然と膝と膝がくっつき話していた)

しかし、深い会話に入ったせいかオナゴは飲食店に勤める彼氏と同棲していることがわかり、真面目に接しているため、なかなか手を出す雰囲気になりづらいオジサン。
オナゴ自身も援交目的ではなさそうだし、警戒心は強そうでカラオケぐらいを目当てに来ているようなのでマッサージしてあげると言って体を軽く触るまでにしておいた。

オジサンのリーディングに対してはかなり信じていたようだが、オジサンは悪徳占い師のように人の弱みに付け込み脅すやり方はどうも性に合わない。
(オジサンやりたい下心は満載のくせに悪人にはなりきれないのかも・・)

ナンパもそうだがやはり己の性欲を正直に打ち出して、ガードされても攻め続ける正攻法のほうが男らしくて好きだ

この店自体は面白くて気に入ったが次回はチャラいキャラの会話パターンに磨きをかけて挑戦したいと思う。
(もっとも超S級の美女が出てきたら悪徳占い師作戦に変更するかもしれないが・・・)

オナゴに対しては軽いタッチまでで乳もみもできなかったが、今回学ぶことも多かった。

・コールドリーディング(占い師)の会話はオナゴが本当に信じて依存するレベルまで行くこともあるが、これはオナゴ次第(今回のオナゴはふざけキャラで茶化す傾向があった)

・短期間でオナゴにいやらしいことをしたいのであれば、ダメ元でのチャラい会話パターンのほうが有効である

・かと言って占い師パターンは捨てるのではなくバリエーションとして持っておくべき

・それと言うのも、正統派パターンにしろ、チャラい会話パターンにしろ、占い師パターンのコールドリーディングは相手の心の深いところに入っていけてかなり使える。

実戦を繰り返し、会話を磨きに磨き上げて究極まで仕上げたい、と思うオジサンであった

TKBokooko_TP_V.jpg






posted by しんさく at 13:01 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

横浜キャバクラ修行2

(前回のつづき)

キャバクラ修行のため横浜に乗り込んだオジサン。

横浜では上から下までキャバクラという感じのプリンス会館というビルに入っているお店が最もメジャーで安心なところである。
オジサン、早い時間から開店している○ルドラドというお店にフリーで入る。。
割引チケットを見せたので50分3,000円でOKとのこと。
これなら、まあオナゴを一人ぐらい指名してドリンク1杯ぐらいはおごってあげても良いかと気が大きくなるオジサン

ついた女の子は素朴な感じの胸の谷間と太もものまぶしいドレスを着たナギサちゃん(女子大生4年)というオナゴであった

さて、これまでのキャバクラ修行では

・手相
・占い
・コールドリーディング
・マジック

と試してきたのだが、正直営業抜きの付き合いまでは持ち込めていない・・・

そこで今回は視点を変えて、性格診断カードなるものを使ってみることにしたのだ。。

これはかつて通っていた某ナンパ塾でゲットしたものだが、数十枚のカードにその人に対する質問が書いているのでそれをイエス・ノーで分けていくだけで性格診断ができるという女子が喜びそうなグッズである。
裏には可愛いイラストも書いているのでオナゴ心をくすぐるのである
初対面の女子と会話をするだけでは、会話の内容も薄っぺらくなりがちであるが、このカードを使って会話をするとそのオナゴの深い部分まで話ができるので親密度が上がる優れものである。。。

まずは、比較的ライトな質問のカードを使って診断してあげたが、

・今は恋愛に対して前向きである
・今の精神状態は健全である
・男性にとっては付き合うのに問題の少ないタイプである
・過去につらい恋愛を経験した

というところまでわかり、フィードバックしてあげると、過去に大学の先輩(ラグビー部)からアタックされ付き合ったが、この男が遊び人で他の女にも手を出していてもてあそばれたということであった。

相手からこういった情報を引き出せるだけでもこのカードはただものではないな

次に、もっと深い質問をするカードを使って診断したところ

・見た目は普通のオナゴだが結構悩みを抱えている
・良い子でいようと無理する&演じるところがある
・なかなか他の人には理解してもらえない
・親との関係で何かしこりがある

という結果であり、フィードバックしてあげると

周りの友達からは優等生っぽく見られるが、なかなかわかってもらえない。
弟がいるが小さい頃から弟のほうが可愛がられて辛い思いをした。

とのことで、少し瞳が潤んでいるようであった

オナゴとは結構ラポールが築けたと感じたところで時間が来たので延長せずに帰ることとした。。

今回のオナゴはなかなか感情を表に出さないタイプだったのがそれなりに反応を得られたのでもっと感情が豊かなオナゴであれば大きな反応が返ってきて尊敬されそうである。

何より、会話のネタを探さなくて良いのが楽だね〜
このカードは会話が苦手な人にとっても救世主となりえるし、連れ出しが成功したときにも深い会話に持ち込める優れものである!
深い会話の後はギラツキに持っていきやすい!
(一度や二度ギラツキを拒否されてもめげずに挑戦していくのだ!!それで落とせた事例もある!!)

流れとしてはこのカードの後、手相を使って「気を使って肩こるんじゃない?」とマッサージに持っていき、ギラツクパターンか??

まだ別のカードも温存しているので、色々と試しつつ何が一番効率的なのかを検証していきたいと思うオジサンであった

SAYA151005158392_TP_V.jpg
posted by しんさく at 14:42 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

横浜キャバクラ修行1

GWもあっという間に終わり、また退屈な毎日がやってきた

毎日毎日、同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ会社に行って、同じ人と会って、同じ仕事をして・・・

刺激の無い退屈な日々が続く

以前、何かのTV番組で地下アイドルにはまる中年男の特集を見たことがあるが、日常では女性から見向きもされないどう見ても冴えない独身キモオタ中年男が10代、20代のアイドルの卵たちが歌い踊るステージに熱狂し、ステージが終わってからCDやグッズをしこたま買って握手をしてもらう姿が映っていた。

いい年したオヤジが何をやっているんだ、アイドルビジネスに金を巻き上げられているだけではないかという意見もあろうがオジサン、この男の気持ちがわからんではない、、というか共感できる部分も多くある


人間、現実だけを見て生きていくのは辛すぎるのだ・・


おそらくキモオタたちは現実世界では、同じ毎日の繰り返しで退屈な生活の中、生活の張りを求めて、自身が若いころに挑戦しなかったり、つかめなかった夢をリアルに追いかけているアイドルたちを応援することにより勇気と元気をもらうのであろう

オジサン自身、「ももいろクローバーZ」の一所懸命な姿を見ていると元気が出てくるしな

たとえ周りからキモたがられていても、世間に迷惑をかけているわけでもないし、本人の頭の中ではエンドルフィンがドバドバと流れてストレス発散できているのであれば破産しない範囲で熱狂するのはある意味健全かもしれないな・・・

オジサンがナンパをするものこのキモオタと同じ理由かもしれない。
重ねて言うが

人間、現実だけを見て生きていくのは辛すぎるのだ・・

まあ、オジサンの場合はキモオタファンのようにアイドルとの恋愛禁止などというように性欲を抑制するのはまっぴらゴメンなので、性欲を発散できるナンパという方向にエネルギーを向けているのと、キモオタと言われないよう見た目(ファッション)にも気を使って、清潔感を大事にして、会話力を磨くようにしているので彼らと全てが一緒ではないと勝手に思っているが。。。

前置きが長くなったが、現役(と思っている)の一匹のオスとして若いオナゴを惹きつけてホテルへの打診ができるような力を持てるように修行と割り切って金を払い再び横浜のキャバクラに行ってきたぞー

報告は次回!

YUKA863_kaugirl15175149-thumb-autox1500-22039.jpg
posted by しんさく at 13:02 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

冬のキャバクラ修行その2

(前回のつつき)
歌舞伎町1.jpg
歌舞伎町に乗り込んだオジサン
しかし、未だにキャッチや呼び込みが多くどの店が安全でどの店が危険かはよくわからない。
こういう時は風俗案内所で聞くに限る!
案内所のお兄さん(阪神監督になる金本選手似)はいろいろ電話してくれるが、16時過ぎだとちょうど昼キャバと夜キャバのはざまにあたり、なかなか空いている店がないようだ。。

しかし3軒目に電話したお店が空いているらしく金本監督似に案内してもらいキャバクラへ乗り込んだオジサン。

ついた女の子は石原さとみ似の胸の谷間のまぶしいドレスを着たゆいちゃん(21歳女子大生)というカワイイ女子であった。

10年前のオジサンならこのカワイイ女子を前にして、何を話していいかドキドキして徹頭徹尾、(どうでも)良い人を演じて、最後は演じる自分に疲れて帰っていたことであろう。

しかし、今のオジサンは、このカワイイ女子を自分の腕を試するための単なる実験道具用のモルモットとして冷静に見ることができる・・

オジサンは最初に自己紹介でギャグっぽいことを入れて和ませ、職業は心理カウンセラーという設定でそれらしく心理テストをやらせた。

そして、仕事の延長で占いもやったりするよと言うと「やってほしい♪」という流れになり、誕生日を聞きだし、手相も見ながらコールドリーディング(聞いたことがある人もいるであろう)の技法を使いながら相手をリーディングしていくオジサン。

コールドリーディングのコツはただ、「実際にやってみる」ということである。
コールドリーディングを、知識として知っている人でもやっているうちに「本当にコールドリーディングなの?」となってくるのだ。
そして、外れていても自分のことをしゃべったぞという事実で満たされるものである。
外れていても相手がフォローしてくれれば一人前で、相手の反応がどうであろうがまずはやってみて磨きをかけていくのが重要である。
当たりすぎると怖がられるので少しぐらい外れても良いやという気持ちでやればいいのだ。

一例を挙げると

「君はマインドがオープンに見えるけど、人からきついことを言われると結構傷つくことはないかな?」(ヒット率7〜8割)

というような誰でも当てはまるような文章をつなげていくのだ。

コールドリーディングにより、ゆいちゃんはだんだんとオジサンの話術にはまり、興味深く瞳孔を広げて見つめてくるのがわかる。。

そして、かなり引き付けたところで簡単なマジックを使って相手を驚かせ、その流れで自然と過去の恋愛話に話題を持っていく。

ゆいちゃんは彼氏とうまくいかなくなっているときに優しい言葉をかけてくれる男がいると落ちてしまうらしい。。
そして、今は好きになってはいけない人と付き合っていて(いわゆる不倫)辛抱しているとのこと(不倫相手が羨ましいぞー!!)。

ここで以前のオジサンなら、変な倫理観をふりかざし、「そんなの良くないよ」的な説教話をしてしまうのであろうが、今回、オジサンはあなた主義の全肯定パターンで

「そうだよね、一人の若い女性として自由な恋愛を楽しみたいよね」

とつなげる。

自分を承認されて瞳がウルウルのゆいちゃん。

そして、占いと見せかけつつとにかく相手を褒めちぎり、勇気付ける言葉を続けざまに投入するオジサン。

ゆいちゃんは来年から就活らしいが、女子アナになりたいという夢があるらしい。

普通なら「そんなの狭き門だよ。難しいよ。」と言いたくなるが、この4月から潜在意識の大家(たいか)のCDセット(30時間以上)を繰り返し聞いているオジサンはここでも人とは違った心理的アドバイスをしてあげれたので、カウンセラーとして何の疑いももたれない。
(いずれはこのCDの内容を空でも言えるようになれば完璧だ!!)

また、ゆいちゃんはオジサンが時々話す運気や霊力の話に興味を持ち、実際の占い師からレクチャーを受けている霊や運気を上げる方法を話してあげるとものすごく食いついてきた。

(墓参りで運気アップ、皇居は一番のパワースポット、川崎大師は行かない方が良い etc・・・)

そうこうしているうちに、あっという間の60分が過ぎ、しっかりラポールも築き、相手の深い話を聞き出せたオジサンは「お話いているとすごく楽しくて勇気付けられました」と感謝されたのであった。

(お店を出るとすっかり暗くなっていた)
歌舞伎町2.jpg

本当は運命の人だと思わせたりするデビルなギラツキテクニック等もまだあるのだが、基本キャバクラはお触り禁止なので、この日は爽やかに勇気付けるエンジェルテクニックまでで終わることとした。

次回、別の店でデビルテクニックを使ってみることとしたい。

その後、ゆいちゃんとはメールのやり取りをしつつ(本名があやねちゃんということも聞き出した)も、しっかりお店に来てね的営業メールも来たが、お店のことはすっとぼけて、いつ切れても良いやと余裕があるオジサン。

今後お店抜きで会える関係になるまで相手を惹き付けられれば本物だな。。
(新たな心理学の考えやマジックなど、今思いつくだけでもまだまだ改良の余地が多分にある。)

あやねちゃんから返ってきた反応を経験値として活かし、さらに会話テクニックに磨きをかけていこうと思ったオジサンであった


posted by しんさく at 15:02 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

冬のキャバクラ修行その1

いよいよ今年もあと2週間となり世間の空気も気ぜわしい限りである。

そんな中、オジサンは今年の残りを乗り越えるため、敢えて有給休暇を取って会社を休み英気を養うため娯楽街へ遊びに行くこととしたぞー
日頃、公私ともに縛られ、なかなか遊ぶ暇がないオジサンにとっていわば2015遊び納めである(門限は20時だが・・)

場所は大遊技場 歌舞伎町だ〜

歌舞伎町2.jpg

歌舞伎町1.jpg

ここは日本一の歓楽街と言うだけあり、娯楽の宝庫である。
風俗もご多分に漏れず普通の街にはない昼のキャバクラ、通称昼キャバがあるのだ!

さて、キャバクラに行くことに関しては、

「キャバ嬢のカモになるために行っている情けない奴」
「金の力に頼り精神力が弱くなるヘタレな奴」

etc・・・批判のある方もおられるであろう。

それに関係してあるナンパの大家の意見を載せておこう。

以下本文
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

耳が痛い人がいたら、ちょっと申し訳ないのですが、

「モテたいならキャバ クラに行くな!ナンパを極めろ!」

というお話です。
昔、友人からドライブに誘われ、向こうから誘ってきたくせに、ドタキャンされまくって、あきれはてたことがあります。
その友人は、狙っている女性がいて、その女性と、まずはグループで、ドライブデートに行きたくて、私を誘っていたのです。
友人は車がないので、私に車を出してもらいたい、という事情もありました。
しかし、相手の女性は、いつも前日に風邪を引いたり、急用が出来たりしてドタキャンします。
私は、友人に何度も、「次もドタキャンだよ。」と、助言したのですが、友人は、「そんなことはない。」と聞いてくれませんでした(苦笑)
しまいには、私の方も、断るようになったのですが、仕事ができるマジメな友人だけに、気の毒だったのを覚えています。
私が何の話をしているか?もう、お察しですよね?
そうです。この友人は、キャバ嬢にハマっていたのです。
もし、あなたが、お金を払っての擬似恋愛さえ出来れば良いのでしたら、キャバクラは最高のシステムです。
しかし、私の友人のように、本気でハマってしまい、お店でデートの約束をしても、前日ドタキャンされたり、大金を注ぎ込んだのに、何も得られなかったりして、悔しい思いをしたことがあるのなら・・

キャバクラに、一流の女はいない。
いるのは、どす黒い欲にまみれた、メスだけだ。
もちろん、スタイルや顔が良い女は、いる。
彼女たちのセールスポイントは外見だ、ということを、彼女自身良く理解している。
だから、エステ、ネイル、美容院と外見を磨くことに余念がない。
外見さえよければ、男はちやほやしてくれるのを知っている。
で、外見ばかり意識がいき、内面を磨くこと、つまり、見識を広める事を、おろそかにしている。
例えば、本を読んだり、なにか将来に役立つ勉強をしたり、感性を高めるため、美術館に行ったりすることをしない。
外見しか磨いてこなかったため、外見の衰えと供に、急激に商品価値が落ちる。
特に30を過ぎると、大変だ。
外見でも勝負をできないので、キャバクラでも働けなくなる。
中身もないので、社会でも必要とされない。
そんな女達を口説きに行って、モテようとするのが間違いだ。
キャバ嬢が、とびきりの笑顔で話すのは、男性に向けてではなく、男の財布に向けての笑顔だ。
ナンパで知り合った、元キャバ嬢も数多くいるが、ほとんどの元キャバが言っている。働いている時は、お客を金づるとしか見ていなかったと。
そんな中身のない女たちにモテたからと言って、なんの意味があるのだろう。
それこそ、時間と金の無駄。
キャバ クラに落とす金があるなら、自分に投資したほうが、モテる。
女に投資をしても、なにも残らないが、自分に投資をしたもの、知識、肉体、精神などを鍛えたものは、一生残る。
たくさん自分に投資をして、あなたが魅力的になってくると、今度は、女がお金を出してでも、あなたと会いたいと思ってくる。
この文章を読んでいる、あなたも、一流の女をゲットしたいはずだ。
一流の女をゲットしたければ、一流の男にならなければならない。
一流の女は、中身がある男なのか一瞬で見抜く。
小手先のテクニックは通用しない。
ナ ン パで外見を磨くことは良いが、内面もしっかり磨いて、一流の女があなたなしでは、生きられないと言わすくらいの男になって欲しい。
いずれ、ナ ン パをやり続けていると、内面も磨かなければならないと思うようになる。
なぜなら、中身が伴わないと、その日限りの関係で、終わってしまうからだ。
そうは言っても、やっぱりキャバ嬢が大好きなんです!という声も聞こえてくるので、どうしたらいいかを話そう。
結論、
キャバ嬢とSEXしたいというなら、ナ ン パを上達させる。
ちなみに、キャバ嬢は、六本木、渋谷、新宿などに溢れている。
露出度が高い服を着ている子は、キャバ嬢の確率が高い。
ナ ン パは、掛け値なしの闘いだ。
ナ ン パされても、キャバ嬢にとってメリットはない。
あなたの持っている武器は、「魅力」だけ。
その魅力がなければ、キャバ嬢は、見向きもしないだろう。
その魅力を高めていくには、ナ ン パが最適だ。
なぜなら、数多く失敗すると、悔しさでなんとかモテようと、魅力を高める努力をするようになるからだ。
だから、あなたが確実にモテたいのなら、ナ ン パをすること。
ナ ン パができるようになると、キャバ クラ、風 俗 通いがバカらしく感じる。
また、対人関係能力を高める最高の方法がナ ン パだ。
女性にモテるようになってくると、男性にも好かれるようになる。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
以上

この大家の言う内容についてオジサンも至極その通りであると思う!

恥ずかしながら15年ほど前、後輩と一緒にあるキャバクラに行きそこでついたキャバ嬢の色仕掛けメール攻撃にオジサンはまんまとはまり、同伴デートで高価なマフラーを贈ったり、同伴したその日は延長延長の連続であっという間に4万円近くを使ってしまったことがあった
その後、キャバ嬢はお店を辞めて音信不通となり、ようやく目が覚めたオジサン。
しかし、この程度の出費で済んでまだ良かったのかもしれない。

それ以来、キャバクラが一時期嫌いになったオジサンだったがそれまでの自分を変えようと一念発起してナンパ塾に入塾し、様々な分野の恋愛マスターから様々な恋愛のスキルを伝授され、そこから派生した占い(オナゴはまず食いつく)や心理学も勉強し、恋愛商材も何百と読んだオジサンはキャバ嬢に本気で入れ込むのはまずいが、キャバクラを

・オナゴの心を掴むための修練の場
・己の技量・恋愛レベルを測るための試験の場

として利用すればいいのではないかと考えるようになった。

通常キャバクラでは華やかなドレスを身にまとい若くて色気ムンムンの愛想良く会話をしてくれるキャバ嬢に対して鼻の下をのばし、自分の自慢話や武勇伝を誇らしげに話して、気分良く帰っていくのが大半のオヤジ達のやらかすことであろう。

しかし、オジサンは正反対で、キャバクラはいかにキャバ嬢自身に自分のことを話させることができるか、そして気持ちよくなってもらうか、そしてどれだけキャバ嬢の心を開かせ、自分に惹き付けることができるか、ホスト同様、奉仕の精神を徹底的に身につけ、相手を前のめりにさせるという、己の心と技術の鍛錬のために
行く修行の場と位置づける!!

キャバクラ持論について熱く語ってしまったが、ナンパをして仮に連れ出しに成功した場合でも、そこから
会話をしてゲットに至るまでのテクニックがないとただの茶のみ友達で終わるという危険性がある。

そうなのだ!会話をして相手を前のめりにさせるための、練習の場としてキャバクラは使えるのではないか!
とオジサンは考えるのである。

前置きが長くなったが、ナンパしてゲットするまでの一連の流れの中で「連れ出し後〜深い関係になる」会話・テクニック上達のためにも歌舞伎町に乗り込んだオジサンであった

つづく・・
posted by しんさく at 11:41 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

キャバクラ修行

実は今週はかみさんが里帰りしている(逃げられたわけではない)。

いつも40代、50代のオバサン相手に仕事をしており、若いギャルとの接点がないオジサンは毎日違う行動をということで刺激を求め、昨日はキャバクラへ行ってきたぞ〜

オジサンも独身なら、しょっちゅうキャバクラに行ってストレス解消するのだが、かみさんがいるうちはキャバ嬢の香水が気になってなかなかキャバクラに行けないのだ。。

横浜駅で途中下車してキャバクラが多く入っているプリンス会館というビルへ向かう。。
入り口では客引きの兄ちゃんがたむろっており、事前にHPで調べたキャバ店の名前を告げると40分6,000円で案内された。
(正直高い!)

アルコールに弱いオジサンが緑茶を飲みながら待っていると、この日はコスプレDAYということでポリス姿のミニスカギャルがやってきた。
ごく普通レベルのちょいポチャギャルであったがノリが良さそうで愛嬌があるのが救いか・・

オジサンはナンパ、キャバクラに備えて恋愛商材で培った会話パターンを準備しているのだが、最初につかみのギャグを放つと喜んで反応してくれた。。
次に間をつなぐために、現在、勉強中の手相を見てあげた。
正直暗くて見づらかったが、

・マインドがオープンに見えるが結構傷つくタイプ
・小さい頃、両親との関係に問題があったかも

とフィードバックしてあげたらドンピシャで当たったらしく喜ばれる。

父親が日本人で母親が韓国人のハーフで小さい頃、離婚して父親に引き取られたらしい。
SかMテストでもSと診断すると、実は男の人を責めて、男の潮吹き(男にもあるらしい)
をさせたい願望があるとのこと・・
かなり、距離は縮まったように思うが、嬢の交代の時間がきてしまった。
それほどオジサンのタイプでは無かったため指名はしなかったが、繰り返し口説けば落とせるタイプなのかもしれない・・・

その後、2人のキャバ嬢と話したが、オジサンは体調不良からの疲れもあり、その2人とはあまり深い会話までいかなかった・・・

用意していた会話パターンで、忘れて使わなかったのと次回はこうした方が良いのでは?と思う点を挙げておこう。

・「俺みたいな男、嫌いだよね?」などと一旦引いてみるパターンを忘れていた。

・「今度、2分だけお茶しない?」などと相手を口説く恋愛スパイス会話をしなかった。
 → これは、チャラい雰囲気を演出するのに最初にガンガン繰り出すべきであった。

・ノリの良い子なのでエロなぞなぞをしてセクシャルな雰囲気を作っても良かった。
 (要望があればエロなぞなぞを載せますのでコメントください)

・手相を見た後、「いろいろ溜め込んでいるよね?肩こってるんじゃない?」とスキンシップにつなげる会話 をしなかった。(オジサンはマッサージも少しできるのだ)

結果を元に会話を修正し、また挑戦しては結果を元に修正しを繰り返しているうちにより洗練された黄金の会話パターンができていくのだろうか??

取りあえず、若いオナゴと会話をしたせいか、今日はいつもより気分が高揚している気がする。

この調子で行動を繰り返していくのだ!!
SEP88_nikori15195840-thumb-1000xauto-17198.jpg
posted by しんさく at 10:25 | 神奈川 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャバクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする