2017年10月17日

アラフォーオナゴとの再々面接・・・そして学んだオジサン

これまで2回面接した旦那がDVで離婚したがっているアラフォーオナゴと再び会うことが決まりオジサンは会ってきたぞー

前回も書いたように、今回こそは最低限キスをしてそしてホテルへGO!!と目論むオジサン

ホテルへスムーズへ移行できるよう新宿歌舞伎町近くのカップルシートを予約するオジサン

待ち合わせに現れたアラフォーオナゴは髪をアップにしていやらしいうなじを見せ、パンツが見えそうなぐらいの太ももを見せたミニスカートだった

このオナゴ、今日はやる気満々なのではないかー!と期待が膨らむオジサン

この日は疲れていたオジサンであったが、一発やるために秋のTVドラマの話や学生時代の話で何とか盛り上げるのに必死であった

しかしながら、1時間が過ぎても、なかなか男女の艶っぽい会話にできず焦るオジサン。。

オナゴもオジサンの下心を感じて警戒しているのか?

しかし、子供ではあるまいし、いい年した男と女が3回も会っているのだから、そういう関係になってもおかしくないことは重々承知のことであろう。

そこで、先日行ったマッサージで「老廃物を出す揉み方」の話題を出し、マッサージにつなげるオジサン。

オナゴの腕や肩をマッサージすることに成功するも、このオナゴは揉まれてうっとりするどころか

「針に行ってるけど冷えがひどいと言われて・・」

「頭も痛くて老眼がひどくて・・」

「あーもう年でダメね。ボケボケで・・」

と本当にぺらぺらとよく喋り、ムーディーな雰囲気にならないよう目も絶対に合わせないようにして「キスしないわよ」と暗に主張していることを感じさせられたオジサン。

アラフォーオナゴになぜここまで頑張っているのか?と途中で馬鹿らしくなって急にやる気を失ったオジサンであった。

思えば、前回の面接の中でも、ひたすらオナゴの家庭問題、旦那の暴力、子供の将来の不安についての話が続き、オジサン自身の私生活とかについてはほとんど聞いてくることが無く、「君のことが好きだよ」とまで言っても、また家庭問題の話に戻ったりの繰り返しで見込みがないことを早くに察するべきであったのかもしれない。。

今回も今日は無いなと自覚して2時間程度でジエンドとすることとした

3回の面接で1万5千円を使ってしまったがこのオナゴの目的はなんであったのであろう?

・家庭不和で溜っているストレスを発散するために話を聞いてくれるオジサンに話したかった

・オジサンを誘惑して、まだまだオナゴとして十分通用できることを確かめたかった

 (その代わりオジサンにとっては蛇の生殺し状態だったが・・・)

しかし、まあ

・無料アプリを使って3回の面接にこぎつけることはできた

・やれる(勃つ)かどうかを常に自問自答するような年増女を相手にするのはもうよそう

・オナゴの悩みを聞き続けるのにも若いオナゴであればまだ我慢できるが年増女の悩み相談など聞いてても飽きているのが相手にも伝わって失敗する確率が高い

・オジサンの偏見かもしれないが、前回失敗したハイスペックオナゴといい、この年代のオナゴは男慣れしていて、男をその気にさせておいて何もしないという恐ろしい態度をとる傾向がある

という学びにはなったかと思う。

実は、オジサンが髪を切りに通っている床屋の店長は、遊び人風の面白いオヤジでよく出会い系で病んでいたり、旦那からDVを受けていたオナゴと面接してきたらしいが、この店長曰く

「DVを受ける女は女にも問題があるケースが多い。」

という持論を持たれている

負け惜しみになるが、このアラフォーオナゴと結婚したらかなり苛立たされることが多いだろうなというのは今回、身を持って感じさせられた。

オジサンは弱気になってやれそうなアラフォーオナゴに力を注いでしまったが、あれから連絡をしていない本丸の20代オナゴとも連絡を取り今更ながらちょっかいを出していかねば

失うものは何もない!失敗覚悟で挑戦して行こう!と再び思うオジサンであった

0I9A6513ISUMI_TP_V.jpg
posted by しんさく at 16:48 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする